フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

胸腹部CT検査というと広範囲の検査に思えますが

2019年06月18日 18時59分54秒 | 身辺雑記

今日もまた病院だ。予約は半年前で6か月に一度の経過観察の胸腹部CT検査だ。この検査は本当に時間通りで余計にまたされる事は無い。ただ、今日はCTのみで結果は2週間後の診察の時だ。
胸腹部というからかなり広い範囲で輪切りの検査が行われる。きっかけは前立腺の検査で撮ったCTで血管の異常が見つかった。経過観察を始めてから2年になるが、前回までは変化が無かった。
素人考えだが胸と腹の広い範囲の検査なら血管だけでなく総合的に見てくれればいいと思うがそうはいかないのだろうか。医師も自分が依頼した検査はキチット結果を見るが、そうでないとなんとなく頼りない。総合内科の科を設けた病院もあったが、折角の検査は総合的にチェックする機能があると患者側としては有難いが・・・・。

ハナミズキの花が終わり、今同じような花を咲かせているのは同じミズキ科のヤマボウシだ

遠目には蕾をたくさんつけているように見えたが、これから膨らんでくる実の予備軍だった

アジサイの花の部分より咲き始めの小さな花の子供が面白かった


小学校のオニグルミが今年もたくさんの実を付けています

コメント   この記事についてブログを書く
« 片眼で見ると半透明の世界で... | トップ | ついには愛おしいような気持... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

身辺雑記」カテゴリの最新記事