整備簿

愛車の点検・整備の記録を、気が向いたときにアップします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【クラブマン】初出勤!

2007年06月28日 22時05分33秒 | 整備簿
納車から1週間・・
なぜか梅雨らしくずっと雨が降って、まったく乗れなかったのですが・・今日やっと通勤に乗ることが出来ましたので、インプレをば。

まずやっぱり、振動がきついです。
わざわざバランサーを外してるみたいですが、長距離を走るには疲れてしまうだろうなぁ、と思います。
そして、フロントフォークはやっぱり柔らかめ。
もうちょっとしゃんとしてもいいよ。うん。
あと、これは以前乗っていたCBRとの比較になりますがパワーが無い。
諸元表を見てパワーバンドを確認すればよかったのでしょうが、引っ張らないと駄目なんですね。
特に6速80キロから加速をしよう、としてもまったく加速しなかったのはびっくりしました。
6速ってオーバードライブギヤだっけ?と思ったら減速比1でした。
まぁエンジン特性はビートと同じようなもん、と認識しましたので次からは特性を生かした走りが出来るでしょう・・

さらに細かく言えばハンドルがぶれる。
片手でも外そうものならハンドルがガタガタ・・
経験上、これはタイヤが悪い場合に起こる(偏磨耗等)ので、今のタイヤ(おそらく新車時から同じタイヤだろう、油っ気がほとんど無い)がすれるまではほっとくつもりですが、ステアリングダンパーが欲しいです。
後は高速走行中はすごく風圧が強い。
リードのときもそれでバイザーを付けたんですが、クラブマンにはガイラシールドは必需品だと思います。
そしてグリップはベタベタ・・これは交換予定です。
さらにステップ。
右側にステップをとめるボルトが突き出ていて、足の内側全体でステップをホールドできません。
左は問題ないんですが、ステップは何らかの方法でボルトが邪魔にならないようにします。
レプリカ乗りの癖で、内足やくるぶしでステップやステップボードをホールドする癖があり(ニーグリップよりくるぶしグリップで走るほうがコーナーで車体をホールドしてコントロールできる)、今のままではおちおちバイクを寝かせられません。
ニーグリップもそう。
格好はいいけどホールドしやすくは無いタンクが、つるつる滑ってまったくホールドできません。
ニーグリップパッドも必需品。
ミラーも見にくいので交換予定。すでに候補になるミラーは決めてます(アルミ削りだし風)。


いろんな荷物をボックスに入れていてリヤ加重が重いのもあるんですがそれでも、走りが全体的に頼りない。
いろいろ計画しています。

フライホイールの話をしましたが、パーツリストでは18700円と言うびっくりする値段でした。
オークファンで調べたら4000円前後で出品されているので一安心。
5型以外なら別にOK(2型は出品されています)。
後はエンジンの全体的パワーアップ。
燃料改質系:エアチューニング系:点火系:オイル(添加剤も検討):排気系(ノーマルマフラーで)と総合的に効率を上げていこうと思ってます。
「燃費一番」と言うサイトを参考にしよう、と考えてます。

現時点、フルノーマルのクラブマン。
採点するなら50点。
まだまだ理想には遠いです。
コメント   トラックバック (1)

バトンタッチ

2007年06月23日 21時27分40秒 | 整備簿
クラブマンとリードの写真を取ってみました。
特に、リードは明日次のオーナーに持っていくのでおそらく最後の写真になりそうです。

排気漏れを修理しようと、マフラーをはずしてガスケットを裏返し、がっちり付けたつもりでしたが・・
マフラーの根元がゆがんでいるようで、直りませんでした。
で、全体的に洗車(リヤホイールは鉄粉落としで洗いました)。
マフラーのさびにはCRCをふってタオルで磨きました。
マフラーの遮熱版がガラガラ音がするので、これをとってしまおうか、と考え中。
新品マフラーも5000円くらいで売ってるわけだしなぁ。

まぁ、渡す相手が数少ない友人なので安心して渡すことが出来ます。
まだまだ活躍してくれ。

さて、クラブマンは最初のモディファイが待っていました。
リヤキャリアをオークションで落札していたのでその取り付けです。

結果的に、無理やりという形になりました。
ベンチュラというメーカーのキャリアで、クラブマン専用設計と謳っているのですが・・
まったく合わない!
ひどく合わない!

