NONE cafe 軽井沢

2018年春軽井沢に移住しCAFEをオープン。店名の由来は、故郷が高知県安芸郡東洋町野根(のね)だから!(^^)!

焼き芋の鴻池なると屋

2009年02月26日 | Weblog
店頭の催事は、鴻池なると屋の岡田さん。
前日雨だったから、今日はお客が一杯来るかと焼き芋と



天津甘栗の実演販売です。



岡田さんは、現役の時、保険会社に勤めていました。
定年を迎えた時、嘱託での勤務依頼を受けましたが、
今までとは違う仕事をしょうと、甘栗や焼き芋を始めました。

幾ら商売好きでも、イザ始めてみると芋の種類や焼き加減、
出店場所や販売方法など問題点が沢山あったと言います。



でも、根っからの商売好き
創意工夫の繰り返しで、やっとコツが分かったそうです。
今では、イカ焼き、天津甘栗、焼き芋の三本柱で、年中催事に出ています。

それで、今日はと言えば。
ふ~ん、
少ないな、
客。

タイムサービス。



タイムサービス

出ました
早くもタイムサービス
どの時間帯からでも出てくる必殺のタイムサービス。

私から見ればヤケクソに見えるのですが、結構計算されているのでしょう。
いや~頑張って下さい。

東大阪市鴻池町
鴻池なると屋

朝採り市場


コメント

お菓子と天然酵母パンの「こうめ堂」

2009年02月25日 | Weblog
四条畷「こうめ堂」代表の主婦稲田さんは、先月から朝採り市場に参加してます。

稲田さんは、お菓子作りが小さい頃から好きで、子供の出産をきっかけに、
安心、安全な素材を使い、子供が食べると元気になるようにと、
材料にこだわりながら、お菓子を作るようになりました。




