ルアー船 Big-one アクセス・料金・タックルなど

和歌浦港 ルアー船 Big_oneの情報です。

アクセス 料金システム お知らせ タックルなど 

よくある中深海や遠征コースについての質問へ回答

2014-01-13 10:50:19 | 日記
【よくある質問】ラングイの水深は?
 
ラングイは海域のことで、80~90mラインから 一気に中深海~深海 数百メートル
に落ちています。
90mラインから100m~200m 300~400~500mは すぐ近くなのです。

「中深海」イコール「ラングイ」ではありません・・
 
普段は、釣り易い80~100mあたりをメインで狙っています。

アカムツ・メダイなど200~300m あたりまでで釣ります。

400m以上でキンメダイやアコウダイも狙えますが、ビッグワンでは希望者があれば行います。

夜は水深500mあたりで 集魚灯で50m付近に浮いてきた イカ類やアブラソコムツやバラムツ
を釣ることもできます。


== 85~90m ==

通常釣りをしていて魚が良く釣れる水深は 85~90mです。

この水深では通常の近海のタックルでも全く可能です。

PE 1.5~3号 (大型狙いの場合4~5号)

リーダー 6~12号程度 ナイロン30~50LB
 
ジグ  90~200g (潮流やライン等によって変化)

程度で普通に釣りが出来ます。


青物全般 根魚全般 サバ・カツオ イカ類 などが対象です。

たいていの場合ラングイ釣行時間の50~70%をこの水深で楽しんでいます。


== 100~150m ==

この水深では上記のタックルでも全く問題ありませんが

PE太さやジグの重さによっては釣果に差がでてくる場合が

あります。(特に2枚潮のとき)

タングステンジグなどの小さ目のジグを使ったり、胴付き仕掛け

で切り身などを使ったり、イカ用スッテやプラズノで遊ぶことも

できます。

PE1.5~2号で細めで短い目にしたリーダーで、ジグ重量を抑えると

釣果はあがりますが、反面 大型魚によるブレイクも多くなっています。

大型根魚やカンパチの専門狙いと決めて、ヘビータックルを使用しても

良いと思います。


イシナギ アブラソコムツ その他大型魚

イズカサゴ(オニカサゴ) ウッカリ・アヤメカサゴ

ヨロイダイ キントキ アマダイ ブリなど

○上記の2通りの水深が主にビッグワンでのラングイの釣行水深です。


== 中深海 170~300m==
 
この水深でのタックルは このブログで紹介していますので省略します。

通常は、その日のお客様の希望によって流す場合とそうでない場合が

ありますが、1流し5~10分程度ながします。

3回流して ノドクロ クロムツ メダイ その他がヒットしなければ

また浅い90mラインに戻って釣りをします。

ラングイ釣行時の 10%程度の時間が多いです。

当たりが多かったり、希望があれば、もっと流します。



 よくある質問にお答えしてみました・・