NONE cafe 軽井沢

2018年春軽井沢に移住しCAFEをオープン。店名の由来は、故郷が高知県安芸郡東洋町野根(のね)だから!(^^)!

8月から鈴虫プレゼントを開始

2013年07月28日 | Weblog
鈴虫プレゼントは、毎年行なっている恒例行事
もう4、5年になるかな?

この鈴虫を、毎年ふ化させているのは枚方在住の竹内さん
年齢72才
奥さんと死別して10年

この間、鈴虫を自分の子供のように可愛がり、毎年挑戦し続けている





一番難しいのは、ふ化してからではない

ふ化するまでの、土にいる状況の把握
ここを怠れば死滅する
我々が管理すれば、そこんとこを忘れてしまうのだ





あと一回脱皮すれば成虫となり、鳴き出すだろう

是非この涼やかな鳴き声に耳を傾け、短い夏を楽しんで下さい



8月からプレゼント開始
お一人5、6匹、虫かご持参で取りに来て下さい
無くなり次第終了致します


朝採り市場

コメント

八幡の神木農家の茗荷畑拝見

2013年07月27日 | Weblog
茗荷の入荷が始まりました
夏の香味野菜として、そしてソーメンなどの薬味として使えるのが茗荷  

この茗荷の栽培している八幡の神木農家の畑を拝見しました





畑と言うより竹薮

茗荷はこのように日陰を好むのかな?
毎年この場所で収穫できるそうです

特別耕すこともなく、何にもせず放ったらかし?イヤ失礼
それなりに出来るのが茗荷のようだ

自然そのものの自家栽培



あぁ、発見(#^.^#)



茗荷を調べると
「生姜科の多年草で、地下茎で毎年決まったところに生え、ほとんど毎年何もしなくても収穫ができる」
とあるが、こんな葉っぱに覆われた茎の根元を探すのは大変そうだ

それより一番気になったのは蚊



待ってましたとばかり集中攻撃をされた



食べ方は、薬味の他に酢の物に使ったり、汁物の具、漬物、天ぷらにも・・
抗菌作用が強い野菜で、刺身のかざりにも使われ食中毒の予防にもなるっと

なるほどネ





食用に栽培しているのは日本だけで、日本でしか食べれない野菜のひとつが茗荷なのです
日本人で良かった\(^^@)/

朝採り市場



コメント

夏祭り疲れの豊崎神社野菜市

2013年07月22日 | Weblog
暑かった
豊崎神社に着いた途端、激しく鳴く蝉
この鳴き声で暑さも倍増

昨日の日曜日、月に一度のファーマーズ朝採りマーケット開催



しかも、一週間前に夏祭りが二日間行われていた
私共の野菜も出店
凄くエネルギッシュな祭りで、全エネルギーを使い果たした感じ

おまけに参院選挙
これはあんまり関係無い?



まぁ~そんなで、お客様も少なかったね~
いつもの半分位かな

でも7、8月は暑さの為か、何処の催事もガタガタ
暑さ寒さには滅法弱いのが、高齢化社会



我慢、ガマン、がまん



ここが、踏ん張りどころ

朝採り市場





コメント

梅田のビア-ガーデンで乾杯

2013年07月18日 | Weblog
旨い! 暑い! 乾杯! 蒸し暑い!

ここは、梅田のビアーガーデン
この時期恒例の乾杯行事だ



しかし、今日は午前中小雨が降ったりでムシムシ

大阪駅前第1ビルの屋上
6時過ぎ
湿気と熱気でム~ン

同ビル12階の中華料理店「神仙閣」が運営しているビアーガーデン
料理が美味しくて、本格中華料理のバイキングが楽しめ値段がホンマに安い



そんな湿気と熱気を吹き飛ばすように乾杯
夏はこれに限るな~

梅田で働くスタッフ全員集合
珍しくもないが女性スタッフ全員ビール大好き妖怪?

昼過ぎから水分一切取らずにこの瞬間に備えるスタッフ
偉いね~この集中力



飲むわ、喋るわ、笑うわ、の3時間
そら~、時間制限2時間のところには行けんはな~

9時終了の放送など無視して永遠と続き、遂に外灯消されてサヨ~ナラ



この国を救えるのは、こんな女性達
間違い無い

オモロイ妖怪達だ(^0_0^)

BSC



コメント

恒例豊崎神社の夏祭りに出店

2013年07月15日 | Weblog
時折パラつく雨
14、15の二日間、大阪市北区豊崎にある豊崎神社で恒例の夏祭り



毎年参加させてもらうが、この時期はいつも一番暑い時
汗でボトボトになり、夜は9時過ぎまで賑わうので体力も消耗

多分、どこの祭りも縮小傾向にあると思うのだがここは違う
豊崎、中崎、本庄の3つの地域からなる壮大な神輿祭り
傘踊りや獅子舞も出てこの豊崎神社に次々入ってくる







何度見ても凄い
ほとばしるエネルギー、「生きる」とは、こういうことか
人と人が、子供と大人が、男の子と女の子が一年に一度集い、分かち合い、目標に向かって進む
その人の輪が絆を強めていく
この祭りの大きな意味がそこにある







