フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

シダは大きなヒゲ根との茎の付け根で切れてしまいます

2016年07月25日 13時30分36秒 | 身辺雑記

家の周囲の草取りをした。砂利を蒔いたがその下にビニールをひかなかったので雑草は伸び放題だ。ドクダミ、イヌタデ、シダが多くの面積を占めている。
簡単に抜けるのは根が短く真っ直ぐなイヌタデで、もっと簡単のは引けば蔓が簡単に取れるトキワツユクサだ。
難物なのは抜くと、茎とひげ根の付け根が折れてしまい、地下の大きなひげ根はそのまま残ってしまうシダだ。大きなひげ根は何でこんなに大きなのが必要なのか首をかしげるほどだ。ひげ根の下は必ず明るい黄土色になっていたのは単なる偶然だろうか。

葉の裏面には胞子が付いています。バックは大きなひげ根



コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« カラスウリが花開きました | トップ | ストラップホールが無くなり... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

身辺雑記」カテゴリの最新記事