橈骨遠位端骨折変形治癒|闘病記

写真なども盛り込んだ、闘病記と日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

㊻術後5ヶ月半 橈骨遠位端骨折変形治癒

2017-02-14 22:55:49 | 闘病記
腸骨(腰骨)の移植した部分の痛みは、ほとんど無くなりましたが、長い時間、横になって腸骨を下にしてテレビを見るとやはり痛みます。
手首のリハビリは自分でお風呂に浸かりながら毎日しているせいか、可動域も生活に支障の無いぐらいになりました。
しかし、スポーツには支障があります。
特にゴルフはコックがしにくいし、甲側に倒しにくいので、トップの位置で、笠りつ子の様になります。それに筋トレも、腕立て伏せができない、左右の可動域が違うので、バーベルを使った筋トレもしにくいです。

まだまだ、リハビリをして少しずつでも、可動域を広げないといけないです。
術後、手首の痛みのせいで動かさなかった肩も可動域が狭くなってしまいましたので、肩もリハビリしていましたが、1人で肩のリハビリは難しく、なかなか、元の様にはなりません。
もっと早くから肩だけでも、動かせば良かったと思います。後悔 >_<
プレートを取り出す手術は術後1年ぐらい経ってからだそうです。
長い道のりですが、確実に良くはなっているので、頑張ります♥︎︎∗︎*゚
同じような怪我をされた方、頑張って下さい‼︎
コメント