NONE cafe 軽井沢

2018年春軽井沢に移住しCAFEをオープン。店名の由来は、故郷が高知県安芸郡東洋町野根(のね)だから!(^^)!

恒例の門松作り

2011年12月28日 | Weblog
毎年ご苦労様です
生産農家の小澤さんに、今年も門松作りを依頼しました



この地域は、竹藪がたくさん
農家に☎一本ですぐ竹は調達可能
恵まれた環境です



その竹を切っていきます
この竹の角度で正面から見た時の顔が違ってくる
一番神経を使うところ



長短三本の竹を束ねてしっかり中心に立てます

その後、松や梅、千両、笹



南天にハボタン
ここまでくるともうりっぱな角松が出来上がり



最後は、仕上げに鉢の化粧
縄でしっかり結びます



スポーツアベニューには、ゴルフ、カラオケ、そして朝採り市場の3施設があるので、各施設の玄関を飾ります
これで新年の準備完了




御苦労さまでした
2日間かけての疲れが顔に出てますな



お疲れ様でした
そして感謝です

朝採り市場
コメント

突如出現した白菜街道?

2011年12月25日 | Weblog
今日はいつにもなく凄い
白菜が続々入荷
通路にずら〜と並ぶ白菜

朝採りでは毎年この時期に並ぶこの風景を、白菜街道と言っている



レジから奥に向かい、途中坂道を登って一直線
これだけの白菜が並んでも、一日終わってみれば売れ残るのはほんの僅か



凄い勢いで売れるものです

白菜だけでなく、全ての通路に両サイドいっぱいの野菜
足の踏み場も無いとは、この野菜のことだ



今年も後一週間
お正月準備が既に始まっているのか?



年末最後の31日まで大混雑が続きます

朝採り市場
コメント

イルミナイト万博のクリスマス

2011年12月25日 | Weblog
この日は、大寒波襲来
12月24日土曜日クリスマスイヴだ

空は透き通るように青い
空気が寒さで張り詰めている中、北千里で野菜市



今年最後の野菜市とあってたくさんのお客様に来て頂きました
一年間本当にありがとうございました

そして夕方、日が暮れてから家内と二人で大阪・万博記念公園へ
毎年恒例のクリスマスイベント「イルミナイト万博X’mas」
ことしは7日間限定 岡本太郎生誕100周年記念





岡本太郎作品が、太陽の塔本体に映写され、寒い中たくさんの人だ
私的にはいい企画だし、太陽の塔は大阪の宝
宝の持ち腐れにならないよう、もっともっと活用して元気ある都市になって欲しい
これだけの人がいるんだからな!

そして「イルミストリート」や「ツインクルメイズ」などのイルミネーション





フードコーナーもあり「芸術と遊び」があって本当によかった

しかしゆっくりしたかったが、寒波のため早々に退散
万博駐車場出口が混んでたのは、寒いからみんな早めに切り上げたのだろう


朝採り市場





コメント

豊崎神社でボタン鍋300食提供

2011年12月18日 | Weblog
今日は、大阪市北区の豊崎神社

前日準備の為に神社に行った時、鳥居のしめ縄の張替えをしていた
クレーン者を使って二人がかりで張り替えている



12月も半ば過ぎ新年を迎える準備が着々と進んでいる

そして今日、少し風があって寒い
こんな日は、暑い鍋に限る


そうボタン鍋

猟師の森さんにボタン鍋のふるまいをお願いした
前日の準備に夜遅くまでかかったそうだ



寒いこの日にピッタリ
たくさんのお客様が、ボタン鍋にびっくりやら喜んだり
猪肉と言えば硬いと言うイメージがあるのか、肉の柔らかさにうっとり!
300食分のボタン鍋が、昼過ぎには完食


そして朝から新鮮野菜にいつもたくさんの人が並ぶ
寒いのに長蛇の列をつくって、買い物をして頂いたお客様に感謝、感謝



杵つき餅の実演販売にボタン鍋
そして、新鮮野菜にと終日神社は賑わいました



来年の10日えびすにも野菜を出店して、商売繁盛といきますか
頑張りましょう!

朝採り市場

コメント

久し振りに見た綺麗な虹

2011年12月11日 | Weblog
12月10日土曜日

北千里の青山台近隣センターでの野菜市



周辺は、紅葉で緑が美しい

道路は広く公園が多数点在する



整備も行き届いており、小鳥の鳴き声も

住環境抜群なのが千里周辺だ



そしていつもの野菜市に、たくさんのお客様が来て頂きました

出店者は、鮮魚販売と豆腐の喜八、高知一番鶏の焼き鳥、みなせんのいか焼き、果物屋



皆んなが一丸となれば、強いマーケットが開催できる

今日は、曇空で寒さが厳しい

空気がピーンと張り詰めているようだ



それでもお客様数140人が足を運んで頂きました

ありがとうございます

終了後、ふと空を見上げると虹





綺麗な虹だ

終日曇空で寒い一日だったが、最後はラッキーな日となりました

朝採り市場




コメント

朝採り市場の看板完成

2011年12月09日 | Weblog
よく聞こえたのが、あそこにそんな店ありました?とか、
人の出入りがあるけど何の店なのかよく分からない?
などの声

店頭で色んな催事をするのも、そんな声を打ち消す為


そしてやっと看板が付きました



道路からもよく見えるし、農家直売の文字もよく見える

近くに大規模な食品店が出来て、渋滞が予想される
そんな車に少しでも目に入ってくれれば、渋滞もマイナスばかりじゃないだろう

何でも、どんな時でも物事前向きに考えなきゃ



多くのお客様がこの地域に集まってくる

その取り込みがこれからの課題だ!

