バイブルランドin高島

ようこそ高島へ。ここは日本のガリラヤです。安田藤嗣がみなさまをバイブルの世界に案内します。

ホーリースピリチュアル・ファスティングに導かれるまで 

2021-01-28 04:00:00 | 聖書の求める断食
本ブログで80回にわたりアビーファスティングを連載してきましたが、

今度は私の言葉に置き換え、「はてなブログ」で1月5日から

「ホーリースピリチュアル・ファスティング」と題して、書き改めて連載を開始しました。

アビーファスティングは「修道院の断食」という本をベースにしています。

この本は著者であるエドワード・ミュラーさんの修道院での断食体験記です。

私はこの本に出会っていなかったら、

2億円相当を投入した豊田の断食施設をそのまま置いて出ることはあり得なかったと思います。

本物の断食を求めてまさに何ももたず出エジプトしたのですから・・・。

そして藤樹の宿は老後資金と貯金していた私の僅かな預金をすべて投入して

「古民家ファスティング藤樹の宿」を4年前の2017年6月3日にオープンしたのです。

あれから同伴者である妻の病気や昨年のコロナ禍の来襲など毎年、何か大きなことが起こってきました。

2021年は更に日本経済崩壊の始まりではないかと私は思っています。

このような想像もできなかったことが次から次へとやってきますが、

今、ようやく「ホーリースピリチュアル・ファスティング」に導かれてきましたので、

これまでこのようなファスティングに導かれるまでのことを少し簡単に書いてみます。

2015年に私の信じるファスティング普及のために豊田市を出ることを決めてから約2年、

どこに新しい場を設けるか模索してきましたが、2016年に高島市にようやく古民家がみつかり、

様々な準備をして、2017年にオープンすることができました。

しかし、それから8ヶ月、誰も来会者はなく、

現金収入がないためにマクロビのカフェ「ガリラヤの風」をオープンしましたが、

2018年に妻が脳内出血で倒れて、「ガリラヤの風」は中断しました。

この時点でこのような働きは終えようと思いましたが、ほんとうに主の憐みで妻も回復していき、

倒れたその年(2018)のGWからお客様が多く与えられるようになり、

この3年間で900名の来会者に来ていただきました。

この3年間、豊田で23年間も実施してきた酵素ジュースや水、

そして変わったマクロビ食などのファスティングは一切せず、

2015~16年に準備した超少食と発酵薬膳を組み合わせたファスティング体系を構築して、

2017年のスタートに間に合わせることができました。

しかも私がこの体系を進めるにあたり9ヶ月間、超少食を実験してみましたら、

10kgの体重減と宿便まで除去できて、この体系は間違いないという確信を得ました。

ちょうどその時頃、私の思いを投影してくれるサイト構築してくれる業者を与えられました。

これは主がここに連れて来られたようなものでした。

引っ越し時に生じた様々なものをメルカリに出品していた時に連絡が来た方だったのです。

私の与えられたファスティングのビジョンと実験していたファスティング体系をまことに上手く、

サイト構成で表現してくれたのです。

そしてこのサイト作成してくださった方は、ご夫妻で私たちを励ましてくれました。

「そしてとにかくブログを書き続けてください。そしてスポンサー広告は、

10年前と違い、時間がかかりますが、最低で1年間は辛抱して待ってください」と。

それは主の言葉であると信じ、待ったのです。

そしてその結果は出ました。

まさに主の導きだったのです。

これからもいかなる時代が来ようとも主にゆだねて歩むのみです。
コメント

アメリカを動かすキリスト教とは何か 10 ユダヤ教&キリスト教&イスラム教 03 

2021-01-27 04:00:00 | ゴスペル・エッセイ
キリスト教の殉教はローマ帝国の大迫害を通して、さらに布教は進展し、

遂にローマ帝国そのものを継承することになっていきます。

それでは兄のユダヤ教はどうだったのでしょうか。

ウィキの解説では・・・

★ユダヤ教徒の殉教
信仰のために死を選んだ最初期の例は古代のユダヤ教にみることができる。

もともとユダヤ教は一神教であり、多神教全盛期の古代にあって特異な性質を持つ宗教であったうえに

信徒に独特の生活スタイルを要求することから、

ギリシャ化されてゆく世界の中で異質な存在として蔑視される傾向があった。

紀元前2世紀、セレウコス朝の王アンティオコス4世がユダヤを統治していた時代、

「時代遅れ」のユダヤ教を廃止しようと、ユダヤ人に対してユダヤ教を捨てることが要求された。

