NONE cafe 軽井沢

2018年春軽井沢に移住しCAFEをオープン。店名の由来は、故郷が高知県安芸郡東洋町野根(のね)だから!(^^)!

親子で楽しむ恒例タケノコ掘り開催

2014年04月29日 | Weblog
今日は、5組の親子参加予定が雨で中止

今年は、先週の土曜日と今日の2回親子で楽しむ筍掘りを予定
先週の土曜日はいい天気

この時も5組の親子が参加
たくさんの子供たちが参加してくれた



場所は朝採り市場近くの農家の竹薮
毎年開催して8年目になる

近くだから朝採り市場に集合して歩いて竹藪に行く
竹薮に入る前の注意勧告



筍を掘るホリという鉄棒は重くて危ない
取り扱いを間違えば大怪我をする

農家の説明も慣れたもの
説明後は竹薮で一緒になって堀り方を指導



この時期筍は大人気
連日たくさんのお客さんが来店される

何度食べても飽きがこない
本当にこの季節最高の野菜だ





そんな筍掘りが体験できて、掘った筍は全部持って帰れる
いい企画だ

子供たちに、生涯の思い出と親子の絆を深める体験になれば最高
夢中で掘る子供たちの目は輝いている



1日だけでも開催できて本当に良かった\(^^@)/

朝採り市場
コメント

苦しかった剣豪と忍者の里マラニック45km

2014年04月27日 | Weblog
ここは上野市の上野公園
美しい上野城と忍者の町

今日はこの公園で伊賀上野忍者祭りが開かれていて忍者がいっぱい
可愛い子供忍者もゾロゾロ・・



そんな観光客で湧き上がっている上野市に伊賀の湯がある
この温泉にゆっくり浸り、カレーライスに生ビール



この生ビールが乾ききった体の隅々に流れていく
旨い~

長く辛かった旅の終わりの一杯
今日の午後の気温は22度
吹き出る汗と引きずるように駆け抜けた自分への褒美だ

午前8時45分
近鉄奈良駅スタート
参加者255人





長く辛い旅の始まり

剣豪と忍者の里マラニック45km

最初の難関柳生街道滝阪の道(地獄谷)
奈良県「柳生の里」と奈良をつなぐのが柳生街道だ

鹿が生息する奈良公園





この奈良公園の春日大社裏山の原生林の谷間を東へ行くと、清流が流れる石畳のひなびた小道
これが滝坂道とも呼ばれる道で、旧柳生街道がここから始まる

かなりの急勾配



若き宮本武蔵も剣の修行の為この先の柳生の里を訪れ柳生道場で指南を受けている
彼ら幾多の剣豪が行き来した苔むした旧柳生街道を駆け抜ける



石畳の道に枯葉が滑りやすい
しかもスタートしてズッと登り

新緑に苔、枯葉
森の空気は旨い



首切り地蔵を超えて石切峠

峠茶屋を過ぎれば真っ青の空と里山



小さな集落を抜けて地面に書かれた矢印に沿って、東海自然歩道を走り目指すは柳生





狭いV字のようになった山道
一転この狭い道を下る
危ない



下りきると一般道
その脇道に逸れる矢印

その先は民家?
いつものように迷う

しかしこれだけの人数がいれば迷っても安心

赤信号みんなで渡れば怖くない



とにかく今回はいつも以上に道に迷うことが多い
柳生を目指す看板もあるにはあるが分かりにくい\(^^@)/

防衛手段は前を走るランナーから離れないこと
これに限る
私はゴールの温泉名も覚えていない





東海自然歩道は延々と続く
田畑のあぜ道を碁盤の目のように走ったり、民家を通り抜け山道を走ったり

風景は車窓のように移り変わる
永遠に続き終わりのない旅のようだ

水木古墳通過





山の中から広い田畑を横切って、また山突入
そんなコースを何度も繰り返す

間違った仲間に大声で注意勧告
とにかく連携せねば(*´∀`*)





もう何処をどう走っているのか?
全く分からない

いきなり未開の地に放り出されたようなもの

東西南北も分からず、着いたのは天石立神社の一刀石





約7m四方の巨石で、柳生石舟斎宗厳が、天狗だと思い一刀のもとに切り捨てたが、天狗はかき消え2つに割れた巨石が残ったという

お見事、この石見応えあり\(^^@)/

この天石立神社を下った所に柳生の里がある



奈良市の東北部に位置し自然豊かな里は、柳生新陰流で知られる柳生石舟斎が開いた剣豪の里
柳生石舟齋宗厳は徳川家康に無刀取りを披露し、徳川将軍家の兵法指南役として柳生藩1万石の大名になった息子の宗矩や柳生十兵衛、あだ討ちの荒木又右衛門など剣豪を輩出した山里だ

歴史を感じながらの宮本武蔵に成りきって走る、も腹が減ってきた
時間を見れば走り始めて2時間以上経過

腹減ったを連呼

この先に続く忍者道まぼろしの柳生殿様街道がある
誰も通らなくなり自然の山となった道
その道に向かってまだまだ突っ走る

その入口にエイド発見(*´∀`*)

