オートバイひとり旅17年。笑われて・笑わせて・道に迷い・親切に泣いた・130ヵ国・39万キロ・地球9周・走った。

2000年10月~2017年10月56才~74才まで17年間。佐賀嬉野弁で越えた国境213カ所・赤道直下4ヶ所走破

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オートバイひとり旅・東南アジア・ラオス・ヴェンヴェインでレンタルバイクで走ってみた

2017年06月25日 | オートバイひとり旅122か国・38万キロ




ヴェエンチャン・ホテルを出発





6月23日 金曜 はれ
今日は移動する日。

ヴェンチャンから北へ150キロ「ヴェン ヴェエン」

わたしにはワンワンちゃんと聴こえた……一回や二回、数回でも覚え切ることの

むずかしい名前の村

おととい、トクトクタクシー(三輪車)に乗った時、運転手さんの

故郷はどこか、と聞いた時、「ワンワンちゃん…」と聞こえた。



ホテルに戻った時、スタッフによく聞いてみたら、バスで行けるところだった。

「ヴェン ヴェエン」と言うところ。それが今日なのだ。

ホテルに迎えに来た車に乗ってバス出発地まで。ミニバスに乗り換える。

全員で十五人ぐらい向かうことになった。



わたし、中国人、タイの家族、東南アジア、あとはヨーロッパの人たちばかり。

10:40ミニバス出発…大きな山に向かって走り、一番低い所をめざして走っているようだ。

小さいカーブがひっきりなしに続いて……ヴェンヴェエンに着いたのは13:40分

外人の観光客も結構来ている。三軒目の安いホテルを決めた。

100キト…1300円ぐらい。とりあえず二泊予約。



外国人特にヨーロッパの人たちが特に多い…町を歩いてみると

クライミング、ルフトファインテング、ゴーカードなどのツアー

ガイドが目立つ…山遊び、川遊びを楽しむ場所らしい。

レンタルバイク屋も多い。静かでいいところのようである、あしたレンタルバイク

を借りて走ってみよう。

ところで、ここまでくる間に「ヒュンダイ」「KIA」のマークをつけて

走っているのを見かけた。南米の国でも結構見かけた事がある。

それ以来だ、韓国車の売り込みが盛んなようだ……そう言えばラオス、タイ、韓国の

国旗を並べている場所も見かけた。日本車も多く走っているが特に目についた。




レンタルバイクで走ってみた


































6月24日 土曜 はれ

ヴェンヴェエンの朝町の散歩、まだ6時と言うのにビル建設の作業員の人たちは車座になって朝食をとっていた。

となりには奥さんたちだろうか、こっちも車座になって食べている。



町中には朝市が路上で始まっていた。



くだものよりは…野菜、それも見たことのない、薬草だろうか…いっぱい並べてる。

フナ、ナマズ、川魚も…でっかいコイも並んでいる。ほとんどは写真撮らせてもらった。

買いもしないくせに…の態度で、うさんくさい態度をとる、写真ノーと断わるおばさんもいた。



自分もそうだろうなと思う…自分が自慢したいがための写真だもの。ちょこっと来てもの

珍しいものを撮っているだけだもんね…すみませんでした。













img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/47/16/ffe6cdbb6e5ed42dea6c2387cc439031.jpg" border="0">




img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/14/7c/e87e20cde7632fc1f524caa4895ecf55.jpg" border="0">





























レンタルスクーターを半日借りた、500000…750円ぐらいだろうか。

ラオスの通貨まだ計算できないでいる。

まず、南に走ってみる。でこぼこの山なみに沿って走る。

山奥の道だから道幅はそんな広くはない…

聞いていた穴ボコは小さいのがときーたま出てくる程度で、思ったより走りやすい。

畑がある…日本とそっくりの田んぼを、耕運機のスキを使って掘り起こしている。

子供達四人がジンパチ(竹の皮で編んだ傘)をかぶってどこへ行くのか、

歩いている。一人は赤ちゃんをおぶっている。

写真を撮らせてもらった、アイスクリームでも買って…の気持ちで、四人で分けて

使ってと渡した。

地元のおじさんもも出てきた。おじさんは分けやすいように、わたしのお札を見ながら

取り替えて調整してくれた。みんな嬉しそうな顔を見せてくれた。ありがとう。

だいぶ山奥に来た…河原に立っている食堂で折り返えそう。

いったん元に戻って、今度は北に走る。



小さい食堂でワタ(水)を買った。母親、成人の子供達でまかなっている。
母親がこれ食ってみる…初めて見るくだもの。

酸っぱ味があり中の白身は甘い。一個おみやげにくれた。ノートに果物の名前を書いてくれる。

「マトン」と言ってた。

小さいカーブが多くなって来た…南と同じぐらい50キロぐらいで折り返す。

また元に戻って東へ走ろう…



ええーつ、ジャリ道をおりていくと…吊り橋は板の橋、ここは入場料を払う。

結構ひっきりなしに車、バイクが多い。譲ったり、譲られたり

二つの吊り橋を通過。ハハーンここらあたりがアドベンチャーゲームの場所に

なっているのか…カヤック、ゴーカード、レンタルバイクがが目白押し・・

泳ぎもやってるようだ。

レンタルバイク屋に返して、晩めしにする。味がいいとホテルに教えてもらった角の

レストランミデアムビーフステーキを注文した。750円ぐらいだろうか

ら200gだから安い。うまかった。ビール二本。






















6月25日 日曜 はれ

きょうは朝からネットにお付き合い。外出は食事のみ。

フェィスブックの書き込み、投稿。ブログの更新に当てよう。

あしたヴェンチャンに戻って……そのまま国境を渡って三たび

タイに入ろう。8時半ホテルに迎えが来ることになっている。

そう言えば、タイ、ミャンマー、ラオスも出かけるときはホテルに

予約すれば迎えがホテルまで来てくれるので、大変楽で助かっている。

バスチケットもホテルで発行してくれるので簡単で、このシステムは

いいなぁ。それに安いし今回ここからヴェンチャンまで600円…

来る時より150円ほど安い。

ついでに,タイ ミャンマーの働く人達気がついたこと朝9時から5時までのようで

ホテルの人たち女性は5時になったら ほぼ同時に帰宅していたの

が目についた。日本に比べて徹底していたのにはおどろいた。

日本も気持ちもゆったりできる働きになってほしい・・人に助けを求めるよりは

問題は働く人たちの意識にかかっている・・けどね。

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« オートバイひとり旅・地球走... | トップ | オートバイひとり旅・地球走... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オートバイひとり旅122か国・38万キロ」カテゴリの最新記事