ビロウな話で恐縮です日記

日常の隙間を埋める試み
と仕事情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

それぞれの作法

2013年01月24日 22時30分03秒 | 日常
近所に住む父が、仕事帰りに火宅二号へ立ち寄り、
「しをん! お父さんはさっき、大変なものを目撃した!」
と興奮気味に言う。
私はパソコンに向かい、ネットのブロック落下型無料ゲームに勤しんでいたので、「ああん?」ときわめて上の空で応対したところ、
「なにやらお忙しい様子なのに恐縮だが(←いやみっぽい父である)、真剣に聞いてほしいっ」
と、私の体を揺さぶってこんばかりの勢いだ。しかたなく、「なによ」と父に向き直る。
「お父さんはさきほど、電車に乗って自宅の最寄り駅に着いた。しかし、『これは、駅から自宅まで歩くあいだ、我慢できないかもしれないな』という程度の尿意を覚えていたので、駅のトイレに立ち寄った」
「賢明な判断だね」
「すると、隣の小便器に中年男性が立った。その男性はおしっこを終えると、ぶるぶると腰を振るってから……、なんと! 鞄から取りだしたハンカチで、チン○をごしごしと拭きだしたんだよ!」
「なんでそんなに隣のひとの動向を見てるのよ!」
「だって気になるじゃないか。おまえは女性だからピンとこないのかもしれないけれど、男はふつう、おしっこしたあとにチン○を拭いたりしないんだ! チン○はそのままパンツにしまうものなんだよ! 長年生きてきて、小用後のチン○をハンカチで拭く男なんて、お父さんはじめて見た! そりゃあ、じっくり見てしまうというものだ!」
「……」
「男性はごしごしごしごしチン○を拭いて……。ああ、なんということだろう! ハンカチをそのまま鞄に戻したっ」
「…………」
「この出来事から、お父さんは改めて、『世のなかにはいろいろなひとがいる』ということを実感した」
じゃっ、と言って、父は本宅へ帰っていった。
そんな報告はしにこなくていいから、さっさと直帰せよ。
この記事についてブログを書く
« 答え | トップ | 掲載誌など(2012年10... »

日常」カテゴリの最新記事