フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

小石川植物園で花弁が2枚だけのハグロソウが咲き始めています

2008年07月05日 19時23分54秒 | 花の和名
小石川植物園にキツネノマゴ科の花弁が2枚だけの奇妙なハグロソウが咲いていた。
葉が黒っぽく見えるから葉黒草と言われるが、生えている環境も何となく暗い感じの池の周りだ。

唇形の2枚の花弁の上唇は長さ5㎜幅4㎜くらいで下唇はそれより少し大きいが、小さな花だ。でも基部にある赤紫の斑が鮮やかでよく見ると可愛い作りだ。

肉眼ではナカナカ確認しづらいが、下唇には2本の雄しべと1本の雌しべが乗っている。
果実は熟すと種子を弾き飛ばすというのも面白い。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 今年もトモエソウが花を咲き... | トップ | チダケサシ(乳茸刺)が白い... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

花の和名」カテゴリの最新記事