父兄や学校関係者が付き添い、それを体感しようと多くの地元住民が足を運ぶ
昔私が見た風景が目の前にある
何十年も前から、変わらず繰り返されてきた祭り
その祭りを絶やすことなく脈々と引継ぎしてきた関係者の努力

大変なこと
そして、とてつもなく大事なことだ







あの鐘の音、あの太鼓、あの子供たちの輝く瞳
人間て凄い
本当に凄い

朝採り市場

コメント

ホタルの乱舞&長倉花火祭りの軽井沢

2013年07月14日 | Weblog
こんな近くに「ホタル」がいたなんて!
「驚きと感激」
思いも寄らない現場に遭遇し大興奮・・「幻想的」

ここは中軽井沢の自宅
金曜日の夜8時過ぎ
自宅前の道は、地道で街灯が無い
辺りは真っ暗闇

食後に家内に犬の散歩命令
真っ暗で家内は行きたがらない

拒否すれば戦争必至
渋々懐中電灯を持ってGO

自宅は一級河川湯川沿いで、ヤマメなどが生息する清流だ
その自宅を東のバイパスに向かって5、6m、ゆっくりと光が横切る

「?」

虫が懐中電灯に反射したのか?

そしてもう4、5m行けば左の水路に1匹、真上の高い上空に1匹、そして右側の木立に1匹



「蛍」だ

俄かに心臓が鼓動を打ちだす
そしてその先右側の木立の中に乱舞する蛍を発見

私は真っ暗の中でもその場所が分かった
その箇所は別の水路から流れて来て川に合流する

その川に合流する手前の道路際のちょっと淀んだ箇所
昼間に見ていてちょっと薄気味悪い場所だと感じていた
そこに蛍が自生していたのだ

直ちに犬の散歩は中断、家内を呼びに
もちろん大喜び

ご近所の方か?2、3人集まって来た

前日帰って来ていた三女と孫
風呂から上がったところを、またまた案内

大歓声\(-o-)/



私がこの土地を買ったのが3年前
この土地に川から水を引き、水たまりを造り蛍を自生させる
そんなウソみたいな話を周辺の者に語っていた

それが、こんな直ぐ側にあるなんて\(-o-)/
信じられない

今回大阪を出たのは早朝の木曜日
昼前には軽井沢に着き、近くのバイパス沿いにあるラーメン屋で昼食
初めて入ったが美味しくリーズナブル
持ち帰りのオードブル料理もある
今後も使えそうだ

午後からこの隣のホームセンターD2へ
細々した買い物と木製のブランコを買った





そしてハービスエントのイルムスで買ったハンモック
これはいいぞ!\(-o-)/





その日の夜は、粗食で就寝
翌朝は朝ラン





バイパスを横切りバイパスと並行に走る道を北へ
塩沢通りを横切りもっと北に進めば蛍祭りの納涼塩沢まつり現場

その先を西にカーブを切ればゴルフコース
自動車道に出て南に走り塩沢を横切り旧道へ





そこから東にコースを変更し湯川に出て北上
周辺を何度も走ればもっと確かな周辺地図が頭に入るだろう



道路だけではない、周辺に咲く草花や香りに匂い
走れば全てを感じることができる

その後、敷地の草引き
これから毎回草引きが日課になるだろう



昼は近くの10日に新規オープンしたイタリアンへ
上品で繊細なお店で信州の野菜を使ったソースで絡めたスパゲティー
美味しかったです



午後は草引き後、軽井沢駅へ三女と孫をお出迎え
賑やかになったテラスで、夜はバーベキュー



このバーベキューの後が、蛍の乱舞発見となる

その後、東京から長女が合流

翌朝は朝食の後3女と孫とで犬の散歩
近くには大規模な湯川ふるさと公園へ



この場所を選んだのは、定住する上で全てを兼ね備えていること
軽井沢らしい風景と買い物や公園、バイパスに出れば何処にでも出れる

日常生活に支障がないこと、そして一級河川湯川
この川添いであることだ

昼には今回の一大イベント
万平ホテル横の京料理たん熊での食事会







外から野鳥の鳴き声と共に涼しい風
ビールを頂きながらの京料理
ゆっくり時間が流れ、滞りなく終了

夜8時13分発大阪行き夜行バス
明日からの仕事に声援を送るように夜空に舞う花火

長倉花火祭り



さあ、朝採りへ

朝採り市場



コメント

感謝祭&手作りパン教室を開催

2013年07月10日 | Weblog
暑いです

知人の紹介で実現した手作りパン教室
神戸でパンの店を任されている店長さん

1週間前から告知して募集

参加費用3000円
先着10名募集



しかし今週になって異常な暑さ
店頭には屋根があるとはいえ屋外に等しい

今日も35度以上の気温
パン自体この温度は問題なくても人間はどうか?

