整備簿

愛車の点検・整備の記録を、気が向いたときにアップします。

東京モーターショー2019 超小型モビリティ

2019年10月23日 22時11分41秒 | 整備簿
明日から始まりますね。

私は見に行けませんが、モーターショーの中のイベント、「future expo」に注目しています。

と言うのも超小型モビリティと言うのをだいぶ前から注目していたからです。


時は遡り7年程前。
「i-miev」や「リーフ」が出だした頃。
本体価格が400万円クラスでとても手の届く話ではありませんでした。
そんな時とある月刊誌で見つけたのが「タケオカ自動車工芸」の「ミリュー」です。

環境負荷を考えるなら、原付4輪クラスのEV,これこそベストな形だろう!
と感じました。
それから様々なEVを調べていくのです。

タケオカのミリューRやT-10、光岡のコンボイ88やMC-1EV、
トヨタ車体のコムス(初代から)、韓国製の小型EV(近所で販売してたけど失念、軽自動車より少し大きく白ナンバー)、イタリアから来たジラソーレ、スーパーセブンの原付4輪バージョンみたいな物。

試乗したことがあるEV(レンジエクステンダーEVを含む)はi-miev、リーフ(初代、2代目)、コムス(2代目)、ジラソーレ、BMW i3(レンジエクステンダーモデル)、日産モビリティコンセプト、三菱アウトランダーPHEV。

その中でも特に乗りたいEVはトヨタのi-roadです。

2013年のモーターショーは所用の途中で2時間だけ見に行けました。
S660のコンセプトモデル等はこのショーでデビュー、写真を取りに行ったら車を囲んだ人の輪が5重に出来ていてびっくり。
その写真を撮った直後、トヨタブースから出てきたのがi-roadです。

マジ釘付け(゜Д゜)

それ以来、いつ売るのかいつ乗れるのかずっと追っかけてきました。
「open road project」でドライバーを募集してたり、東京と愛知で条件付きで試乗出来たりしてたんですが。
余りにも地方民にはハードルが高く、代替案としてコムスをセブンイレブンで見る毎日……

今回のモーターショーで販売予定のモデルが展示されるので興味maxです。
i-roadも普通に売ってくれ。
その為なら個人資産全投入だって覚悟できるから。
i-roadベースでVtoH組むから。

トヨタさん、そろそろ売ってもいいと思いますよ。
充分走行データ持ってるだろうし。

あ、あとトヨタ以外ではマイクロスクーター社の「マイクロリーノ」が気になってます。
これも去年とある雑誌で確認済。
車体で150~160万円の予価だったのが、同社製電動キックボード同梱で140万円の予定、とお得になってる。
現代版イセッタ、走る冷蔵庫のコンセプトをキープしててすごく良い!

はよ市販してくれ、2021年まで待たなくていいから。

今回は趣味全開でお届けしました。
コメント

年金2000万円足りない問題で言いたい事

2019年06月24日 21時17分42秒 | Weblog
7年も経つと人の世間は広がる。
FPの資格を取った(まだ3級だけどねw)、私の考えを述べる。

「年金100年安心」は、「年金制度、が100年持つ」という意味。
老後年金だけで死ぬまで面倒見てもらおう、などと言ってる人は…色々甘い。

年金制度の詳しい話は他に譲るとして、今の老人(60代以上)が日本の資産の8割以上持っている事は知っているだろうか?

現金、有価証券、不動産etc。
その中には若い人の世代の「親」がいるんだよね。
だったら、一緒に住めばいいじゃないのさ。

核家族や一人暮らしが増え、人口の偏りが大きいのが今の日本。
その世帯ごとに掛かる負担を減らすなら。
他人とのシェアもしかり、だが、戦後までの様に「3世代同居の大家族」やったらどうなん?
核家族化が始まったのは高度経済成長期からで、人口ボーナスが付いてきたからできた話。
もうとうに終わってるよ、そんな時代。


食費、光熱費、あるいは塾や保育費。
大家族で役割分担しながら暮らすならわざわざ出費しなくても最初は助けられるでしょう?

