アジアパートナーシップファンドについて(代表:此下益司、此下竜矢)

此下益司、此下竜矢が経営するアジアパートナーシップファンド

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アジアパートナーシップファンド此下益司氏の経歴

2013-04-01 16:02:28 | 日記
アジアパートナーシップファンドの此下益司氏と此下竜矢氏に注目するということでしたが、本日は此下益司氏に焦点を当てようと思います。

聞いて驚くなというのは無理かもしれませんがなんと、現在1200億を超える運用規模をもつアジアパートナーシップファンドですが、此下益司氏は金融機関に務めることなく0からこれを作り上げたということだ。

しかもそういった投資系で活躍されているからさぞインテルタイプだと思いきや、想像以上のアスリートなのです。
此下益司氏は大学時代にテニス部の主将を務めて国体で5位!までなっており、プロのトーナメントにも参加したほどのガチガチのアスリート。
自らも「半分アスリート」と認める文武両道を絵に描いたような男なのである。
ベンチプレスも160キロを上げるそうで、目の前に現れたら威圧感で謝ってしまいそうだ。
此下益司氏の考え方はスポーツでも明白で、小学校時代は剣道、テニスは中学から始めたそう。そのスポーツを選んだ理由が「個人で勝負できるから」「チームスポーツだと責任の所在がぼんやりする」
いやはや、こういった突出する人というのは子供の頃からしっかり自分の考えを持っているのですね。
そして文武両道というからには当然武だけではない。塾にも予備校にも行かず独学で大阪大学の法学部に合格するのだ。
大学でもテニスに没頭し、結果が国体5位。

ちょっと普通の人とは感覚が違うというか追いつけないほどの時間を一人で生きていますね。
ここまでは大学の話ですが続きは次回。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« アジアパートナーシップファ... | トップ | アジアパートナーシップファ... »

日記」カテゴリの最新記事