こだわり①甘みは砂糖で摂るよりも、
薩摩芋やかぼちゃや林檎等、その素材の甘味を利用した方が体に良い。



こだわり②高価なバターや生クリームを毎日摂ると脂肪分が多くなるので、
体に優しい菜種油を使う。



また、5年前からマクロビオティック(玄米菜食)に食生活を変更。

など、頑なに信念を守り通しています。




「自分で素材を選び、自分で作って家族に食べさせることは、とても安心できること」
だと言います。

こうめ堂のコンセプトは、

「どなたにも喜んでいただけるように安心素材を使い、
心と体に優しいお菓子とパンを作る」

「有機、無農薬、旬の素材を出来る限り使い、
余計な添加物は膨張剤を含め一切使用しない」

「見た目は素朴だけど、素材の持つ力を出来るだけ失わない、
食べると元気になるよう心を込めて作る」

う~ん、なるほど、なるほど




そして今度は、自宅を改装してお菓子と天然酵母パンの店まで作ってしまいました。

今のところ、育児に忙しく週一回の営業ですが、徐々に拡大させて
地域に愛され、皆が集まってくるお店にしたいそうです。

夢が一歩一歩現実になってきましたネ
頑張って下さい。

四条畷市蔀屋383-12
こうめ堂 
木曜日営業
営業時間 10:00am~4:00pm
電話 072-800-8351

朝採り市場
コメント

カツオのたたき対たい焼き決戦

2009年02月24日 | Weblog
昨日の月曜日、催事対決を決行しました。

高知産のかつおの藁焼きたたき実演販売と鯛は鯛でも粒あんたっぷりのたい焼きです。
どっちが、お客様に指示されて、売り上げが伸ばせるかを競争します。



かつおは、藁で焼くことにより、表面が硬く、中身は柔らかい、
そして藁の香りでとても香ばしいたたきが出来上がるのです。




大きな体に似合わず、器用に焼いていきます。
さすがに職人さん。
ヨッ~頑張れ。

たい焼きは、たい焼きが出来て100年になるそうで、
日頃は1枚100円のところ、本日のみの2枚で150円で販売です。




さぁ~いらっしゃい、いらっしゃい
と、双方大きな声を出しての競走です。

出足、たい焼きが好スタート。
2枚150円だと随分お得ですものネ。



その後、
かつおのたたきが、昼食前に売り上げを大きく伸ばしていきます。
注文受けて、その場で藁焼き。



美味そう。
そして新鮮で、迫力あり。

単価が違うから、かつおが優位です。
結局、昼前後で売り上げを伸ばしたカツオのたたきが、ぶっちぎり。

午後は、双方息切れで、痛み分けかな。
でも、本日の勝負、売り上げではかつおの勝ち。
まあ数では、タイの勝ちですが。

またやりましょう、楽しい催事。

朝採り市場

コメント

第26回宇治川マラソン大会完走

2009年02月22日 | Weblog
宇治川マラソンのスタート会場は、山城総合運動公園で、
9時半から開会式がありました。



この周辺では、ランニングシューズの即売会をしていたり、



宇治茶の販売をしていたり



多くの人だかりができていました。
私は、参加手続きをして、記録保持の為ナンバーカードをシューズに取り付けました。これはすごい。
ゴール後、すぐに完走証明書をくれるのですから。



午前10時30分スタートです。
前回1月の枚方ハーフマラソンは、3度で寒かった。
今回は、気温は10度、丁度よさそうだ。



5km、10km、とハーフマラソンで2833人が参加だそうです。
スタートしても、先頭集団が長い列で見えません。

この公園からいきなり下りなのです。
ラッキーと一瞬思ったが、帰りのことを考えるとゾッとするよ。
そういや、この公園山の天辺にある。

スタートしてすぐトイレに向かって走った方3人見ました。
おいおいまだ早いだろう?

下って下って2km、そこから宇治橋商店街通りを通り抜て平等院参道。



そして宇治川沿いを上流へと向かいます。

ここで、10kmの選手は、Uターン。
いいなぁ。私も引返したいよ。と思いながら天ヶ瀬ダムまで。
宇治川を対岸に渡って下流へと走る走る。
成る程、源氏ロマンの町だけあるね。
石畳や町並みが、落ち着きがあり、ロマンを感じる。感じる。
世界遺産の宇治神神社横を走り抜けます。



まだこの時点だと、景色を愉しむ余裕もある。
宇治橋の所まで走って、ここから京滋バイパスの
宇治東を横切り宇治市黄檗山公園へと向かいます。
公園横には、黄檗山萬福寺があります。



この辺は、閑静な住宅街だな。

この先の黄檗山公園横が折り返し点。
1時間経過でタイムオーバーとなります。
丁度1分半を残してのギリギリの通過。
やれやれ、第一関門通過か。

まだまだ先が長いぞ。
15km地点が、第二関門。1時間半通過を目指します。
この折り返しから宇治橋までの間が、来た道とは違う道を走ります。

同じ道より始めての道の方がいい。
丁度なだらかな下りだったし。

宇治橋辺りからは、同じ道を走り、宇治川沿いの第二関門の15kmを通過。
係りの方があと5kmの大きな看板を持って激励してくれます。

あと5kmの看板を見ると俄然元気が出てきます。
しかし、疲れも出てきて元気もすぐ萎むよ。

商店街辺りで、あと3kmの看板。
あともうちょいだ。

商店街を抜けると、山城総合運動公園へ目指しての登りとなります。
あと2kmの看板。

この登り、かなりキツイです。
前を見ることなく、下向いて走りました。
歩いてる人も結構いましたよ。

私は、歩きはしませんでしたが、見た目は歩いているに等しい。
あ~シンド。



公園に入ってからも陸上競技場までが長く辛い登りでほんと疲れました。
順位は、641位、1時間59分50秒。
あと10分でタイムオーバー。
危ない、危ない。
でもノンストップで、完走。



よかった。よかった。
万歳。
次回3月29日、兵庫県の翠明湖マラソンにエントリー。

ヨ~シ!

コメント

フォレオ枚方で朝採り市場開催

2009年02月18日 | Weblog
2月中旬、まだまだ寒い。
今日は、フォレオ枚方で朝採り市場開催と手作りフリーマーケットです。

まず、朝採り市場。

午前中はイマイチ。
今日は、どういなることやら、と思うぐらい客足がない。
だって歩いてる人がいないんだもん。



あ~ぁ。
どうしょう。
こりゃダメだ。

でも正午過ぎると、俄然集客。
来ました。来ました。
あ~忙しい。



結果は、野菜は少し残りましたが、集客人数は最高。
いや~分からんものです。


で、手作りフリーマーですが、参加は10ブース。

初めての方も、また一人。
定年退職の機会に、余暇を使って陶器でお地蔵さんを作っている松本さん。
見れば見る程可愛いですね。
一休さんみたいだ。



毎回初参加の人が増えてます。
手作りを趣味にしている人が、増えているのかな?