マカバイ記Ⅱでは、その中で棄教を拒んだ律法学者エレアザル、

ある母親と七人の兄弟が拷問のすえに殉教したことが克明に記録され、信仰の模範として賞賛されている。


★イスラム教の殉教

イスラム教における殉教者

コーランではジハード(聖戦)で死んだものは殉教者であり天国への道が約束されるとされる。

穏健派もあり必ずしも一様ではないが2001年、

アルカーイダによるアメリカ同時多発テロ事件をきっかけにイスラム過激派、

あるいはイスラム原理主義の内在するそのような見方が問題にされるようになった。

しかしながら、内乱や紛争を抱える地域を中心に、

殉教がムスリムの義務であり年齢は関係ないとして、

成人ばかりか少年少女までもが自爆攻撃を選ぶ事例が後を絶たない。


★カトリックの殉教への考え方

殉教者への崇敬

キリスト教教会は、殉教者を、神と人間を仲介できる存在、聖人と位置づけて祈りの対象とした。

また聖人の遺体(聖遺物・不朽体)も崇敬の対象となり、

病気治しなどの奇跡を起こす力があると考えられ、高額で取引されることもあった。

アウグスティヌスは聖人の遺体を商取引にすることを非難する文書を残しているが、

聖人崇敬自体は奨励している。

そこで、ヨーロッパの民衆にキリスト教が根をおろすと、

聖人と聖遺物に対する各地域の「需要」が増えた。

その風潮の中で、聖人と聖遺物を増やすために過去の殉教の伝説が誇大に伝えられることがあった。


★日本のキリシタン時代

日本では、個々の教義や態度が問題にされるのではなく、キリスト教徒であること自体が罪とされた。

逮捕された者は、キリスト教を棄教すれば許された。

しかし棄教を拒んだキリシタンは国外追放あるいは死刑に処され、

しばしば拷問の末に残酷な方法で殺された。

こうして、16世紀末から17世紀初めの日本では、

イエズス会士など多くの外国人宣教師と日本人信者が殉教した。

信仰が極刑にされた背景には、一向一揆との戦いを経験した武将たちが強い信仰に警戒心を抱いていたこと、

一部の外国人が日本人を奴隷として売買していたこと、

さらに当時の支配者たちがキリスト教宣教師らを植民地化の尖兵ではないかと危険視したことがある。

こうした殉教者の中でも、豊臣政権における日本二十六聖人、

徳川政権下での聖トマス西と15殉教者はカトリック教会で列聖され、

ペトロ岐部と187殉教者は2008年に長崎市で行われた列福式においてカトリック教会の福者に列せられた。・・・
コメント

アメリカを動かすキリスト教とは何か 09 ユダヤ教&キリスト教&イスラム教 02  

2021-01-26 04:00:00 | ゴスペル・エッセイ
ユダヤ教とキリスト教とイスラム教の三宗教は、「アブラハムの宗教」と呼ばれています。

また「セム族の啓示宗教」ともいわれます。

そして共通点は、アブラハムの宗教は、全て一神教です。

それも別々の神を信仰しているわけではなく、同じ唯一神を信仰しています。

また、そのまた啓典は共通の啓典があります。

ユダヤ教では「トーラー」、キリスト教では「旧約聖書」、イスラム教では単に「モーセ五書」や

「詩編」と呼ばれる啓典が同じなのです。

そして最大の共通点は、「学ぶ宗教」だということです。

その学ぶ回数が多いのです。

まず7日目を安息日として契約で定め、特別の日としています。

日本にはまったくこのような習慣は存在していませんので、このこと自体が分からないのです。

そして1日中、特別扱いなのです。

当然、繁華街もシーンと静かになります。

ユダヤ教徒、一部のキリスト教は土曜日、そしてキリスト教の大半は

日曜、イスラム教は金曜日がその特別の日です。

そして人生を7日間単位で回って過ごしていきます。

1年に52週あるので52回、礼拝日がありますので、80歳まで生きたら、

4160回の礼拝が人生そのものなのです。

そしてその特別の日に神聖な啓典を学びます。その延長線上に天国があるのです。

ですから死の枕もとでユダヤ教徒もキリスト教徒もイスラム徒も

その一節を聞きながら召されることが最高なのです。

この唯一神を信じていきる人たちは神から出る言葉と教えを絶対的なものとして受け入れますので、

この言葉のためなら死んでもいいという「殉教」に生きることができます。

日本人は、一番嫌いな言葉であり、タブー視されています。

ウィキでは次のように「殉教」を説明しています。

・・・
歴史的に、キリスト教で使われてきた「殉教」(ギリシャ語:Martyria)の語は「証人」という言葉に由来している。

すなわち、殉教とみなされるためには、その死がその人の信仰を証していると同時に、

