大学受験の思い出

大学受験の思い出に関する投稿です。

私の大学受験体験

2020-07-07 08:48:54 | 大学受験
(2020/7/7)

家庭の事情でなるべく学費の低い大学に行きたかった私は、中堅の国立文系大学を目指し、無事に合格しました。

予備校に通うお金も節約したかったので浪人もなるべくしたくありませんでした。

なので、受験勉強を始める前からの偏差値で無理せず行ける大学を探して、確実に行けるような大学を第1志望校にしました。

行くならばなるべく偏差値が高いところの方がいいなと思うこともありましたが、合格して大学生活を送る今はあまり偏差値を気にすることもありません。

入学後も偏差値云々を気にするのは塾講師や家庭教師くらいなものです。

国立大学はセンター試験と大学ごとで行う個別試験の成績で合否が決まります。

大学によってその比率の高さが違い、一般にレベルが上の大学になるほど個別試験の比率が高くなります。

センター試験は良く知られているとおりマーク式で、マークならではの問題がでます。

教科書準拠の問題が中心ですが、時折ひねったもの出ます。

私の場合、センター対策は高校三年生から始めました。

授業で習った知識の復習や、出やすいポイントのチェックなどが中心で、勉強する上での目標が立てやすかった印象があります。

ただ国語と英語の問題が厄介で、出題文を読むスピードや問題形式に慣れていないと点数と取るのに苦労します。

社会は特に歴史が好きだったので、歴史は高得点を取ることができたのですが。

試験は各大学ごと、各学部学科ごとに出題傾向が異なります。

そもそも受ける教科そのものが違います。

論述式の問題もあれば、マーク式の問題もあり、面接や小論文が必要なところもあるので、志望する大学に向けた受験勉強が必要となります。

志望校を早めに決めることが大切だと言われますが、こういった出題形式に応じた勉強を早めに進めるためなのです。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20


コメント   この記事についてブログを書く
« 3カ月間のすごい集中受験 | トップ | 過去問のすすめ~センター入... »

コメントを投稿

大学受験」カテゴリの最新記事