ビスタ~リ通信

山のこと日常のことを、思いつくままに。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

摩耶山へ

2010-01-21 | 山のはなし

1月17日(日)は六甲山系の摩耶山に行ってきました。

1月17日が休日だったので、久しぶりに追悼のつどいに出かけました。
となれば、六甲山に登らないわけにはいきません。
そんなわけで六甲山系の摩耶山へ。
摩耶山は神戸に住んでいた頃、一番よく登った山です。
よく家から歩いて登ったもんです。


いい天気です。15年前もいい天気でした


もう15年。時の速さにただ驚くばかりです
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 明神平であけまして | トップ | 極寒の大峰・ところがどっこ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (監督)
2010-01-22 17:24:31
今は昔、自分は麻耶山のふもとにある高校に通ってまして、毎日、海を見下ろしながら下校するのが楽しみでした。学校の山の家が中腹にあって、部活でそこまで走って登らされたりしたこともあって、なんとも懐かしいです。
Unknown (ぜいぜい)
2010-01-22 23:07:15
時の経つのは早いものですね。御霊よ安らかなれと。
15年たちましたね (うさぎ)
2010-01-23 11:03:34
あの日 私は阪急伊丹駅近くのマンションに住んでいました。
駅の姿に絶句し、ベランダから神戸方面に何本も煙が上がってる様子に恐怖が湧き上がりました。
なんで、どうしてこんな事に、、、
情報も流れてこず ほんとに恐かったです。
ホテルオークラに 『ファイト』の文字が浮かび上がったとき 声を上げて泣きました。
泣いた後 ガンバんなきゃって思いました。

あれから15年 また元の生活にもどったけど
あなたたちの分まで強く生きてます!という事
忘れてはなりませんね。

びすこさん 心に染みいる写真をありがとうございます。○(^-^)oガンバッテマス♪
15年 (やまとそば)
2010-01-23 14:31:00
もうそんなになるのですね~。
尼崎付近に叔父さん、叔母さんがいて少なからず家屋の影響があったので良く覚えています。
最も麻耶山のその倍以上、30年以上も前に登ったきりかな?

遅まきながら、お亡くなりになった方や遺族の方々に心から哀悼の意を捧げます。
Unknown (まきくま)
2010-01-23 23:53:44
竹の灯籠 すごい数だ。
わたしは、大雪の上越から帰った朝、屋根に雪をのせたスキーバスがくずれた高速道路に引っかかっているのをみて、呆然としたのを覚えています。
どうか 安らかに。
Unknown (びすこ)
2010-01-26 18:51:21

>監督
おお~摩耶山のふもとの高校って、あそこですね~。
山の家が中腹に?どこやろ青谷かなあ。
六甲はあちこち歩いたのですが
夏山のトレーニングとして真夏の摩耶山に何回か登ったのが
一番印象に残っています。

>ぜいぜいさん
ほんとほんと15年ってあっという間ですよね。
今の中学生以下の子供たちは
震災を知らないなんて…はあ、年を取るワケだ。

>うさぎさん
コメントをありがとうございます!
そうそう、鉄道とか高速道路とか全部倒壊してて
あれは想像の範囲をはるかに超えていましたよね。
情報はラジオしかなかったので
私はその後、携帯ラジオを買いました。
それが今、山を縦走する時の必需品になっていますよ。

>やまとそばさん
30年前の六甲山かあ~、やまとそばさんの山歴って凄すぎ!
その頃の神戸ってまだ港町情緒漂っていたのでしょうか。
この前、久しぶりに山頂から見た神戸の街は
高層ビルが増えたなという印象です。

>まきたたらん
おお~なんか忙しいのに、メール何回も送ってごめんよ~
震度がすごかったとはいえ、ほんの15秒の揺れで
都市を崩壊させるなんて、私は15年経った今でも未だに信じられないんですよ。
私たちが考えているより自然は恐ろしいもんなんですね。って今更だけど。
はじめまして (きらら)
2010-01-31 17:11:53
はじめまして「ビスコ?」様
冬の鹿島槍ヶ岳を検索していたら「本家サイト」にヒットしHPを楽しく拝見させていただきました。
「女らくがき道」はオモロゥ~!
今年は是非復活!させてください。
楽しみにしております。
では失礼いたします。
Unknown (びすこ)
2010-02-02 21:01:51
>きららさん
どうもはじめまして!コメントをありがとうございます。
冬の鹿島槍ですか~。きららさんはやまやさんなのですね。
らくがきですが、なかなかネタがなくてごぶさたなのですが
今年はまた復活させたいです。気長~にお待ちくださいませ。

コメントを投稿

山のはなし」カテゴリの最新記事