フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

オギにも高温障害があるのでしょうか

2021年07月24日 15時17分34秒 | 田島ケ原サクラソウ自生地

2020オリンピックが始まった。オリンピック競技を見ていれば反対も収まる。国民はアスリート達の熱き戦いに魅了される。ただそれだけで大義なきオリンピックが開催されたが、思い通りに行けばいいが、菅さんにそれだけの強い星があるか不安だ。27日頃には台風の襲来もありそうだ。とにかく無事終了するのを願うしかない。

16日の梅雨明け以来連日猛暑が続いている。
22日の大暑のサクラソウ自生地ではサクラソウの根を暑さから守っているオギがおかしい。葉が枯れ始めているのだ。稲には高温障害が知られているが同じイネ科のオギにもあるのだろうか。

水分不足で葉が黄色く変色している。過去には経験した事の無い現象だ。稲の高温障害は日中35℃以上、夜は30℃以上で発症する様だが自生地のオギはかなり過酷な状況だ。

ユウガギクはたまにこんな花弁の花が見られるがこれも水不足のなせる業だろう。
台風に直撃されてはたまらないが、近々雨は絶対に欲しい。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 菅首相よ日本国の宰相たれ | トップ | チョウトンボの乱舞に出会い... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

田島ケ原サクラソウ自生地」カテゴリの最新記事