フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

きれいな花ですが、外来種は繁殖力旺盛で繁茂します

2011年10月30日 17時21分19秒 | 花の和名
新しく盛土した堤防に今年もホソバウンランが群生している。

ホソバウンラン(細葉海蘭)はゴマノハグサ科の多年草。大正初年に観賞用として輸入されたものが北海道から九州まで野生化しているという。ユーラシア大陸原産で繁殖力が旺盛なので簡単に増え雑草化する。

利尻の海岸で出会ったウンランは葉が肉質で楕円形で先が尖り縁は全縁。花冠は長さ約1.5cmでホソバウンランよりやや大きい。仮面状花冠は下唇の基部がオレンジ色に大きくふくれて喉の部分を塞いでいた。

田島ヶ原サクラソウ自生地の指定名称のケは大文字と言うが・・・をUPしました。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« アカスジカメムシも秋の装いです | トップ | 晩秋の野付半島に咲き残って... »
最新の画像もっと見る

花の和名」カテゴリの最新記事