フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

好天に誘われて蔓性植物の花や実を見つけました

2008年10月03日 10時15分07秒 | 花の和名
朝から久し振りの青空が広がり、前回は風が強くて撮れなかったフウセンカズラを目指して西区に向かった。今回も風はかなりあり、5㎜くらいの小さな花は風に揺られてナカナカ撮らせてくれなかった。


栽培されていたものが逃げ出して半野生化しています

フェンスに絡まったフウセンカズラを探しながら移動していたら、カナムグラの雌花が赤く色づいているの見つけた。最初は緑色だが果実をつける頃には赤くなるらしく、見回すとほとんどが赤くなっていた。


ビールのホップになる西洋カラハナソウと似ています

そしてガガイモの果実もあった。よく見るとたくさんある。去年は野川公園で初めて見て野生をあちこち探したがナカナカ無かったのがウソのようだった。でもこれらも種子を飛ばす位まで見られるかは微妙だ。


何だか打ち上げられた魚に似ていてカメラを向けました

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« シモバシラの花が東御苑の雑... | トップ | 水田雑草のキカシグサの花の... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

花の和名」カテゴリの最新記事