フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

ジャコウアゲハは産卵を終えてホッとしたに違いありません

2022年08月10日 17時27分14秒 | 田島ケ原サクラソウ自生地

ようやく10本の指を使ってキーボードに向かえるようになりました。まだ100%とはいきませんがとにかく、取り敢えずは日常生活は不自由なく過ごせるようになりました。有難うございます。

8月7日は立秋でしたがとてもとても秋などとは言えない毎日です。さいたま市の猛暑日が17日と報道されていました。基準を確認できなかった数字ですが、とにかくお盆にかけての最高気温予測は35℃を上回る日が多い事は確かです。コロナと熱中症、このところの救急車の出動は熱中症の方が多いようですが、とにかく両面作戦で十分に気をつけましょう。

立秋の自生地で目についたのはコカモメヅルの3ミリほどの小さな花でした。朝に開くこの花が中央観察路で大歓迎してくれました。

鴨川側ではキクイモが花をつけ始めていました。

ジャコウアゲハは初めから姿を見せながらどこにも止まってくれずナカナカシャッターチャンスをつかめませんでした。姿は散々見ながら一度もカメラに収められないのが悔しくて自転車に戻ってから再度中央の開けた所に戻りました。
待つ間もなく姿を見せて、今度は止まってくれました。気持ちが通じたのでしょうか

急いでシャッターを押していると、間もなく飛び上がり場所を移しました。

ジャコウアゲハならある筈の尾状突起がありません。よく見ると後ろの方はボロボロです。キット産卵場所を求めてあちこち飛び回り取れてしまったのでしょう。役目を終えてようやくホッとして止まる気になったに違いありません。ご苦労様。有難うございました。


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 田島ヶ原サクラソウ自生地の... | トップ | 言葉の違い »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

田島ケ原サクラソウ自生地」カテゴリの最新記事