ポカリスエットにオレンジ、チョコレート、サンドイッチにおにぎり



私はオレンジ3切、よもぎ餅に卵ランチパック



まだまだ食べたいが、ここでゆっくりしている訳にはいかない
まだ半分消化しただけだ

後20km以上あるのだ
早々にスタート

食後はこのまぼろしの柳生殿様街道に突入



まぼろしと言うだけあって道がない
木が倒れ道が崩れて尋常じゃない





途中で足を滑らせ転倒
左肘を強打出血

大したことはなく続行

何しろ前行く連中に付いていくだけで精一杯
前者は飛び跳ねるように下って行く

こいつらが忍者だ



この長い道なき道を下れば長閑な里山風景
木津川沿いに東海自然歩道



いつもならゆっくり川を眺めていたいのだが今日はそんな余裕などない
苦しい旅路だ

相楽発電所通過



日本の水力発電の発祥がこの辺らしい

既に3時間以上経過
ここらで栄養補給をしておこう



エネルギー切れになってからでは遅い

南大河原、北大河原を通過し島ヶ原の正月堂

ここのお寺「普門山・観菩提寺」は正月堂と称して国宝でもある
752年に奈良東大寺の実忠上人によって開創されたという由緒あるお寺

今日は昼間の気温22度



日差しが厳しくなってきた
空は晴れ渡り快晴



草花が咲き乱れて綺麗だ
この季節をそして自然を堪能しながら走る
里山の風景が美しい\(^^@)/



前々回走った時ゴールしたやぶっちゃの湯
もう疲れ果てこの温泉をゴールにしたい

時間はもう2時過ぎ

しかし無情にもその前を横切り上野城を目指す
ガックリ



またまた木津川に沿ってふれあい公園を走りその先に岩倉峡



たくさんの家族連れが川沿いで遊んでいる

この水路を超えれば上野市内
河川敷の菜の花が咲き乱れる先に上野城



菜の花の甘い香りいっぱい吸い込みながら走る

城は、まだまだ遥か向うに見える
その城が徐々に近づいてくる

疲れた、本当に疲れた
上野公園に突入
足が動かない



忍者がいっぱいの城を通り抜けて上野市内を走る、いや歩く、いや走る・・
もうダメだ

温泉マークをキョロキョロ探す
早く、1秒でも早く終わらせたい

ダメだ
あった

向うで手を振るスタッフ
苦しみながらもゴール





6時間15分

本当に疲れた
私は忍者にはなれないm(_ _)m



次回6月1日敵は本能寺にあり45km

朝採り市場
コメント

早朝の勝尾寺ラン新コース走る

2014年04月24日 | Weblog
いい天気だ
新緑は綺麗し眩しいほどだ~

週末は大会予定があるから走ろう

早朝6時
いつもの新御堂筋を横切り勝尾寺参道コース
山越え\(^^@)/



近隣の田畑は田植えの準備で耕かされている
田植えはもう直ぐ、1年て早いな~

冬の間はモノクロ世界
緑がなければ写真も絵にならん



新芽に草花
やっぱりこの時期の景色、匂い、生命の息吹を感じる



何度走っても汗が吹き出すキツイ登り
そして自然の驚異を感じる光景



根っこからなぎ倒されている
力と力の勝負だ


3分の2を過ぎたところに分岐点



真っ直ぐ行けば勝尾寺の山道
左に曲がれば未体験コース



未体験コースを選択

この道は、薄暗く気持ちがよろしくない
ゆっくり走るには不気味過ぎ



早くこのコースは脱出だ

何で薄気味悪いかと考えるに視界が広く薄暗いからだ
参道コースは空も見えるし自然なコースで、未体験コースは敢えて迂回をさせ不自然

何か狙われているような気がして全力疾走

その先は箕面亀岡線
ちょうど勝尾寺から下ってくる途中の道だ

ホッ(*´∀`*)

箕面公園に向かってゆっくり下る

この箕面公園は箕面駅から滝まで早朝散歩を楽しむ人たちが多い
ここまで来ると我が家に帰ったようなもの





新緑が綺麗で整備されている公園
安心(*´∀`*)

その公園内の途中五月山表示の看板
いつも気になっていたコースだがこの道を行けば五月山か?

