黒ラブのいる生活

らびぃH29年12月29日永眠
らびぃの生きた証としてタイトルはそのまま残し 
日常を備忘録として書き留めています

台風7号

2018年07月04日 | 沈下橋

大型の台風ってことでコースは逸れてるけど少しぐらいは

影響あるかなと思っていましたが まったくなし

2日の晩から3日の夕方まで雨は結構降ってたけど台風って感じの雨ではなかった

風は何度か吹いたけどちょとだけ

結局3日も大丈夫だろうと雨戸も閉めず簾も外さなかった

4日起きたら簾の1枚だけがひさしの上に上がっていただけ

宇和島はそれほどでもないけどと思いながら高知のライブカメラを見ると四万十川の水位が上がってる

四万十の上流は結構降ってたみたい

てことで行ってみました

長生(ながおい)沈下橋

越流し過ぎて橋がどこにあるかわからない

こうなると越流じゃなくて潜水だね(笑)

取りあえず降りてみる

橋の上1mぐらい超えてるのかも

正面に見えるのが対岸の道路

橋の上流側で水が盛り上がって下流側で波立つ

越流写真撮るの結構タイミングが難しい

水位が低いと当然越流しないし水位が高すぎると橋が見えない

見たいのはこれくらいかな

もう少し増えてくれると迫力出る

時間があったらある程度の水位になったらずっと待ってるといい写真が撮れるんだけど

なかなか時間がかかります

長生より一つ上流の半家沈下橋

ここもダメだった

昨日は相当水位が高かった模様

今は立派な抜水橋があるから生活に支障はないけど昔は大変だったろうね

ここも諦めて今度は下流に走る

四万十川で一番有名な岩間の沈下橋

ここも全く見えません

去年も同じこと思ったけどなんで越流すると釣り人が増えるの?

ここだけじゃないんです あちこちで竿だしてる

増水すると釣れるのかな?不思議です

そのうち死人が出そう

四万十上流は相当降ったってことでしょう諦めました

屋形船沈まないといいけどね

屋形船の乗り場に今まで見たことのないものがあった

この前橋脚が沈下して橋桁が落ちかけて撤去したものの一部を展示してる

ベンチとして再利用ですね

四万十川は水位が高すぎてダメだったけど

宇和島側はあまり降ってなかったのでひょっとしたらってことで広見川へ

金毘羅沈下橋

浸かってました

越流した時の水の流れがよくわかりますね

ここは以前らびぃと来た時丁度いい水位になった時撮ってました

らびぃ怖がらないけど竹を超えると多分流されてしまいます

最後は金毘羅橋より上流 愛媛県側にある葛川沈下橋

ここは橋桁が流されたままずっと放置されてる場所

いい感じで越流してました

これだけの水を受け止めるんだから橋桁ももたないよね

最後に一つ見えたからよかった

今度はちょうどいい時に当たるといいな

 

 

 

 

 

 

コメント (14)   この記事についてブログを書く
« 維新の門 | トップ | 大丈夫です »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (solo_pin)
2018-07-05 08:10:47
おはようございます。

沈下橋って、あちこちにあるんですね。
橋が沈むと怖いなーって思いますが
沈むのは川の増水のせいなのに
釣りしちゃうんですねー(笑)。
笑い事じゃないですけれど。
ベルさまも、お気をつけ下さいな。
おはようさん。こちら、曇りです。 (ゆうこ)
2018-07-05 10:30:04
 雄大な自然の写真、ありがとうです。

 一つ前のエントリ「維新の門」も力強い気分に浸れました。雨で、しっとりした風情の中、落ち着いて勤王の獅子の銅像が拝見できました。「罪名 骨折壱年」、量刑(?)、よく考えられましたね(笑)

「台風7号」
>増水すると釣れるのかな?
>そのうち死人が出そう
>屋形船沈まないといいけどね
>屋形船の乗り場に今まで見たことのないものがあった
 逞しい自然のなか、人々は自然と共に生きていますね。好いお写真ばかり、楽しく拝見しました。
 ところで、「豆台風」君たち・・・一番小さい豆君、どんどん成長していらっしゃるだろうなぁ。大型台風になるのも、あっという間ですよ。
>らびぃ怖がらないけど竹を超えると多分流されてしまいます
 らびぃちゃん、2012年ですね。
 なぜか(※)昨日、散歩していて、らびぃさんのこと、思い出していました。結婚式に盛装してロードを歩いてましたね。可愛くて、すてきでした。そういうことを提案したベルさんたちも、すてき。らびぃさん、ベルさん家族の一員になってからの一日一日、毎日が幸せでしたね。(※ 公園では、ワンに散歩させる人が多いからかな。くろるるも必ず見かけますね)
 https://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/e4ec7a97575c8e49310df165205b8f08
マリア (KG)
2018-07-05 10:32:56
確かに 四万十の上は 降ったろち
今回のシケは、山間部に 集中したみたいやねぇ
とうぜん、浜側も ずうっと 雨ぜよ
日が 差いたと 思うたら、すんぐに 雨
今も けっこう 降りゆうし、沖は ドンドン 言いゆちや