で集客はっと言えば、・・・・普通ですネ。
多くも無く、少なくも無く。




でも、活気、活力はあるよ。

毎回成果が出せればいいけど、そんな訳にはいかないよ。
いい時もあれば、悪い時もあるさ。
長く、そして根気よく継続すること。

これしかない。

朝採り市場


コメント

山野草販売の田中胡蝶園

2009年02月15日 | Weblog
今日は、日曜日。
いい天気です。
寒さも緩んで、清清しい天気に恵まれました。
天気もいいと不思議なもので気分もいいです。

店頭の催事は、鮮魚屋さんに豆腐屋さん。
てんぷら屋さんにペットの似顔絵屋さん。

そして、山野草の田中胡蝶園さん。



昨日と2日連続の出店です。
昨日は、イマイチでしたが、今日は朝一番からぶっ飛ばしです。



沢山のお客様が立ち止まって、購入して頂きました。



接客に大忙し
足取りも軽やかです。

今日の山野草は、オケラに、



白樺に、



南京モモ、



などなどですが、
本日お勧めは、ヒモラン1500円、非常に珍しいらしい。



このように紐のように垂れ下がっています。


今回商品の中でも一番価格が高いのが、山ぶどう4000円です。
ヒョロっと伸びている枝。



葉っぱも実も、大きくなるそうです。
特に葉っぱは、魚を包んで焼いたり料理に使うそうで、
香りがとてもいいそうです。

田中さんは、いつもこのように山野草に埋もれて、
隠れるように販売をしています。



山野草の中にいると人の気配さえ感じさせません。
まるで忍者のようだ。



でも、どんな質問しても即、答えが返ってきます。
山を駆け巡り、山野草の本を肌身離さず、絶えず持ち歩き、
寝る時も一緒で、知識を積み上げてきました。
すごいです

私には、雑草にしか見えませんが?失敬。

月に2~3回は、朝採り市場で販売してますよ。

木津川市木津池田
田 中 胡 蝶 園

朝採り市場





コメント

建国記念日のフリーマーケット開催

2009年02月11日 | Weblog
今日は、水曜日の祝日。
天気予報は、晴れのち曇り、夕方から雨。
何だかヤヤコシイ天気予報。
案の定、昼過ぎにパラパラときたり、晴れたり。
分かりません、お天道様。

フリーマーケット8ブースの参加です。
初参加は2人。



お一人は、シフォンケーキのこうめ堂。
四条畷の主婦が、保険所の許可を受けてケーキを作っています。
実は、先月から店内の販売を開始。
陳列の仕方も分からないし、売り出し価格、仕分方法も分からない
ホントの初歩からのスタートです。
今回は、作り手の顔を知ってもらおうと、フリーマーに参加です。
コーヒーとマッチして、よく売れてましたよ。

もう一人は、アクセサリーの山迫さん。
親子で、ジュエリーからアクセサリーまで、幅広くチャレンジ。
やっぱ、プロはちゃう。
でも、準備に時間かかりますから、もう少し早く来てくださいね。

