ルアー船 Big-one アクセス・料金・タックルなど

和歌浦港 ルアー船 Big_oneの情報です。

アクセス 料金システム お知らせ タックルなど 

中深海ジギングのタックル その2

2013-06-21 10:55:34 | 日記
中深海ジギングのタックル その2

ビッグワンでの中深海釣行は、水深500m超のスーパーディープエリア
だけでなく、
周辺の水深100m前後のエリア、更にはそれらの中間的な水深である
約200m前後のエリアまで、乗船者の皆様の持参タックルや
ご希望に合わせ、臨機応変に対応することも可能です。

ただ、逆に言えば、こういったバラエティーに富む釣行の場合にはそれぞ
れのエリア、レンジに対応した数パターンのタックルや装備が必要となる
側面もありますりますので、以下を参考にご準備頂ければと思います。


1.水深90~150mレンジ

このレンジでは、中層でサバ・イワシなどが回遊し、
ボトムではハタ・カサゴ類の根魚や青物、ホウボウ、太刀魚、真鯛等
がヒットする可能性があります。

また、レンコダイ・カイワリ・チカメキントキの3点セットのヒット
も想定されます。

このレンジで使用するタックルは、特段特殊なものではなく、
通常の近海ジギングで使用する下記の様なタックルの使用が可能です。

 6ft、4oz前後のベイトタックルを中心に、メインラインは
 
 PE1~2号、リーダーはナイロン20lb~30lb程度、
 
 ジグは150g~200g程度
(最軽量かつ底取りができるウエイトをその都度探るのがいいでしょう)


ジグについてはスロースキップシリーズやガーキーなどの所謂スロー系の
ものの実績が高いですが、それでないとダメということはありません。

カラーはグロー系必携ですが、色々と他色系を試してみるのもいいでしょう。

ヒットする可能性のある魚のサイズとしては相対的に小型~中型のものが
多いですが、ブリや大型真鯛等がヒットする可能性も高いので、
極端なライトタックルやPE1号未満の細糸の使用は避けた方がいいでしょう。

なお、カイワリや一部の根魚にはジグよりもサビキの方が反応が良いので、
ジギングサビキを活用すると釣果がアップするだけでなく釣れる魚種が
格段に増えると思います。

使用するジギングサビキはMサイズが中心となりますが、
中層~ボトムでベイト反応が濃厚な時は、Sサイズを使用して美味しい
アジや大型のウルメイワシ等を釣るのも面白いと思います。

魚探にサバらしき反応が出ている場合は、そのレンジでジギングサビキを
ステイすれば簡単に食ってくる場合も多いと思います。

(ビッグワンは探見丸搭載船ですので、子機の持参をお勧めします)

また、中層でイカの反応が濃厚な時はプラヅノやスッテを使ってみるのもいい
でしょう。

但し、これらのイカ仕掛けは初心者の方には扱いが大変かと思われますので、
個人的には日本海で最近流行している鉛スッテを使ったイカメタルゲーム
を試してみても面白いと考えていますが、これについてはまだ実践していない
ため、効果の程は未知数です。


2.水深130~250m 

このレンジでは「1」のレンジでのターゲット以外に、イズカサゴ、
ユメカサゴ等のカサゴ類、他にメダイやクロムツ、アカムツ等が想定ターゲット
となります。

水深200m程度まではジグウエイトを一段ヘビーに(200~250g程度)
チェンジするほかは上記「1」のタックルで対応可能かと思います。

ただ、この程度の水深になれば潮流が複雑化し、オマツリの危険性が
格段にアップしますので、確実に底取りができるウエイトをセレクトする
方がいいでしょう(特に乗船者が多い場合)

カラーはグロー系を標準としていただく方が無難かと思います。

更に、このレンジでの根魚系の釣果アップのためにはインチクの活用も有効
ですが、インチクは潮流や水圧に対して抵抗が大きいため、300gを標準
とするのが無難で、こちらもタコベイトはグロー系をセレクトするのがいい
でしょう。

「M先生のアドバイスを引用しています」

中深海ジギングのタックル その1

2013-06-21 10:54:25 | 日記
中深海のM先生のアドバイスを参考にしています。

ビッグワンでの中深海ジギングは、

主に水深90mから150mまでのラインが続くポイントと
水深150mから300m程度のレンジで行っています。

(付近に水深400~600mのレンジもありますが、これはまだ未開拓です)