人々の信仰を呼び起こすものであるかどうかということが基準とされている。

処刑される殉教とともに、迫害と追放を耐えて死ぬこと、信仰のための追放も殉教であるとされている。

キリスト教は、自分たちの崇める神以外の神を認めない一神教である。

これは古来の神々への崇拝を重視するローマ帝国の政策に反していたため、

皇帝ネロ以来たびたびキリスト教は禁止された。五賢帝と呼ばれるハドリアヌスやトラヤヌスは、

帝国の精神的一体性を強めるため古来の信仰の称揚を図り、ためにキリスト教は抑圧され、

流刑に処されるものが多く出た。

さらに後期ローマ帝国において皇帝崇拝が強化されると、キリスト教徒への迫害が強まった。

使徒ヨハネの弟子ポリュカルポスは皇帝を拝む偶像崇拝を拒み、

火あぶりにされた後に刺し殺されたと伝えられる。

古代末期のディオクレティアヌス帝やデキウス帝は皇帝崇拝を強化し、

キリスト教徒を積極的に弾圧した。この時期を大迫害期と呼ぶ。
コメント

アメリカを動かすキリスト教とは何か 08 ユダヤ教&キリスト教&イスラム教 01

2021-01-25 04:00:00 | ゴスペル・エッセイ
キリスト教、ユダヤ教、イスラム教は類縁関係です。

それは唯一神信仰を持ち、聖典を共有しているからです。

まずキリスト教はユダヤ教の一宗派として誕生しています。

『福音書』や『使徒言行録』に描かれているとおりで、

ナザレのイエス自身もその弟子達も皆がユダヤ人でユダヤ教徒です。

そしてエルサレム神殿で礼拝を行い、その宣教活動も主にユダヤ人を対象としたものでした。

当時のユダヤ教には多くの教派があり、神殿祭儀を中心にしていたサドカイ派、禁欲主義のエッセネ派、

在俗の律法主義を担ったパリサイ派などが活動しており、

イエスの信奉者達の集団もそうした一宗派と見なされていました。

今日では、彼らはパリサイ派のヒレル学派と似た立場にあったと考えられていますが、

それはキリスト教の特徴とされる博愛と慈愛の強調や、

ナザレのイエスが示した律法の尊重はヒレル学派の特徴だったからです。

イエスの十字架刑の後のかなり早い時期にステファノがエルサレムで論争の末に殺害された、

ユダヤ教主流派とイエス信奉者たちとの軋轢がましていきました。

正統的なユダヤ教の教義からは、ナザレのイエスが神の子であったという

イエス信奉者たちの見解は容認しがたいものだったのです。

紀元1世紀頃のローマ帝国内におけるユダヤ人は、全人口の1割程度を占めていたという推定があるほどに、

ユダヤ属州外でもユダヤ人は勢力を誇っていました。

そして、ユダヤ教の信仰生活に興味を示してユダヤ教に改宗する異邦人も多かったのです。

しかし、こうした異邦人への宣教活動はキリスト教で盛んとなり、

ユダヤ教をはるかに上回る異邦人改宗者をキリスト教は獲得することになります。

『使徒言行録』に記されたように、キリスト教は改宗者への割礼を強制せず、厳しい食物規制も緩めました。

それがギリシャ語圏の人間も改宗しやすくさせたのです。

そしてユダヤ教は神殿崩壊後の1世紀末にヨハナン・ベン・ザッカイの指導の下、

神殿中心の体制を放棄して各地のシナゴーグを中心としたコミュニティに重きを置く体制に移行します。

世界宗教への指向を放棄し、民族主義宗教の中に戻ってしまいます。

こうしたユダヤ教再編の中で80年代にはキリスト教はユダヤ教から正式に閉め出され、

またキリスト教側もユダヤ人からの入信者が激減して異邦人入信者が多数を占めることで、

ユダヤ教から離脱していきました。

また、ヘレニズム思想と最終的に折り合うことができなかったユダヤ教とは異なり、

キリスト教はそれに成功してローマ・ヘレニズム文化の中で独自の思想を発展させていきます。

ユダヤ教の聖典はそのままキリスト教にも用いられて『旧約聖書』となり、

ユダヤ教の典礼や習慣の多くがそのままキリスト教に引き継がれ、

キリスト教の教父たちはユダヤ人たちがキリストを十字架刑に追いやったとしてユダヤ人を厳しく糾弾し、

これがキリスト教社会におけるユダヤ人差別を準備することになります。

そしてイスラム教はユダヤ教やキリスト教の影響を受けて成立しました。

イスラム教はこの2つの先行宗教を共通の始祖アブラハムを戴くアブラハムの宗教として、

信徒は唯一神から啓示を受けて聖典を授かった啓典の民であるとして、

根本的にはイスラム教と異ならないものとしています。

イスラム教によれば、モーセなどの旧約の預言者も、イエスもアッラーフの預言者なのです。

そして、アッラーはユダヤ人やキリスト教徒に対してそれぞれに『聖書』を与え、

アラビア人には『クルアーン』が与えられたのだとしているのです。

