フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

ハンゲショウの今日2日の正午頃に1年の半分が過ぎたようです

2021年07月02日 18時28分33秒 | 身辺雑記

今日7月2日は夏至から11日目の半夏生。夏至の最終候の第三十候の「半夏生ず」で、今日から小暑の前日までの5日間でもある。雑節というと節分とか土用とかがポピュラーで半夏生は何となくドクダミ科のハンゲショウをイメージしてしまう。

でも半夏というのはカラスビシャクの事でこの頃カラスビシャクが見られるのが雑節の由来という。

いま自宅のベランダには頂戴したカラスビシャクがほぼ年間を通して見られる気がする。畑の強雑草と言われたようだが今は農薬に終われて畑では殆ど見られない。でもこうしてプランターなどに植えるとその生命力の強さは感心するばかりだ。

今日は写真を撮るのにスマホで撮ればパソコンのフォトでも見られるはずと色々やってみたがいつも通り途中で挫折してしまった。でも記事を書く前にスマホのフォトを見ると写っていたので利用できた。いつもパソコンを起動するとフォトが開くのでキャンセルしてしまうが、今回は残しておいたので表示されたのだろうか。とにかく勝手にアルバムを作ったりしすぎる。親切の押し売りはノーサンキュウだ。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« さいたま市市民活動サポート... | トップ | 開催なら日本人だけの有観客... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

身辺雑記」カテゴリの最新記事