NONE cafe 軽井沢

2018年春軽井沢に移住しCAFEをオープン。店名の由来は、故郷が高知県安芸郡東洋町野根(のね)だから!(^^)!

大阪マラソンで自己記録更新

2011年10月30日 | Weblog
いつもの時間に起き、朝食を済ませて、さぁ〜大阪マラソン!

朝の6時30分過ぎなのに、地下鉄御堂筋線にもたくさんのランナー
そして会場の大阪城公園駅には溢れかえる程のランナー




3万人ともなるとすごい熱気だ
大阪城も久しぶり
一つ一つの城壁がやっぱりすごいな、と関心仕切り
太閤さんは凄い



朝起きた時には、降ってた雨もすぐ止み、今日は自己記録更新を
今年の夏は、月間250km以上走ってきたので、この大会で記録を狙うんだ

しかし地元の大会で、見慣れた街、
目新しいものがないので緊張感が欠けているのか、いつもの大会のように興奮が無い

9時の号砲を聞いてもタンタンとしたスタート

でも、御堂筋や中之島、難波など走れたのは気持ち良かったネ
ただ通天閣を通過後が、観光名所がないので物足りない

そして走りは、30km過ぎまで順調

記録を意識し始めた最後の5kmが、苦しくて苦しくて失速
この最後の5kmを乗り切れば3時間40分を切れたのに



ゴールは3時間50分27秒
ネットタイム3時間45分57秒
順位3395位

 地点 スプリット(ネットタイム)区間タイム 通過時間  順位
5km  00:31:27  (0:26:57)   0:26:57   09:31:27  5885
10km  00:57:17  (0:52:47)   0:25:50   09:57:17  5016
15km  01:22:52  (1:18:22)   0:25:35   10:22:52  4651
20km  01:48:42  (1:44:12)   0:25:50   10:48:42  4437
25km  02:14:33  (2:10:03)   0:25:51   11:14:33  4113
30km  02:41:05  (2:36:35)   0:26:32   11:41:05  3853
35km  03:08:00  (3:03:30)   0:26:55   12:08:00  3516
40km  03:35:52  (3:31:22)   0:27:52   12:35:52  3203
Finish  03:50:27  (3:45:57)   0:14:35   12:50:27  3395

40km過ぎから192人に抜かれている
疲れ果てて、最後の踏ん張りが効きませんでした
反省

大会のコースへの私の意見としては、折り返しが3箇所あり、ゴールが南港
この辺を来年は改善して、周遊できるようにしてほしいし、是非大阪駅前を走りたい

次回は12月4日マカオマラソン

朝採り市場
コメント

年に一度のフリーマー参加

2011年10月24日 | Weblog
フォレオ枚方で日曜日、年に一度のフリーマーケットがあり参加してきました。
天気は、前日雨で日曜日は曇
コロコロ変わる天気予報に振り回されましたが、無事開催

この手の催事は、毎回たくさんの人出があり期待いっぱい
ライブがあったり、



ゆるキャラや風船のマジックバルーンがあったりでイベントがいっぱい



子供たちが、周りを取り囲みます



そんな多くの人出の中、朝採り市場はどうか?

結果は、あまりヨロシクない
人出はあっても、フリーマーの客と野菜の客じゃ温度差が有りすぎるのか?
買い物されても、一点、二点
四、五点買う人が少ないから客単価が極端に低い



結果は、予想よりかなり下回りました
残念、と言うか、やっぱり固定客を地道に作るのがベスト
改めて思い知った催事でした

朝採り市場
コメント

次回の豊崎神社は筝と尺八演奏&お茶会

2011年10月16日 | Weblog
昨日の土曜日は、北千里青山台近隣センターで催事

今日は、大阪市北区豊崎の豊崎神社でファーマーズ朝採りマーケット

どっちも朝から行列ができて大盛況



大手スーパーが有っても、お年寄りには車のない人が多い
千里ニュータウンの開発は、昭和30年代後半から開発された地域
駅周辺の開発が進んで、逆に取り残された格好だ



高齢者が多く、野菜を待ち侘びる
夏の暑さから開放され、やっと動き出したみたいだ





豊崎神社



周りにマンションが建ち並び、古い街と新しい街が混在する
いくらスーパーがあっても、この野菜の新鮮度はどこも敵わない



一カ月に一度の催事ではあるが、多くのお客様に支持されているのが分かる
もちろん神社の求心力も相まってではあるが!



次回は、この豊崎神社境内で筝奏者の渡辺志津子さんをお招きし、筝と尺八の邦楽ユニット「玉梓」演奏を聴きながらのお茶会となりました

神社と邦楽とお茶

なかなかの観応え、聴き応えのありそうな企画!



11月20日(日曜日)の豊崎神社ファーマーズ朝採りマーケットをお楽しみに!

朝採り市場









コメント

この時期だけの間引き菜

2011年10月10日 | Weblog
この季節は、野菜の間引き菜の時期
根っこから葉っぱまで全部食べれます

人参葉のこの新鮮なこと
ちょっと香りがきつく癖がありますが、栄養価はどの野菜にも引けを取らない優秀さなので人参の葉も捨てずに食べちゃいましょう



大根葉は、新鮮でパリパリ
漬物はもちろん、炒め物にしてもおいしいです。
大根葉の漬物は、ほろ苦さと香りが、この時期ならではの味です



子供たちに是非食べて欲しい!!