しかし、ムハンマドが口述する『クルアーン』にはユダヤ教とキリスト教に関する誤解が多く含まれており、

メディナのユダヤ教徒はこれを嘲笑したということです。

政治的にもユダヤ教とイスラム教は対立するようになり、

624年にはそれまでエルサレムに向かって行っていた礼拝(キブラ)がメッカに向かって行われ始め、

ユダヤ教から独立した宗教を形成していくことになります。

続いて、イスラム教はキリスト教とも対立関係に入り、

それ以降に口述された『クルアーン』にはユダヤ教とキリスト教に対する罵倒が頻繁に登場するようになります。

この後の長い歴史の中でキリスト教やイスラム教はユダヤ教を差別し、

キリスト教とイスラム教も激しい敵対を繰り返していきます。

現代の政治や社会問題にも、これらの宗教間対立は暗い影を落としています。
コメント

アメリカを動かすキリスト教とは何か 07 キリスト教&ユダヤ教 02

2021-01-24 04:00:00 | ゴスペル・エッセイ
「絶滅収容所」は文字通り虐殺のための施設で、主にガスによる大虐殺(ホロコースト)が行なわれていきます。

他にも餓死、銃殺刑、絞首刑などが行なわれました。

第二次大戦中、総計およそ600万人のユダヤ人がナチスに命を奪われたといいます。

ドイツと、ほぼ時を同じくしてソ連がポーランドに侵攻、ユダヤ人たちは必死に国外逃亡を図りました。

そのうち北のリトアニアに向かった彼らが目指したのは、日本領事館です。

日本人はユダヤ人に対して何の偏見も持たず、むしろ日露戦争で、

ユダヤ人資本家シフが戦時国債を購入してくれたことに感謝していました。

また第一次大戦後のパリ講和会議で、「人種差別撤廃条項」を提案した世界で唯一の国が日本です。

日本人もまた、アメリカが排日移民法で日本人を排斥するなど、差別の対象とされていました。

いわば日本人にとってユダヤ人は、親近感をもつ存在でもあったのです。

ただしこの時期、ソ連の共産主義に対する警戒から、日本はドイツと接近しており、

あからさまなドイツの政策に反対する行為は、国として判断が難しい部分がありました。

そうした中で、ポーランドからリトアニアに押し寄せたユダヤ難民が求めるビザ発給に対し、

苦悩しつつも決断を下したのが、リトアニア領事代理の杉原千畝なのです。

5年前に映画「杉原千畝 スギハラチウネ」が公開されました。

杉原を演じるのは俳優・唐沢寿明、妻は小雪でした。

封切されてすぐ近くの映画館で観ましたが、非常によくできた映画でした。

杉原は、海外ではユダヤ人難民を救済した“日本のシンドラー”として知られています。

1985年1月、イスラエル政府からユダヤ人を救った人だけに贈られる

「諸国民の中の正義の人」の称号を授与され、

「ヤド・バシェム賞」を受賞した。

もちろん、日本人では一人だけです。

第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に赴任していた杉原は、

ドイツの迫害によりポーランドなど欧州各地から逃れてきた難民たちの窮状に同情。

1940年7月から8月にかけて、外務省からの訓令に反して大量のビザ(通過査証)を発給し、

避難民を救ったことで知られています。

もちろん避難民は大半がユダヤ人であり、「東洋のシンドラー」とも呼ばれています。

杉原が残した「大したことをしたわけではない。当然のことをしただけです。」という言葉は有名です。

またこのようなことも伝えられています。

ユダヤ人迫害の惨状を熟知する杉原は、発給を迷っていた時、杉原夫人が、

難民たちの中にいた憔悴する子供の姿に「町のかどで、飢えて、息も絶えようとする幼な子の命のために、

「主にむかって両手をあげよ」という旧約聖書の預言者エレミア『哀歌』が突然心に浮かんだといいます。

そして、「領事の権限でビザを出すことにする。いいだろう?」という夫の問いかけに、

「あとで、私たちはどうなるか分かりませんけど、そうして上げて下さい」と同意したといいます。

そこで杉原は、苦悩の末、本省の訓命に反し、「人道上、どうしても拒否できない」という理由で、

独断で通過査証を発給しました。

杉原の語録として主なもの。

「私に頼ってくる人々を見捨てるわけにはいかない。でなければ私は神に背く」


「私のしたことは外交官としては間違っていたかもしれない。

しかし、私には頼ってきた何千もの人を見殺しにすることはできなかった」


全世界に隠然たる勢力を有するユダヤ民族から、永遠の恨みを買ってまで、

旅行書類の不備とか公安上の支障云々を口実に、ビーザを拒否してもかまわないとでもいうのか?

それがはたして国益に叶うことだというのか?」
コメント