で、親を扶養するなり、親から相続するなりの話をしておけば金銭的にはそんなに困らないでしょう?
扶養も相続も、国が大甘で計算してやるよ、って仕組みがあるんだから。

まあ都心じゃ難しい話なので、人工減少中の地方都市に一家揃って引っ越せるなら…将来の不安も減ると思うよ。
そこも国が補助出してんだし。

まとめ。

分からないから不安なんだよ!
グチる前に調べなさい。以上。
コメント

7年が…過ぎた。

2019年06月24日 10時40分09秒 | Weblog
テストです。
復活の狼煙?
コメント

プリウスPHV 10days試乗モニター キャンペーン

2012年05月23日 12時06分36秒 | Weblog
突然の1年ぶりの更新でなんですが。

試乗キャンペーンの申し込みをしてみました。
http://toyota.jp/priusphv/try_10days/

実は私、東京のメガウェブにて1度試乗したことがあるんです。
わずかな時間でしたが、スポーツカーとは違った意味で楽しい車です。
バッテリーの残りを増やすための運転、病み付きになりますよ。

私現在、通勤にシエンタを使っているんですが、そこそこ燃費のいい走り方をマスターしたので
これがプリウスに反映されたらどんな結果になるんだろう、と・・

当選する前から妄想してやがるw

まぁ惜しむらくは、町中にあふれている普通のプリウスと見かけが一緒なのががっくりですね。
給油口が2つあるのをアピールするのも難しいし。


後は、天命を待つか。



1年間の空白の中の話はおいおい・・。
結構大変だったのよ・・
コメント

増大くん投入(MAX V3) 写真その4

2011年03月06日 20時35分12秒 | 整備簿
コメント

増大くん投入(MAX V3) 写真その3

2011年03月06日 20時34分46秒 | 整備簿
コメント

増大くん投入(MAX V3) 写真その2

2011年03月06日 20時34分21秒 | 整備簿
コメント

増大くん投入(MAX V3)

2011年03月06日 20時18分04秒 | 整備簿
さぁ、ガソリンが高騰してまいりました・・
物価高騰の嵐、給料はこれにまったくついていけず!!

いやな実況ww

で、一時手をつけてなかった燃費向上策を考えないと、と思うようになりました。
ただ、やっぱり投資できる金額も限りがあります。

ので、リーズナブルな所から行こう、と考え、前々から目をつけていたアイテムを
試してみることにしました。
それも3台!

ブログで紹介しているタントカスタム、カブ、それともう1台がシエンタ。

増大くんというアイテムを試してみることにしました。

まぁ、今日の時点では時間が足りなくて、、カブにはまだ取り付けていません。

エアクリーナーボックスに取り付けて、吸気をマイナスイオン化するそうです。
取付後、エンジンをかけて待ってみると、宣伝どおりの水滴が出てきた!

まだ走ってはいないので、カブのことと含めて後日をお楽しみに。

写真はシエンタの取付前後、タントの取付後とエアクリーナー2次側です。
コメント

【スーパーカブ100】パーツインプレ 

2011年03月06日 19時49分56秒 | 整備簿
タイヤのインプレをしてませんでした。

結論から言うと、かなりアリです。
ドライグリップはまぁまぁですが、不満はありません。

特筆するのはウェットグリップ。
今までのバイク暦の中で一番安定感のある走りをします。
ほとんどドライと同じような走行が出来ます。

トータルで言うとコストパフォーマンスは十分に良い、と言えます。
まぁ、直販で送料をサービスしてもらえれば一番良いのですが。
手数料がかかりすぎなんですな。

あと、最悪だったのがフォグランプ。
フロントの籠の下につけて走ったのですが、直ぐに点かなくなったんです。
ほんの1週間くらいで駄目になりました。

振動センサーをたたいてみても無反応・・
バッテリーへの結線は問題ありませんでした。

ばらしました。
もう保証があっても、また同じように壊れるんだろう、と言う気持ち。
そして、夜が早く来る冬の時期、壊れたランプをのんびり修理してもらう
前に自分で何とかしたい、と言う気持ち。

