NPO法人BIO de BIO (ビオ・デ・ビオ)  ~生物多様性のある循環の暮らしをめざして~

特定非営利活動法人BIO de BIO (ビオ・デ・ビオ)の活動レポートや情報をタイムリーに発信するためのブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カーボンによる健康被害 米国の研究プロジェクトが報告

2011年10月26日 | ★ビオの学校 (エコール・ド・ビオ)
ナノテクノロジー業界において、その技術革新を支える代表的な材料の1つとされている
カーボンナノチューブに警鐘が鳴らされた。

 米国のナノテク研究プロジェクトであるProject on Emerging Nanotechnologiesによると、
特定の形状をしたカーボンナノチューブを人が一定量吸い込むと、
アスベストと同様の健康被害がもたらされる
可能性があるとの研究結果が科学雑誌
『Nature Nanotechnology』に掲載されたという。

 この研究は、カーボンナノチューブが中皮種(肺がんの一種で曝露から30~40年後に発症
を引き起こす可能性があるかどうかを調べたものである。その結果、
細長くて薄い形状をしたマルチウォールナノチューブがアスベスト繊維と同様な
健康被害をもたらす可能性があることが明らかになったという。

 英エジンバラ大学のKenneth Donaldson教授が率いる研究チームは、
長短のカーボンナノチューブ、長短のアスベスト繊維などについて、
それらが中皮種の前兆を示す病理学的反応を引き起こすかどうかを調べた。
それぞれの材料をマウスの腹腔に注入したところ、長い形状の繊維に対して
高い感受性の予兆が肺の内部で現れたという。Donaldson氏は、
「細長い形状をしたカーボンナノチューブは、細長い形状のアスベスト繊維と
同じような結果を示した」と説明している。

 人体にとって、アスベスト繊維が有害である理由は、アスベスト繊維が
非常に細いために肺の奥深くにまで入り込むことや、粉じんなどを除去する
肺の浄化機能にも悪影響を与えることなどが挙げられる。


 カーボンナノチューブは約20年前に発見され、その秘められた材料特性から
21世紀における驚異の材料とも言われてきた。プラスチックのように軽く、
鋼鉄より強度が高いため、新薬や高効率電池、次世代の電子機器などへ
応用するための研究開発が行われてきた。
その一方で、カーボンナノチューブの発見当初から、ナノレベルの材料は
人体に対して悪影響を及ぼす可能性があるとの指摘があった。

 Chemical&Engineering Newsは、「複数の市場調査会社の市場予測から、
今後4~7年でカーボンナノチューブの売上高は約20億米ドルに達するとされている」
と報じている。今回の調査結果は、今後のカーボンナノチューブ市場を揺るがす可能性があると言える。

ニュースより
http://ednjapan.cancom-j.com/news/2008/5/2438

今時の自転車産業界はカーボンフレーム、カーボンパーツで
大儲けしているようですが、こんな危険な素材を、
エコロジーの象徴でもあるはずの自転車に使ってよいのでしょうか!?
コメント   この記事についてブログを書く
« 東日本大震災7ヵ月、現場か... | トップ | 20世紀型の国づくり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

★ビオの学校 (エコール・ド・ビオ)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事