脊髄内腫瘍でした! ただいま療養中です。

坐骨神経痛だと思ってたら、脊髄に腫瘍が出来ていました。
珍しい病気なのでブログ書いてみました。

感覚

2018-04-14 23:10:13 | 身体の不思議
先週くらいから身体に変化が。

普段は主に膝下の痺れがひどく、体幹から太ももにかけてはほとんど感覚がなく、シャワーを浴びてもその部分は温度を感じていませんでした。

しかし、最近、腫瘍のあった胸から下の痺れがすごいのです。
何も感じない→痺れを感じる、ということは感覚神経的にはよくなってるのか?

で、歩行訓練では、床を踏みしめる感じ、体重がかかってる感じがうーっすらとわかるようになったのです。

痺れのはるか向こうに。

でも、それだけで、随分歩きやすくは感じます。

足は重く、疲れるけれど、やっぱりちょっと違います。
生活の中で立っている時間はほんのわずかですが、膝から崩れることもほとんどなくなりました。
さらに、頻尿だったものも間隔が開くようにもなりました。

今更ながら変化ってあるものでしょうか?
引き続き気長に頑張ってみます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日のリハビリ | トップ | サイズ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (k・I)
2018-04-19 16:52:17
ベリーさんはご自分の体の状態を言葉にするのがうまいなぁといつも思ってます。
何も感じないよりは痺れでもあるほうがいいのか。
ベリーさんの言葉、前向きすぎて凄いです。
私なんか痺れを何度恨んだことか。
コツコツしてきたリハビリが効いてきたようですね。
お互い体幹をもっと鍛えましょうね。

Re:こんにちは (ベリー)
2018-04-22 01:18:16
k・lさん、こんばんは。
そう言っていただけると嬉しいですが、自分の中ではかなりネガティヴだと思っています。
歩くことに執着せずにどんどん車椅子で行動できるようにもなりたいけど、やはり自分の足でまた歩きたい、とか中途半端な気持ちをずっと整理出来ないでいます。
答えがないのを幸いにもがいているのが現実です。
痛みや痺れは外から見てわからないならそれは我慢するから、歩けるようになりたいです、とPTさんには最初に宣言したんですが、やっぱりくじけそうにはなります。
ただ、ほんの少しですが、感覚に変化が出て来たのでまた少し進歩があると信じたいです。

コメントを投稿

身体の不思議」カテゴリの最新記事