フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

今年は3月27日(水)に守る会の現地活動開始でした

2019年03月28日 18時25分35秒 | 田島ケ原サクラソウ自生地

今はやりの言葉で言うと「平成最後の」サクラソウ自生地を守る会の現地活動が3月27日に開始されました。午後に向けて風が強くなったものの南風だったので気温は20℃近くまで上がったようだ。
サクラソウはまだポツンポツンの状況でお客様に「ノウルシ自生地」と名前を変えた方がよさそうだね。と冗談交じりに言われたのは本当の事だけに何とも耳が痛かった。

今の時期には植物に詳しい人やグループが多い

それでも気温が上がるにつれてアマナが花を開き始め、シロバナタンポポはB区の公園に近い駐車場側にたくさん花開いていた。

ヒロハアマナの花はもう全く見られなくなりました

タンポポは午後になると花を閉じ始めるのは何故なのでしょう

観察路からは少し離れたところでヒキノカサガ咲き始めていました

E区の何時もサクラソウが群生する辺りに少し多く花が見られました

ヒロハハナヤスリは他の植物が伸び出さない内に胞子を飛ばします

今年で3年目のセブンイレブンとのタイアアップの道案内標識

コメント   この記事についてブログを書く
« 初咲きサクラソウ哀れ | トップ | 越路の雪は28日に2輪開花しま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田島ケ原サクラソウ自生地」カテゴリの最新記事