朝採り市場
コメント

マカオマラソンに挑戦

2011年12月05日 | Weblog
12月2日金曜日夕方関空発
年に一度の海外マラソン挑戦は、今回マカオ
長女はミニマラソンの6.5kmと私はフルマラソン

ポルトガルから中国に返還されたマカオは特別行政区
中華人民共和国広東省の珠江の最下流域に位置し、広州からは南西に145km、香港からは南西に70km離れている。珠海市に接し、中国大陸本土南海岸に突き出たマカオ半島と、沖合いの島から構成される。



そのマコオに着いたのは、マカオ時間夜の9半過ぎ
マカオ空港直ぐのシテーオブドリーム「グランドハイアットマカオ」ホテル
風の影響で大幅に遅れその日は早々に寝るだけ

翌朝は、マカオ半島の世界遺産の街セナド広場周辺へ観光



1999年までポルトガルの植民地であったマカオは、中国大陸のヨーロッパ諸国の植民地の中ではもっとも古く、域内に植民地時代の遺構が数多く点在する。このため、2005年7月15日に、マカオの8つの広場と22の歴史的建造物がマカオ歴史地区という名前で世界文化遺産に登録された




この島は、もともとタイパ島とコロアネ島という二つの島であったが、島の間は埋め立てられてコタイと呼ぶ地域となり、全体がひとつの島のようになっている。現在、半島部と旧タイパ島の間は3つの橋でつながれ、コタイから西に珠海と結ぶ橋もできている。

聖ポール天主堂跡のファサードには、日本にキリスト教を伝えたF・ザビエルや日本との関係を暗示させる菊の彫刻がほどこされていて多くの観光客でごった返している



現地の案内は、日本人のKさんでかなりの高齢、海外生活が長いと言う
生涯現役で働きたいとエネルギッュな人だ
たいへん親切丁寧に世界遺産を案内していただきました
ありがとうございます
その市内観光が終わったのが、午後3時前


一旦ホテルで休憩後、管也街へ
150mほどの細い通りの両側に、ポルトガル料理、マカオ料理、中国料理などのレストランやカフェ、土産物店が軒を列ねて、ノスタルジックな街の雰囲気は最適



ガイドさんに聞いたポルトガル料理の旨い店「海湾珈琲店」がある
チャーハンとアサリ蒸しにビールとシンプルなメニューを注文
推薦するだけあって旨い

この日はビール飲んで幸せいっぱい
翌日のマラソンの鋭気を頂ました




マカオは多くのカジノが運営されていることから、「東洋のラスベガス」とも言われていて歴史的建造物とカジノが、香港や中華人民共和国本土のほか、東南アジア、東アジア域内から多くの観光客をひきつけている

そのマカオマラソンは、朝6時オリンピックスタジアムをスタート

30回目の記念マラソンらしいが、走って初めて分かったことは沿道の応援が無いこと
応援が無いのはマカオの特別な事情があるのではないか?
カジノのホテル街を疾走する為、地元住民が参加していないのとカジノで遊んで朝は就寝中



そして海沿いのため風が強い
同じコースを二回走るため島と島をつなぐ大橋を4回走る羽目に
記録が出しにくいコース

観光重視のため記録は気にしていないが、走って気分が乗ってくれば止まらない
中間の21kmまでは、順調に走ったが後半は中だるみ
でも最後の5kmは失速することなく2、30人は抜いたかな?

記録は、大阪マラソンより2分遅れの3時間47分30秒

マラソンの後は、近場のカジノ「ヴェネチアンマカオリゾートホテルイ」散策





すごい
カジノの上に運河を作りゴンドラを浮かべている
普通じゃないね

そのカジノの横にあるのが広東料理「喜奥カントン」
旨い
ここもガイドさんお薦めの店
日本人の口にあうあっさりとした味わいで、中国各地の格式料理が揃っている



その後、シルクドソレイユのザイア
これまたすごい
ダンスや空中アクロバット満載の豪華ショー
人間の英知と無限の可能性を秘めた演出の数々、全く飽きがこない全編釘付け状態



人間って素晴らしい!

苦しくもあり楽しいマラソン、世界遺産、食事にショーと今回も大満足の旅でした



帰路の朝は、ゆっくりホテルでバイキング



旅行会社の方がこのホテルのバイキングが一押しと言うだけあって品揃えと規模は抜群

楽しいマラソン&旅行でした!

次回は、1月8日武庫川マラソン
新年もマラソンでスタートだ

朝採り市場




コメント