ベンチュラのキャリアはLブラケットと言う部品がメインでそれをグラブバーのところに取り付けるそうです。
だが・・5型(S型)のうちのには元々グラブバーがあり、その取り付け穴とはまったく合いません。
試行錯誤の末、グラブバーにあるフックにLブラケットのボルトを通す穴を突っ込み、あとはLブラケット同士とキャリアでフレームを挟み込むような形になってしまいました。
だって、うちのクラブマンのグラブバーはウインカー、フレーム、フェンダーまで共締めでしかもウインカーは取り外しできなかったんです。
だから、グラブバーをはずしてベンチュラセットを使うには・・
・ウインカーステーの新設
・Lブラケットの延長溶接かクラブマンのフレームにボルト穴を追加
というめちゃくちゃなメニューしかなかったんですから。

結果、ダブルグラブバーみたいな形になってしまいましたが、なぜかとてもがっちりついていてまったく動かなくなったしシートの取り外しも出来るので良かったです。

写真をどこかにのっけたいなぁ。
ミラーにはキャリアとボックスを付けたクラブマンの写真があります。

ついでに走ってみたら結構重くなったようです。
丁寧な寝かしこみをしないと走りにくいから・・荷物が少ないときはベンチュラグラブバーに取り替えて走ろう。
コメント

新バイク、納車!

2007年06月21日 21時26分24秒 | 整備簿
待ちました。

長ーく、待ちました。

ブログでは1年以上も、待ちました。

今日、やっとクラブマンが納車されました!
夕方だったので、写真は近日公開!

1週間前、仕入れたよとバイク屋から電話がありました。
で、ナンバー登録のための手続き、整備を経て今日納車。
GB250S型(黒/銀)です。

走行距離5500キロ、フルノーマル。
軽トラックで取りに行き、自宅でおろしてからガソリンを入れに初走行!
中型のシングルを買ったことが無い私ですが、ちょっとだけ借りたSR400の感じと同じようなフィーリング。
トルクで走るバイクって、こういう感じなんですねぇ。
まぁ、今は何かいじろうにも予算が無いので、予算が出来次第、好みにいじっていこうかな、と思っています。

今のところ、
・フライホイール交換(あんなにドコドコしなくてもなぁ・・4型までの古いタイプのフライホイールに交換した例があったのでそんな感じに)
・排気音をもう少し静かに出来んものだろうか?
・フェアリング(ガイラシールドを付けて風圧から身を守る)
が主なポイントですかね。
いや、小物の交換ももっと考えてますけど。

まずはオークションで買ったリアキャリアを付けて、ボックスが付けられるようにして写真アップ(出品者に約束してたもんで)だな。

リードはもう1回メンテナンス(排気漏れ修理・キャリアをはずしたりノーマルパーツを取り替えたり)して日曜日には次のオーナーのところまで運びます。
コメント

9月には成果を出す!

2007年06月18日 21時07分56秒 | Weblog
前々から言ってたのですが、県民体育大会の申し込みのことで話が来ました。
大会は9月16日のようです。
内容は24式太極拳。
制限時間は5分30秒らしいので、いつも音楽に合わせて練習しているペースでよいようです。

しかし、その前に秋季検定があるそうで。
まったく考えて無かったです。
10月に入ってからかなぁ、と考えてたのに。

秋季検定は「公認3級」を受けることになります。
今まで受けていた初級、中級の試験は鹿児島県の太極拳協会認定の試験だったそうです。
今回は全日本の太極拳協会の公認検定だそうです。
太極拳の話題での級や段の話をなんとなくインターネットで見てたんですが・・そうか、まだ級にも届いてなかったのか、と思うと、まだまだこれからですな。
で、こっちは9月2日です。
内容は初級太極拳と24式の前半部分です。

まだまだ課題が多く、どこまでやれるかわかりません。
ただ、もう3ヶ月もしたら結果が出てる。
そのときのためにベストな演武が出来るように練習を重ねていきます。
コメント

矛盾や無いものねだりの世の中に・・

2007年06月12日 22時13分35秒 | Weblog
正直歯がゆいです。
腹が立つこともあります。

はい、と言いながらいいえの部分を考えておかないといけないのは日本人の美徳か?
駄目、と言いながら見てみぬ振りをするのは自分が浮くのが怖いだけだろ?
皆、もう少し人のこと考えながら正直になろうぜ。

