太陽に向かって微笑む

充実した生活が楽しみ

住宅ローンを完済していない家を再抵当に入れることはできますか? 2回目の充電とはどういうことですか?

2021-09-02 15:38:00 | 日記

簡単に言うと、「Second Charge on a Property」とは、抵当権が設定されている不動産に対して、残高を返済せずに2つ目の抵当権を設定し、不動産ファンドのエクイティを利用して借り入れることです。

物業轉按

セカンドチャージの融資可能額=物件の現在の評価額×借入可能な割合(60%~70%)-住宅ローン口座の残高

10年前、300万円の頭金と700万円の住宅ローンで1,000万円の家を買いました。

2021年、この家は価値が上がり、金融機関はこの家の使用価値を2,000万円と評価します。 この段階で、この家には500万円以上の住宅ローンが残っています。

家のセカンドモーゲージとして借りられる金額=2,000万円×70%-500万円=900万円。

2つ目の住宅ローンのメリット

1.以前のローンを返済する必要がない

例えば、現在、住宅ローンや質権が設定されている住宅をお持ちの方でも、住宅ローンや質権を返済することなく、2つ目の住宅ローンを申し込むことができます。

2.元の抵当権を解除する必要はありません

これまでの住宅ローンの手続きでは、元の家を手放してからでないと、お金を借りることができませんでした。 この段階では、家を手放すことなくセカンドチャージを申請することが可能です。

3.物件の市場価値が評価できること

セカンドチャージの査定価格は、現在の価格に基づいています。

例えば、5年前に購入した家の当時の価格が1平方メートルあたり1万元以上で、現在の価格が1平方メートルあたり3万元以上の場合、2回目のチャージは、1平方メートルあたり3万元以上の現在の価格に応じて評価されます。

4.時間と手間を省き、資本コストを先行させる

チャージステージが廃止されたことで、セカンドチャージが可能になるまでの期間が大幅に短縮され、通常の処理であれば5営業日、最短では即日での処理が可能になりました。

しかし、住宅にセカンドチャージをかけることができる金融機関や貸金業者は限られています

一部の金融機関では、融資保証会社などによると、個人ローンで長く抵当権が設定されている住宅に対して、最初の借り入れが終わった後に、住宅の2次抵当権を設定するリモーティングやブリッジングアドバンスなどのビジネスプロセスを行うという。

セカンダリーローンを実行するために融資機関や民間団体に従って、物的損害を防ぐために実行する販売のセキュリティを確保するために、実際に効果的な融資機関を必ず調査してください。

相關文章:

有貸款的房子能夠過戶嗎

房地產有貸款轉按揭貸款

How to buy a house in full to become a mortgage

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 中国証券監督管理委員会は、... | トップ | ニューカッスル肺炎の症状を... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事