今日から始まった秋の味覚の柿「新秋柿」

新秋柿は大変新しい柿の品種で一般に流通する量の少ない柿です
ただ甘いだけでなく非常に食味が良いため、他の柿と一線を画す味わいをもっています



これから徐々にではありますが、水菜、小松菜、ほうれん草、うまい菜など葉物野菜が増えてきます
是非、お楽しみに!!

朝採り市場


コメント

トイレの神様鑑賞

2011年10月09日 | Weblog
10月8日土曜日
北千里で催事



なかなか人が集まらないし、参加者も集まらない
どうしたもんかな?と思っていたら今日は不思議
朝からたくさんのお客様
朝一番は毎回行列が出来てテンテコ舞いなのだが、今日はその後もお客様が途切れない



やはり思ったことは、コトコツ腐らずやり続けること
これが、大切だ

おまけに出店したいと言う人も来て元気がでました



今年の4月から始めたこの催事
最低でも1年やり続けないと、ワザワザ足を運んで下さるお客様に失礼



まだまだこれからだ
みんなで力合わせて頑張ろう!

今日は、もう一つ不思議なことに、ライブチケットが転がり込んできた

トイレの神様の「シンガーソングライター植村花菜」さんライブ

透明感溢れる歌声と、親しみのあるキャラクターで同世代をはじめ多くの人を魅了する植村さん



催事を終えて、午後4大阪芸術大学短期大学部伊丹キャンパス体育館でのトークとライブ
トークでは、落ち込んだ時に曲が出来ることが多いとか?
この落ち込みや悲しんだ分の元を取らねばと、関西人バリバリの損得勘定考え
どこまでも前向きだ



10曲程歌って最後の曲は、やはりトイレの神様
しっとり、そして力強く歌い上げる
実話だけに説得力があり、改めてジ〜ンときました

今日は本当にいい一日でした!!

朝採り市場


コメント

南長柄八幡宮の秋祭

2011年10月03日 | Weblog
10月2日日曜日
今日は、南長柄八幡宮の秋祭り
野菜と焼き鳥、いか焼きの三組で午前11時スタンバイ



実は、敷地が狭い為神社境内ではなくその前の道路
勿論、警察に届出を済ませて出店です




朝一番は関係者の皆さんやご近所の方々
昨年もそうでしたが、たくさんの方々に歓迎されて嬉しいです

境内では、巫女さんが舞う



そして午後3時頃から地車囃子と獅子舞が始まった

太古に







そのリズムに合わせて踊りだす
竜の踊り



主に小学生かな



たぶんこの地域の子供たちは、小さいころからこのリズムを聴きながら、そして踊りながら育ったのだろう

みんな自分なりの踊りをしっかりマスターしているみたいだ



そして夜に突入
焼き鳥が飛ばします
注文殺到



子供から大人まで焼き鳥が飛ぶように売れていきます

そして8時前舞台の前にせり出して、最後の踊り
太鼓がなり、鐘がリズムを刻みます



町中に響きそうなリズム
そして躍動感
元気を頂きました。

終了!

朝採り市場
コメント

被災地でおでんの炊き出しプロジェクト大成功

2011年10月02日 | Weblog
9月30日金曜夜7時大阪府枚方市氷室台出発

車三台、走り続けて被災地宮城へ
途中東京組と合流し、南三陸町歌津は土曜日午前10時過ぎ着
早速炊き出し準備スタート

このチームは平均年齢35才前後が中心?
全員社会人の一線級部隊
足並みが揃っているから無駄な動きがない
皆んな初めてのボランティア活動だが、スピーディーだ



思いを代表である「ゆずりは助産院」片山さんの基に集結
熱いエネルギーがマグマのように燃えている

現地は、悲惨な状況
隣の住宅は、基礎しかない
漁港は壊滅状態
未だに再開できない町



波が高台を残して全てを揉み込んだようだ
多くの物資が入り込んでいるのだろうが、交通網だけ復旧してこれからなのだろう



12時前からボチボチ人が集まり出した
正面道路から3人連れが下ってくる
反対側の海岸方面から4人連れが上ってくる

それからが大変
続々と人々がやって来て大混乱



何なのこのチーム
私はびっくりしているだけだ
全然知らない相手と会話が弾む



勝手に動いているようだが、ある人は被災者の方々の誘導をし、
ある人は、話掛け
そしておでんが次々と被災者の方々に渡っていく





餅つきが始まり、地元のおばあさんたちも割って入る
つきたて餅をちぎって、きなこにまぶして次々運ばれる



すごい光景
全ての工程が計ったように進む



キムチが持ち込まれ
じゃがバターが出来上がり
バナナケーキまで出て夕方終了



無事やり遂げた安心感と達成できた満足感
窮地になればなるほど、人間は研ぎ澄まされていく
このチームに触れて感じたことだ



これからの予測不可能な人生が、何だか楽しくなってきたな!
記憶に残る、そして一生語り継げる弾丸プロジェクト往復2000km「被災地に温かいおでんを!プロジェクト」



言葉に表すとすれば「ありがとう」
これが全てです!

朝採り市場




コメント