冒険してるやつは安定を求め、安定してるやつは冒険を求める。
争いが起きてる場所では平和が望まれ、平和にぼけた場所では平和を崩そう、と革命(本当は戦争だろうが)を望む。
欲って物が夢を作り、また罪も作るのだろう、と思う。
せいぜい100%償える罪だけにしとけよ、ってもんだな。

時々、人間やってるのが悲しくなります。
何て業の深い生き物だろうか、と。

でもそれは人間の悪い一面。
いいところを見つけて伸ばして・・。
そんな意味で素直な人生を生きて行きたい。

「死ぬときに、人生を後悔したくない」ってのが、昔からのモットー(座右の銘)ですから。
コメント

3日連続、灰が降る・・

2007年06月05日 21時05分06秒 | Weblog
最近、近年珍しく降灰があります。
なぜか桜島の火山活動が活発化していて、毎日噴火しています。

噴火すると、勢いで上層まで煙が昇り、雲と同じような景色になります。
そして風に乗り、「黒い雲」は動いていきます。

それが自分の行き先にかぶったら最悪。
景色は灰に覆われ霞がかり、色と言う色が白っぽくなります。
目は開けられず、コンタクトを付けてる人は想像を超える痛みだろう、と思います。

今日は朝から灰まみれで通勤。
せっかく晴れてるのに外で運動できません。
せめて風向きが変わればなぁ、と思う1日でした。
コメント

【リード90】 3年たって総点検

2007年06月03日 21時34分00秒 | 整備簿
なかなかクラブマンが来ないうちについに梅雨突入。
リードは異音が増えて困っていました。

クラブマンの納車時にリードを整備して渡すつもりだったんですが、あまりにも遅いのとこんな状態なので、自分で出来る整備はしておくことにしました。
明日走ってみます。

まず、マフラーからの異音。
よーく観察してみると、マフラーを止めているボルトが2本中1本なくなってる!
もう1本と一緒に止められているワッシャーがくるくる回って音を出している。

増し締め&手持ちのボルトを突っ込んでおきました。
なぜか手持ちはバイクでは見かけない13mm。たぶん自転車用かも?

メットインをはずし、内部の点検。
プラグはやや焼けすぎ。
これはターボフィルターを入れて空気が多く入るようになっている以上仕方の無いこと。
キャブリセッティングをするなら別だけれど、私はキャブをいじれません。

プラグコードは外れかかってました。
これが勝手に外れることで今までも何回か止まってますから・・カチッと閉めました。

ふとマフラーを見ると遮熱版を止めてるボルトが1本、浮いてる?
いや、遮熱版のボルトがある部分が穴開いてた。
大きめのワッシャーを楕円形に曲げてねじ込みました。

ギヤオイルも、灰色か?って色に変化していたので交換。
その際、余ってたマイクロロンの添加剤を少しオイルに混ぜてみた。
何かの効果を期待してたわけじゃなく、余ってたから。

さて駆動系。
えらくベタベタするんです。駆動系ケースからキャブ近辺。
しかもややガソリン臭い。
・・・多分、駆動系にある余計(に見えた)なカバーを取っ払い、駆動系の冷却を図ったつもりが、逆にその熱で駆動系近辺を熱してキャブやガスケット等を溶かしたのかなぁ、と思います。
なので余計に見えるカバーはまた付けました。
でも、本当はここは排熱してやらないと、駆動系自体が熱ダレするんだよ。
拝熱方法をまた考えないと。

駆動系の中はなんてことなし。
ハイプリを入れてからのウェイトローラーはきれいに擦れてます。

後は足りなくなってるオイルを補充(またマイクロロンをちょっと混ぜた)して。

それで試しにエンジンをかけたんです。
・・まだ異音がするけどどこだろ・・と手をかざしてると、衝撃の事実が!

エキマニ付近から、排気漏れしてやがる・・
エキマニボルトを増し締めしても効果なし。
こりゃぁ、今度リヤタイヤを変えるときにはマフラーガスケットを新調して、正確にマフラーを取り付けてもらわないと!

ガタガタ鳴ってたサイドミラーもきちんと取り付け直し、今日は終了。

次のオーナーにはこの整備簿を見て参考にするように言ってありますから、じっくり見てくださいな。
コメント