フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

ミナミアオカメムシの幼虫に初めて出会いました

2019年10月10日 16時03分30秒 | 田島ケ原サクラソウ自生地

サクラソウ自生地で白黒の斑模様の小さな虫の塊を見つけた。アブラムシにしては大きいがこうして群生しているのは葉虫だろうかと無い知識を絞って考えたが、当然応えなど出てきようが無い。
結局日本の昆虫1400の写真を見るよりほか手が無い。一通り見ても該当がない。

幼虫かなと思いネット検索してみた。あったミナミアオカメムシだった。本を見直してみると成虫の写真の下に幼虫の写真があった。チョット細かく見ればすぐわかるのにいつもドジだ。

 

どうやら4齢幼虫らしい。稲の害虫で1950年代には稲の斑点米の原因になり大きな被害を与えたようだ。稲とマメ科の植物に集まるというがよく見るとヤブツルアズキの莢に群生していた。30日くらいで成虫になるというので今後よく探してみよう。

日本の昆虫1400②300pより

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 慣れ親しんだデスクトップパ... | トップ | サクラソウ自生地は文字通り... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

田島ケ原サクラソウ自生地」カテゴリの最新記事