今日は時間もあるし一兆このコースを行ってみるか
50mぐらい足を向けてみてフッと立ち止まる



・・・
・・・

サルが出てきそうだナ~

・・・
・・・

止めた




朝採り市場











コメント

豊崎神社で朝掘り筍販売と人形劇

2014年04月21日 | Weblog
良かった(*´∀`*)
数日前は雨予報
雨だと総崩れになるからな~

4月20日の日曜日午前10時

北区豊崎地区の豊崎神社で恒例ファーマーズ朝採りマーケット
今回はイベントに阪大生の「人形劇団せせくらせ」をお招きしている





優秀な学生に恥をかかせる訳にはいかない
何が何でも集客せねば
気合が入ったナ~

カラーのチラシ3000枚を作成し手配り
勿論ポスターやフェイスブック・・・





その甲斐あって朝一番から神社にたくさんの人々
長蛇の列に応援に入らねばレジが対応できない

そしてチョット遅れて農家の筍販売が始まった
朝掘り筍\(^^@)/



朝採り市場に参加している農家にお願いしました

朝採り市場

木津川の筍で朝早くから掘って神社に来て頂きましたm(__)m
ご苦労様です

そして11時から人形劇
早い時間から集まってくれました





椅子の追加も用意
新学期が始まったばかりで劇団にはまだ新入生はいない

卒業生はいないし新入生もいないこの時期に毎年お願いして今年で3回目
これまたm(__)m

演目は時計の妖精チックとタックとなぞなぞ好きな男の子の2本



いつも学生自身がストーリーを考え、人形も作る
歴史と伝統ある「人形劇団せせくらせ」なのだ\(^^@)/

たくさんの子供達

神社はこんな風景がよく似合う



次回も頑張ろう\(^^@)/
5月18日(日曜日)午前10時スタート

豊崎神社ファーマーズ朝採りマーケット
コメント

軽井沢一周ランと千ヶ滝ハイキング

2014年04月04日 | Weblog
やっと雪解けのようだ
今年の冬は98cmの積雪
その雪もやっと溶け新芽が出る春が来た



4月3日木曜日の早朝

寒さが緩むと走り出したくなる~\(^^@)/
自宅から南原の別荘地を真横に横切るコースを選択
ゆっくり景色を見ながら走り出した





昨夜の夕食、すき焼きにワインは旨かった(*´∀`*)
軽井沢に来る途中甲府市に寄り、町営「ぶどうの丘」でゲットした一升瓶の赤、白ワイン



ちょっと飲み過ぎで体が重いぞ
まぁゆっくり、ゆっくり行こう

別荘の広い敷地にテラスなど眺めながら・・
でもまだ誰も人の気配の無い早朝



シィ~ンと静まり返り、聞こえるのは野鳥の鳴き声と砂利を踏む音だけだ

その先にあるのはプリンス通り
道路隔ててその向うには、軽井沢プリンスホテルウエストの正門





そこからプリンスホテル敷地内に突入
凄いな~
ここは本当に凄い
広い敷地にホテルにコテージ、テニスコートにゴルフ場、そしてスキー場



マダマダ建築ラッシュ
それは、ホテルと別荘を融合させた新たな施設を建築中なのだ

この先の軽井沢プリンスホテルイーストで宿泊もせずに朝食バイキング
実は、ランニングを終えての話で再びここにやって来た
春休みでたくさんの人と人



何年か振りのプリンスホテルでのちょっと贅沢な朝食(*´∀`*)
食後のコーヒータイムもたっぷり時間を取って穏やかな時間だ

ランニングに話を戻して、そこから隣接しているプリンスショッピングプラザ
もちろんオープン前



個性豊かな店舗が並ぶ約200店舗のショッピングモール
5つのエリアからなり、ブランドショップはもちろん雑貨、おみやげ、レストランも

新幹線を挟んで北側に出れば旧軽井沢地区
10年以上お世話になった東急ハーベスト軽井沢もそこにある



久しぶりに東急の風呂に入りたいな~
もう手放したので宿泊も出来ない

まぁ~走り終えた後、星野温泉「とんぼの湯」に入れたからいいんだけど・・・
町民なら安く入れて土日割引などもある\(^^@)/



露天風呂にサウナまであって500円
町民で良かった( ´∀`)

その東急ハーベストの先には広大な旧軽別荘地
1区画が1000坪以上だ
敷地内は緑輝く苔絨毯
素晴らしい

その奥深い一角に万平ホテルがある





いつ来ても優雅に凛と建つ
やっぱり格式が違うね(*´∀`*)



そこから北に進めば銀座通り



昼間は銀座のように賑やかになる
軽井沢に来た人は、この銀座通りとプリンスショッピングプラザは必須条件

ここから南西に方向を変え帰路へ
途中、雲場池見学
鴨がいっぱいだ



有名な観光スポットで特に紅葉の時期はお薦め\(^^@)/


信濃鉄道を横切り湯川ふるさと公園方面



約2時間の早朝ランニング
タップリ汗をかいて新鮮な空気を一杯吸って・・早起きはいい( ´∀`)


午後は前から一度は足を運びたかった千ヶ滝へ
浅間山の地下水が滝となって流れ落ちる

実は今回が初めて



以前に一度行きかけたが、残雪の為断念したことがある
今回も所々雪が残っていて熊の看板もある
ちょっとビビッたが恐る恐る前進
コースは高低差があり変化に富んでいる





何度か引き返そうか迷いながらも無事千ヶ滝へ
なかなかいい滝だ( ´∀`)





往復1時間納得と満足のハイキングコースだった
嬉しい(*´∀`*)

軽井沢を離れる朝にハルニレのカフェでコーヒータイム満喫



ここに居ると心穏やか
笹や河川、野鳥に森林

どうも緑が無いと生活出来ないタイプらしい



追伸、春の山菜ふきのとうを犬の散歩途中で発見
自宅際に複数植え替えました



来年は天ぷらだ\(^^@)/

朝採り市場








コメント