何より、ガソリン高騰の時代にバイクを使いたい気持ちと以前述べたカブの立場、
それにこんなに直ぐに使えなくなるだろう、と普通は考える気持ち。

全部計画が飛んでしまいました。
しかも原因はやっぱり分からず、結局取り外す羽目に。

おかげで1ヶ月、バイクを使えない通勤をすることになりました。

人生上、あんなに直ぐに壊れた品物を、他に思い出すことが出来ません。

まぁ、3月にもなれば通勤には不便がありませんので。。
コメント

【スーパーカブ100】タイヤ交換とカブの立場

2010年11月16日 19時54分45秒 | 整備簿
だいぶ更新していませんでした。
が、

何も変えてなかったんですよ、この間。

ただ、もうタイヤが交換時期に来ていたので、予告どおりの交換をしました。

ベトナムヨコハマのSPPEDLINE F500、R500というタイヤです。

写真等はアウスタさんで確認してください。
ただ、SPPEDLINEのラインアップの中で一番スポーティだったので選びました。

タイヤの代金、それと一緒にチューブを2本、送料と代引き手数料で6750円でした。

チューブは買わなくてもよさそうだったのですが、もし自分で作業することになればチューブを駄目にしてしまいそうだったのと、
タイヤを1サイズずつ大きくしているのでチューブも合わせよう、と思ったので・・。

で、到着して。

タイヤ、硬いよ・・無理しそうだなぁ・・。

と判断して、いつものバイク屋に持って行くことにしました。
とは言っても、なかなか忙しくてタイヤだけ持っていく機会がないので、カブにくくりつけて通勤、その帰りに作業してもらうことにしました。

上のような感じ。
「何を積んでるんだ?」
「ピンクのドーナツに見えたw」
とか言われましたがねぇ・・

仕事帰り、タイヤを交換してもらいました。
交換工賃、5000円なり。
普通のタイヤをバイク屋で発注すればもうちょい安くなったかもです・・

少し走ったのでプレビューを。
タイヤの能力としては、可もなく不可もなく。
すべる感じでもなく、グリップ重視のコンパウンドがあるわけでもなく。
ただ、タイヤのサイズを上げたので加速が鈍くなり、その分高速に余裕が出来ました。

もともと履いていたのは中古で購入していたときから付いていた純正のタイヤ。
それもだいぶ使い古して四角くなったタイヤ。
それから交換するのですから・・良くなって当たり前か。

ただ、注意として。
リヤタイヤは、リヤのロッドに少し干渉しています。
80/90-17を履く際はロッドの小加工が必要になるかもしれません。

同時にオイル交換もしました。
今回は冬場と言うこともあり、前回のクラブマン用ではなくビート用の残り(5w-30)を入れました。
若干オイルがやわらかくなった分、クラッチが少し滑っているような感じがありますね。
添加剤を入れたときよりはずっとましですが。

さて、フォグランプを注文しました。

2万円以上送料無料!!サンテカデイライトフォグ DF-401W ホワイト (1灯・8Wタイプ)

何故か?
それはカブの存在を知らしめるためです。

街中を走っていると、車や他のバイクにやたらと突っ込まれます。
普通のタイミングなら入ってこないだろう距離でも、カブが相手だと入ってくるんですよね。
実際、それで何度も事故手前まで行きました。

人生の半分以上バイクに乗っていますが、今までで一番命の危険を感じています。

皆さん、カブを・・なめてるんですよね。
でも言っておきます。
カブは・・急には止まれないんだよ!
ブレーキが前後ドラムで制動力が弱いから。
なのに突っ込んでくるなよ!
家族いるんだから俺だって。

ハイ、要は自分の命を守るため、ライトを追加しよう、と言うわけです。
確かにヘッドライトもあるんですが、前にかごをつけて荷物を載せていると、それも少しライトの邪魔をしていることがあります、
そこは十分対策をしているんですが、やっぱり命の危険を感じるので取り付けます。

有効な手段になることを・・・


コメント

【スーパーカブ100(タイカブ)】スーパーカブ100カスタムは本当にスーパーカブカスタムなのか?

2010年06月03日 22時42分29秒 | 整備簿
タイトル長っw

シングルシートのタイカブに、どうしても2人と箱をつけて走るニーズがあるもので、思い切ってやってみました、ダブルシート化。

下調べでいろいろなカブを調査。
その結果、シートヒンジが共用なことと、「カスタム」の名前を信じる、というたったそれだけの理由で発注した私です。
で、ダブルシートが欠品だったため、受注生産の形になり、到着まで1ヶ月以上待たされて・・今日に至ります。

東京堂さんのダブルシート。

よく見ると、シートキャッチがついてるんです。
HPではそんなの見えません。
だからてっきり、純正と同じでどこかに吸盤でくっつけるんだろう、と安心していたのですが・・