1.ライン

ディープジギングではボトムまでジグを確実に送り込まなければなりません。
そのために最も必要な要素がラインです。
重いジグを操作することと、極力潮流の抵抗を避けることを鑑み、
オマツリ回避のために同船者と極力タックルを合わせる観点からも、
メインラインは1.2号~1.5号の使用をお勧めします。

糸巻量は最低でも水深の3倍程度以上を準備することが望ましいです。
これは、ディープジギングではオマツリが発生する確率が通常のジギ
ングよりも高く、メインラインが高切れすると以降の釣りの継続が
困難になる場合があるためです。

連結販売されている船釣り用のPEラインや、
バークレイのファイヤーラインが比較的廉価でお勧めです。

リーダーは潮流抵抗を避けるため長くとることはお勧めできません。
フロロカーボン20~30lbをせいぜい2ヒロ程度とするのが
良いでしょう。


2.ジグ

ジグはスロー系のものを使用される方が多いです。
ウエイトは概ね水深+100g程度を目安とするのが良いと思いますが
場合によっては(二枚潮等、潮流が複雑な場合等)それ以上のウエイト
を必要とすることもあります。

90m~150mラインのみの釣行であれば 90~250g程度
のウェイトでも十分可能ですが、それ以上の水深を釣りたい場合は

基本的には300~400g(150m~300Mレンジの場合)
を中心に準備するといいと思います。
ただ、これは上記のとおり300mラインまでを想定した場合であり、
より深海を試すこともあるため、余裕があれば500g前後の準備も
あるといいと思います。

ジグカラーはグロー系(ゼブラグロー系)の使用率が圧倒的に高い
ですが、グローでなければならないのか等、今後の研究が必要でしょう。


3.その他

リールはベイトで上記のようなラインキャパのあるものが最低条件になります。

糸巻量と最大巻上長を重視して比較的大型のリール(SHIMANOでいえば4000番クラス以上)
を使用するのがオーソドックスですが、1日釣りをしているとパーミングを続けるのも
大変です。
このあたりは体力と好み等のバランスで、経験を積み個人的に最適なものを
見つけてください。
あと、この釣りで最も大変なのが回収です。
それ故に、ハイギアタイプの物を使用される方が多いようです。

ロッドは特に中深海用といったカテゴリーの物も無いと思いますし、
メソッドによって最適なものが変わってくるため、これも好みの世界でしょう。
ただ、300~400gのジグを使用するといっても、ガチガチのロッドを使用
することは稀です。
まずは通常のレンジで使用しているロッドで試してみるのが良いと思います。
3oz~6oz程度が目安でしょう。

フックは上下2本づつが基本パターンです。
サイズや形状はまだまだ研究途上です。ただ、この釣りで最も過酷なシーンとして、
ボトム付近で「エビ」になったジグを回収することが挙げられます。
従って、エビになりにくいフックパターンを研究することも必要でしょう。

あと、ボトムでかかった魚を数百メートル回収するこの釣りの性格上
「身切れ」もしばしば発生するため、そのリスクを軽減するために
丸軸のフックを中心に準備する方も多いです。

他にあればいいと思われるものとしては大型のインチク(300g程度)
があれば水深250m位までなら根魚が好反応を示すことも多いです。

ジギングサビキ等をセットするとヒットチャンスが確実にアップしますが、
300m超の水深では抵抗が増し、オマツリの原因ともなりますので
避けた方が無難でしょう。

まだまだ説明不足もあると思いますので、随時更新していきます。

シーフロアコントロール社


スコーツ 180g  パールグロー 


和歌山の西様が釣られたアカムツのジグです



2014年5月11日 ラングイ遠征 スロージギングにて

イシナギ マハタ オニカサゴ ウッカリカサゴなどヒット!


ご活躍されましたしたジグです・・・


スロースキップ   220g
レクター      150g
ヒラジググラのTG 120g...
アフターバーナ   160g
スパイ5      350g
エバーグリーンのウルフラム(130g) 
TGベイト  
     などの皆様でした・・・

☆ご健闘 ありがとうございました~~☆



イカもOKです  

近くにあまりプラズノが売っていないので ぼくは通販で買ってます。

昼間はスッテよりプラズノが良いように感じます。

 楽天通販サイト

http://item.rakuten.co.jp/naturum/2446126/

http://item.rakuten.co.jp/naturum/531766?s-id=adm_browsehist_item


http://item.rakuten.co.jp/naturum/2446126/

喰わせサビキ 24-12号(鈎8号)

2013-06-05 09:53:09 | 日記
喰わせサビキ 24-12号(鈎8号)

10kg以上の青物用 喰わせサビキ(落とし込み)