それどころか、こんどら 『マリア』さんじゃと
沖縄へ 直撃みたいなけんど その後よねぇ
こんことを 祈るしかないちや。
solo_pinさんへ (ベル)
2018-07-05 11:16:33
沈下橋どれくらいあるのかな?
四万十川周辺も含めて100橋ぐらいは探しました 2年ぐらいかかりましたね
仁淀川や吉野川周辺も含めるとかなりあると思います
川が濁るとアユが苔を食べれないから釣れる
みたいな話を聞いたことがあるんですけど
命がけですよ
足元すくわれて流されると太平洋まで流れていきそうです
ゆうこさんへ (ベル)
2018-07-05 11:41:01
こちら雨続きでなかなか思うように外出できなくてくすぶってます
先日は思った以上に水位が上がっていたので
もしかしたらと行ってみましたが予想以上に水位が上がってました
四万十川はもともと支流が多く降り始めると
本流の四万十川に全部集まるので凄い水量になってしまいます
そのため橋脚の高さが異常に高いんです
今の技術なら簡単に作れるんでしょうけど
昔はあの高さの橋を造るのが大変だったので沈下橋を作っていたのでしょうね
自然に逆らわないで雨が降ったら沈めましょう 今なら絶対雨が降っても支障の無いもの作りますね

太陽君元気過ぎて追いかけるのがしんどくなってきてますよ 
家の中這いずり回ってますのでもうすぐ歩き
出すんじゃないかと思います
らびぃは仕事以外の時間はほとんど私と一緒にいたので居なくなった喪失感は大きいです
今こうしてあちこち撮り歩いてますけど
ほとんどらびぃと一緒に行った場所
あの時はこうだったって思い出されます
忘れるよりも自然と思い出すものは封印しないで出していこうと思ってますので
ちょくちょくらびぃの写真が入ったHDDを立ち上げて探してます
佐藤愛子さんの記事以前見たときも感じたのですけど犬の幸せって飼い主さんと一緒にいられることが最高なんでしょうね
人と違ってほかの人みたいに贅沢したいとか御金欲しいとかどこ行きたいって思わないですものね
飼い主さんと一緒にいて喜んでもらえることが幸せなんだと感じてます
KGさんへ (ベル)
2018-07-05 11:47:12
よく降りますね
宇和島は降ることは降ったんですけど
あそこまで四万十が増水してるとは思いませんでした
昨日晴れ間が見えてるのに水が引いてなかったので
よっぽど上流は降ったんだなと感じましたね
この数年宇和島はよいよ住みやすいとこになってる
台風きても風吹かんし雨もそれほど降らん
ここまでいいことばかりだとどこかで反動がきそう でっかい地震来ないといいけどね
水温高くて台風いっぱいできそうだから
今年はかなりの数とこれまでにない大きな台風来る可能性大 流されんように準備しとかんと大変ですよ
Unknown (ピィ)
2018-07-06 19:51:52
すごい水量です。
京都も今日は、えらい事になってますよ。
台風は去ったというのに、どうなってるんでしょうね。
ピィーさんへ (ベル)
2018-07-06 21:16:39
京都も凄いことになってますね
渡月橋の映像何度も出てます
テレビは警報と避難場所のテロップが
ずっと流れてる学校も休みJRも運休
これ何の影響なんでしょうね?
四万十の写真は台風が去った翌日で水位下がったつもりで行ったのにまだこれだけ
あったので四万十上流は凄い雨だったんだなと思っていましたが
今はそれ以上になってそうです
皆さん被害が無いといいですね
心配してます (どんぐり)
2018-07-07 06:03:05
ベルさん、おはようございます。
各地で記録的な豪雨の被害が報告されてます。
ベルさん地方も、かなりの豪雨になってますが大丈夫ですか?
KGさんやお友達の皆様も大丈夫ですか?
今日も豪雨が予想されてます。
御家族皆さま、どうぞくれぐれもお気を付け下さい。
大丈夫! (KG)
2018-07-07 06:43:08
どんぐりさん おはようございます
家んくは だいじょうぶぜよ
海抜 9mで 周りが 砂、雨は 関係無いきよ
確かに 昨夜の 11:00に 拡声器で
避難勧告が 出たけんどよ
'98 高知豪雨を 経験した者は
3日で 1000㎜ばあの雨 こたないちや
その時は 1時間で 100㎜ オーバーが
各地で あったのがよ
メディアでは 大げさに 言いゆけんど
皆、わかっちゅうと 思うぜ
ほんで、どんぐりさん あんぜるに よばなあよ
ありがとうぜよ!

コメントを投稿

沈下橋」カテゴリの最新記事