熱中症が心配される程の酷暑の時期

前日になっても予約が入らず、参加費を2000円に下げ告知のメール配信
当日だけの特別価格



それでもやはりこの気温
今回は作り方を見せるだけにしてスタート

見てもらって次回開催につなげようと言うこと



この企画、旬の野菜を使ってパン作りを体験してもらい、パンの美味しさをもっとアピール
そして自分達が作る安全な食材は自分達で守る

毎月行われる感謝祭の日に同時開催したのだ



駐車場では、たこ焼きにメロンパン、木工にマドレーヌ、浴衣など々
屋外はメチャクチャ暑かった

パン作りを見ているとやはり生地のこね方
丹念に時間を掛けて手の感触だけで生地をこねてゆく



この生地作りで80%ぐらいはパン作りが決まるらしい
それだけ隅々まで均等に生地を解してゆく

生地が姿を変えてゆく過程が楽しい、と言うが素人目にはそうは思えない
大変そうだ(#^.^#)



その生地に旬の野菜を乗せる
今回使った野菜はトマト、なす、かぼちゃにオクラ、サラダごぼうにニンニク
どれも朝採り市場に並ぶ新鮮野菜



野菜の持つ旨みと手作りの生地で焼くパン
最強コンビの実現
これは旨いものが出来るはず



焼けました\(^^@)/

出来立てホカホカの手作りパン
まるでピザのよう

旨い!!

でも今回は集客できず失敗
原因が読めてきた

価格と曜日
やはり体験工房の場合1500円~2000円
そして子育て世代は共働きが多いから土、日開催に

そしてやはり、もう少し涼しくなる秋頃がよさそうだ



失敗して初めて分かることもある
諦めたらそれで終わり

今回を教訓に次回の再挑戦を目指そう

朝採り市場



コメント

七夕の笹プレゼント中

2013年07月05日 | Weblog
今週の水曜日から始まった笹プレゼント



毎日午前8時過ぎ、近くの竹藪に取りに行く
小さなお子さんにとっては一大イベントの七夕



短冊に、さまざまな願い事を書いて
季節も一緒に感じて
そして、親子の絆も深めて欲しい



朝採り市場では、毎年取り組んできた笹プレゼント



小さい頃から夢や希望を持つことは大切なことだ
いっぱいの願い事を書け~



今週末まで続きます\(^^@)/

朝採り市場






コメント

五月山公園ラン&ビーチューブの会開催

2013年07月05日 | Weblog
昨日、雨上がりの早朝箕面ランへ

自宅を出て



千里川を横切り



北へ北へ進めば阪急箕面駅



ここから川沿いに箕面の滝まで

途中並行して走る遊歩道に入て、シカに遭遇
箕面の山にはシカや猿が今でもたくさん

その先、滝の手前を豊中亀岡線に出て勝尾寺方面に走れば



池田五月山に抜ける4号茨木能勢線
軽い気持ちで舵を切ったのが間違い



箕面川ダムを横断し一本道を進む
この後、長く苦しい上り坂があることも知らずに・・



殆んど車も通らない
抜け道には、ならないコースらしい

木が生い茂り、車は無しの猿がチラホラ・・
心細くなりながら、でも戻る訳にはいかない

私の辞書に後退はない



しかし、上り坂が長い
結構な急勾配がズ~っと続く

時間もドンドン経過

「ヤッター」やっと頂上

そこには「エキスポ90みのお記念の森」
こんな公園があることも初めて知った



頂上で「ホッ」一息

そこからは下り坂
大好きな下りは、足腰も軽い

木の隙間から見える下界の住宅
自分がどこまで登ってきたのか良く分かる

左にゴルフコースを見ながら降れば五月山公園
一般道からこの五月山公園の遊歩道に突入



ここまで来れば一安心
ここにはもう猿はいない

もう直ぐ季節が進めばかぶと虫が出てきそうな匂い
きっとたくさんいるに違いない



五月山公園を降りれば、既に通学時間帯になっていた

多くの学生とスレ違いながら池田、箕面、そして豊中と汗まみれになりながら帰った
このコースは再考の余地あり・・・

この日、昼間は梅田で仕事
ビルの中とはいえ、雨が降り湿気でベトベト蒸し暑かった

夜は恒例ユーチューブを見ながらビールを飲むビーチューブ会開催
集まったのは5人



スティング、オールウェイズ、キッスにクィーン
そして毎回お馴染みおじさんバンドの数々

最後はビシッと決めてデビッドギルモア&デビッドボーイのComfortably Numb
最高です



朝採り市場







コメント