聞いてないよ全く。

でまず、純正のヒンジと比べます。

やっぱりボルト間の距離は一緒。
ただ、ヒンジ部分のカラーのせいで純正のボルトでは届かなかったので、同サイズの少し長いボルトに変更しています。

そして閉めてみる。

やっぱりこんなのは無理だ、って分かってたけどw

ハイ進みます。

でかいリアキャリアとその下にカバーがあるので、共に外します。
あわよくば、一部切り取ってでも付け直そうかな、と思っていたのですが。


今度はシートキャッチも邪魔をしてるのが分かります。
こりゃぁ外装をつけるつもりなら大掛かりになるなぁ。

まぁでもとりあえずサイドカバーまで外さないと作業が進まないから、外して。

シートキャッチの受け側と、ダブルシート用のキャリアをあてがってみる。



リヤサス、遠い・・。
共締めできないよぉ・・。

この時点で、カスタムの名前は国境の違いという理由で信用を失いましたw
やっぱり合わないんだ・・と一時やる気がなくなりました。
溶接ができる設備も無し、ここで知恵を絞る・・。


もうとりあえず、ステーを使ってリヤサス取り付け部と共締め部をつなげないと。
と考えてホームセンターへ。
金物コーナーをよくよく観察していると・・

これならまぁ合いそうだ。

・リヤサス取り付け部のボルトは10Φ。それよりやや大きめの穴が開いていること。
・リヤサス取り付け部のボルトとキャリアの共締め部まではおよそ2CM届いていない。ボルトを2本使用すると、穴と穴の間は1CMちょっと開いているのが理想。
・継ぎ足すってのは当然、溶接に比べて弱いんだから、ステーを共締め部をつなげるナットは強力なゆるみ止めナットを使用する。


そして出来上がったのが、これ!

がっちりつきました!
どうしてキャリアからサス取り付け部までまっすぐつながってないかというと。
ずーっと後ろに行ってキャリア部分、リアウインカーと干渉しているんですよ、まっすぐ取り付けると。
なので、キャリア部分を持ち上げる必要があり、そうすると友締め部は下向きになってしまうんです。
ちなみに、シートキャッチの受け部分も同じようにリアサスに共締めする構造で、やっぱり届いていないんですが、シートキャッチ部分のナットをしっかり締めたら受け部分は動かなくなったのでそのままにしています。

こうしてキャリアにリヤボックスのベースを取り付け、Wシートが出来上がりました。

改めてみると、後ろ半分がカブの格好じゃなくなってきてるねw

おいおい、各種カバーはどうしたんだって?

スカチューンになっちゃいましたw
というか、万一純正状態に戻す際には再び着けられるでしょ。
素人がカスタムをする際は、元に戻せるカスタムが一番なんですよ。

それに、もともとサイドカバーの部分にはバッグがあるんです。
再び取り付けた写真がこちら!

あんまり違和感なし。

順調に進んだのでついでにエアクリを見てみよう、と思ってました。
すごく取りにくいんですね。
やっとエアクリカバーを取り外してみると、そこには・・

大穴の開いたエアクリーナーが!

なにぃ!直キャブじゃないか!

駄目じゃん!

ということで、まぁもとから用意してあった汎用のデイトナターボフィルターを、カットして入れました。

初めてエアクリボックスをまじまじと見て。

あぁ、これなら燃費改善のために計画している○○くんが付けられるなぁ・・

と次の一手を考えることでした。

スーパーカブ100については、本当に情報量が少ない。
今回の感想も「やっぱり名前だけで判断するのは厳しい」というものです。
でもまぁ、マイナー車の宿命でもありますし、今回のように切った張ったをすることも無く出来る事もままあると思います。
快適な愛車に仕上げるために、まだまだ頑張ります。



コメント

【スーパーカブ100(タイカブ)】 現状報告

2010年05月12日 21時59分59秒 | 整備簿
えぇ、カブに買い換えておおよそ1ヶ月経ちました。

走行距離約19700キロ。
スーパーカブ100カスタム HA06になります。

本日までで約700キロくらい走破しています。
簡単なインプレとして、逆シフトは辛いですね。
クラブマンなどのシフトの逆になっているのは、無意識にシフトしたときにバックトルクでホイールがロックしてしまうのです。
実際危ないので、シフトするときに「逆シフト!」とつぶやきながらシフトしてます(w
最高速は実測95キロ。そこまで出すとフロントが暴れます。

