きょうを生きて living in a moment

毎日 死ぬ直前までひとは生きている。

どうせ死んでおわる人生なら
本気で生きてゆきたい。





今の気持ち

2015-01-08 14:27:45 | 日記
やはり400人近い


無言の訪問者の圧力が

精神的にしんどくなってきました。


もう三年がんばって書いてきたし


もういいかなと強く思い始めています。


ここに来る人はわたし個人を必要としていないし


そこに無償の愛をそそいでゆけないように


感じます。


これまで真剣に書きこんでいただいた

方のためにBlogはそのままにして


わたしはみなさんから消えてゆくほうで


整理して行こうと考えます。









コメント (195)

アドラムの洞窟 3周年

2015-01-07 17:22:30 | 日記

気が付いたら 3年過ぎ去った。

3年前は失意と悲しみに沈んでいた。

その中で底辺の愛情の炎を消せずに

ブログをとぼとぼと始めて行った。

いつも

数分でひらめいたことを数分で書いて校正しないから

誤字脱字が多く読みづらいものだったと思います。

 

記事を書きながら

 

コメントで出会った様々なひとに支えられて

ここまで来ました。

今日までの3年間で

のべ360267人の人がやってきて

1883298ページの記事を読んでくれました。

コメントは200人近くに人がしてくれたと思いますが

その人たちの人生も色々とあったことだと思います。

 

3年目を区切りにやめたほうがいいのか

 

もしも自分が必要(利用ではない)と感じてくれる読者いるようでしたら

もう少し頑張れるかもしれません。

 

そう感じれない なら 一応これで終止符を打ちたいと思います。 ここからさきは それぞれがそれぞれの人生を おくるがいいかもしれません。 写真はネットから引いたアドラムの洞窟の写真です。
コメント (26)

朝日をあびて

2015-01-07 08:49:27 | 日記
朝日をいっぱい


浴びて

















焼き鯖定食をいただく








力一杯の焼き鯖だ。







コメント (6)

考えるとき

2015-01-04 19:11:53 | 日記
いまのエホバの証人


統治体も支部委員も


上層部は限りなく行き詰まっている。

わたしたちは



自らの頭で


考えるんだ。


そして


皮を剥ぎ

肉を削り


骨を穿ち


ホンモノに出会うまで


あきらめてはならない。








コメント (3)

花燃ゆ 必見

2015-01-04 19:01:09 | 日記
大河ドラマの花燃ゆ

第一回目を見て

また泣けた。

吉田松陰の妹を描いた人生


なぜ学ぶのか?

この問いかけが底辺に流れている。


話の中で


当時の幕府が禁書にしていた

外国の事情を書いた本を巡り


感動的な意見がなされる。


他の悪書を見て


影響があるから見るのをやめろと


教わってきたエホバの証人にとり


唸らずえない推論がなされてる。


いまのエホバの証人に考えさせられる


場面となるであろうと思う。


また


自分で考えることの価値を


よく教えている。


8時から総合で始まる


花燃ゆ をすべての日本のエホバの証人に


見て考えるよう勧めたい。

見て考えたことを


ここにコメントを書きなぐってほしい。




コメント (6)