脊髄内腫瘍でした! ただいま療養中です。

坐骨神経痛だと思ってたら、脊髄に腫瘍が出来ていました。
珍しい病気なのでブログ書いてみました。

夏休み終わり

2018-08-26 23:53:45 | 日記
今日で主人の2回目の夏休みも終わり、子供達も明日から新学期が始まります。

昨日は家族揃って食事に行く事が出来ました。

今日はとにかく暑すぎ!!
夕方から娘と三人で少しだけ買い物に行きました。

今年は24時間テレビ、全然観ませんでした。

以前はマラソンコースが家の近くだったりして、何となく観てはいたのですが。

健常の頃の方が観てたかな。

障がいのある人が色々頑張るのはいいけど、なんだか違和感があって。

下手にお涙頂戴するならもっと具体的に、車椅子の人は車に乗るのにスペースが必要だから駐車場が広いんだよ、とか、

ストーマの人はトイレをこういう風に使ってるんだよ、とか、

スロープがあっても角度によっては車椅子でも登るの大変なんだよ、とか。

そういうことを周知してほしいです。

そしていつか、

電車やバスから自動でスロープが出てきたりして、

車椅子なんですけど、って言わなくてもいい世の中になってほしいなぁ、と想いを馳せています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 腹部MRI | トップ | また転んだー! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (emmie)
2018-08-27 12:13:26
私は海外に住んでいるのですが、障害者/車椅子の方にはずっと住みやすい環境ができています。日本に帰ると、人の意識も環境も遅れてるなと感じます。

でも、専門医に会うのは時間がかかるし(神経内科医二年待ちと言われたところで、日本の家族に検査のために帰って来いと言われてます)、MRIも造影がなければ24時間稼働してるのにも関わらず、かなり待ちます。ため息ものです。日本の医療は恵まれているのを実感。

日本に帰りたいです。せめて日本で最期を迎えたいですが、子供もいないし、どうなることやらです。
Re:Unknown (ベリー)
2018-08-28 23:46:33
emmieさん、海の向こうから私のブログを見つけてくれたんですね。ありがとうごさいます。

emmieさんのコメントを見て、若くしてアメリカに渡った今は亡き叔父のことを思い出しました。
生前、人は生まれた土地で死んでいくことは幸せな事だと言っていました。

日本は医療体制は整っていますが、障がい者にはまだまだ生活しにくいです。
何しろ健常者、障がい者の接点が無さ過ぎる気がします。
私も自分が車椅子になるまで全く障がいというものに理解がありませんでした。
これから日本はどうなっていくのでしょうね?
希望は持っていたいです。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事