いろんなところをいじりたくなりますな。
不便だったり危なかったりするからです。

さて、現在までに手を入れた箇所を紹介します。
・フロントキャリアに自転車用の後ろカゴを装着
・リヤに工具や合羽を入れたバッグを振り分けて装着
・ヘッドライトが早速壊れたので・・バルブを交換
・ステップをアルミ製に交換(シフト・ブレーキ・ホールド性の向上のため)
・オイルに添加剤を投入(余っていたパワーブースター)
・イリジウムプラグへ交換

現在、片道約30キロの通勤を3往復するようにチューンするのが目標です。
また、追って報告します。
コメント

バイク・・買い換えます。

2010年04月07日 21時16分52秒 | 整備簿
なかなか更新できません・・?が。

タイトルの通り、クラブマンを買い換えることになりました。
理由は、維持費。

一般のライダーからすれば、これでも維持費はあんまりかかっていない感じなのですが、
そこはほら、世の中不景気だしねぇ。
ファミリーバイク特約や、整備維持費の削減、燃費の向上を狙って、原付にすることに。

片道30キロの通勤をこなすには50CCでは役不足なので、100CCのカブを買うことにしました。

今日、そのカブが届いた、というので見に行って、ナンバーを取るための書類をもらってきました。
ナンバーと、クラブマンを持って、カブの納車ができるのは・・週末ごろになりそうです。


さて、宣言します。
このGOOのブログは、これから純粋に整備簿として機能させるつもりです。
楽天ブログのほうは商品紹介を含めて、思ったことを書いていく方向にしたい、と思っています。
コメント

不安です・・

2009年08月30日 20時37分36秒 | Weblog
どうも。

突然書くには理由がありまして。
決して皆様に申し訳なく思ったから書いている、というわけではありませんw

小ネタを書くにはいろいろあったんですが、やっぱり億劫になっている部分もありますよねぇ。
そんな中、書いているかというと。

今この投稿をしている時点で、なぜ衆議員選挙の開票があるからです。
出口集計の結果を見て、愕然としたからです。

さて、私は特定の政党を支持するつもりはありません。
また、差別するつもりもありません。

ですが今回、民主党が「政権交代」を連呼しているのには感心しませんでした。
なぜなら、「じゃぁ交代したら何すんのん?」って答えを言わないからですよ。

それは今までの自民党もおんなじ感じでしたけど。

で、聞くところによると、民主党には昔からひそかに唱えている裏マニフェストなるものがあるじゃないですか。

インターネットでこのページを見ている皆さんには、直ぐにでも検索してもらいたいんですが。

裏マニフェストを知ってしまうと、「国民の生活が第一」なんて、何国民の話をしてるんだよ、この政党は、と考えてしまいます。

なので今回は民主党に入れなかったのですが。
大多数の方々がその政党を支持する票を入れたようで、と出口調査の結果が語っています。

これからの未来が非常に不安です。
金の出所すら言葉を濁す、あんな方々の政治が始まるかと思うと・・非常に不安です。
コメント

【クラブマン】リフレッシュ

2009年05月27日 21時18分27秒 | 整備簿
久方ぶりの更新です。
書き込むことが無かった・・わけではないんですが。

全部を一気に書いても1回の更新にしかならないので、小出しにw

今日はクラブマンのお話。

まっすぐ走るのも怪しくなってきたので、タイヤの交換をすることに。
自宅でオイルを交換し、バイク屋ではタイヤと自賠責保険の更新(3年)。

1年3ヶ月で交換(以前のログより)とは、タイヤの消耗が早いのか、距離が伸びすぎなのか?

今回変えたタイヤはGT501。
これは昔CBRに乗っていた頃にもはいたことがあるタイヤ。

あの頃はハイグリップタイヤを買いたくて、でも金が無くて仕方なく選んだタイヤでした。
グリップの低下に、少々がっかりしたことを覚えています。
今回は、持ちを考えて選びました。

インプレできるほど走ってはいませんが、交換前と比べるとびっくりするほどコーナリングが鋭い。

これは、交換前のタイヤと交換後でのタイヤのR(クラウン)がだいぶ違うことからだろう、と勝手に考えました。

危うく転びそうになるほどでしたが、今までが寝なくなったタイヤでコーナリングするためのフォームをあえて使っていただけなので、しばらくはタイヤ任せで走ろうと思います。
コメント