他には、着物リメイクの出来さん。
吉村&佐野のトールペイントと布製品。
陶器の小辻さん。
ペット似顔絵のサーブ西川工房。

豆腐の喜八は、毎週日曜日の販売ですが、フリーマーケットは、初参戦。

山野草の田中胡蝶園。



一等地の場所で、さっぱりで諦め顔?
品数は、ズバ抜けて多いのですが、売れ筋がね~、売れ筋。
ごめん。ツイ口が滑った。

祝日で沢山のお客様が、ご来店。

ありがとうございました。

手作りフリーマーケットは、次回フォレオ枚方で水曜開催です。

朝採り市場




コメント

たい焼きの堀口

2009年02月10日 | Weblog
今日は、朝採り市場でたい焼きを販売している堀口さんを、紹介致します。

堀口さんは、薄皮のパリパリで、つぶあんたっぷりの、このたい焼きに、
こだわりを持って日々挑戦しております。



一昨年の年末年始には住吉大社で、たい焼きで参加。
行列が出来ました。
その時の経験が、今では財産だと言います。



たい焼きも簡単そうに見えて、実は奥が深いのです。



今日は、そのたい焼きの焼くところを見せて頂きました。

まず、鉄板を暖めます。
始めたばかりの頃は、鉄板の暖め具合によって、
生地が鉄板にくっ付いたり、焦げたりして苦労したそうです。

暖まったあとは、油を刷り込みます。



そして生地ミックス粉を、流し込みます。



そこに、つぶあんや、カスタード、キャラメルなどを乗せます。
写真は、キャラメルを乗せているところです。



乗せた後は、もう一度ミックス粉を乗せます。



そして蓋をして



バランスよく焼けるように回転させます。



そうですね。10分程度回転させて、両面が薄く焦げ目が付けば出来上がりです。
どうです。この完成品。
美味しそうでしょ。
完璧。と本人が申しております。



たい焼き1枚100円からで



コーヒーとセットならお得ですよ。



木曜日は定休日になってます。
是非、美味しいたい焼きとオープンカフェにも立ち寄って下さい。



最後にたい焼きの一番難しい点をお聞きしました。
それは、生地の練り具合が一番です。
何度も何度も失敗を繰り返して、経験を積む以外に習得する術はありません。
納得!




今後は、季節ごとのさくらあんなどを取り入れて
工夫していこうと思います。

待ってます。
よろしく。

朝採り市場
コメント

竹細工製作パート1

2009年02月09日 | Weblog
私の竹細工の製作風景及び途中経過を報告します。

私は、以前から竹を使った木工細工を、趣味として取り組んでいます。

この朝採り市場参加農家の中には、竹薮を所有している農家が多いので、
その農家から、竹を頂いてくるのです。
ありがたいことです。

竹を切ったり、炙ったり、ペーパーで擦ったりするので
朝採り市場の横のテント内を、作業場に使っています。
私は、ここを勝手に第一工房と呼んでいます。



この頂いてきた竹を、節ごとに切ります。
立てた時に傾かないように、真っ直ぐ切るのと、
皮が、跳ねて切口が傷つかないように気をつけます。




さてさて何ができるやら。
この竹を、炙ります。
炙る理由は、早く乾かせて強くするのと、害虫に食われないようにすることです。



炙ると中から竹の油が吹き出てきます。
その油を拭き取ると、綺麗な緑色の光沢が、浮かび上がります。

その竹を、のこぎり、蓑、金槌などを、使って加工します。



そうです。花を生ける竹の花瓶です。



これだけだと、何か物足りない、そして全体のバランスが悪いので、
屋根を付けています。

このように、屋根を付けることで重量感もでてきます。と勝手に思ってます。

竹細工は、これで終了ですが、今度はこの竹細工に
木の枝を使って人形を付けるのです。



それは、これからの第二作業になります。
ここまでは、朝採り市場の屋外での作業になりますが、
これからは、自宅に作った第二工房での仕上げにかかるのです。
が、今日は、ここまで。

製作が進むたびに、随時報告します。

問題は売れるかどうかです。?????
心配!

朝採り市場


コメント

日曜日は人がいっぱい

2009年02月08日 | Weblog
今日は、日曜日。
天気は、晴れたり、曇ったり。
曇ると寒いし、今日は風があるな。

店頭での参加者は、鮮魚屋さんと豆腐屋。
それと惣菜のほくとさんとペットの似顔絵サーブ西川工房。

鮮魚屋さんは駐車場の一角で、車横着けで販売。
開店前から鮮魚屋目当てに多くのお客様が数珠つながり。



すごい人気だね。

北部市場から直送で、経験豊富な眼力で鮮魚を選別。
安くてお客様のニーズに徹底的に適える。カナ?
でもすごいよね。

その横では、豆腐屋さん。
魚屋さんのオコボレに預かろうと大声出してます。
さあ~いらしゃい、いらしゃい。

店先では、惣菜のほくとさん。
テント内では、サーブ西川工房さん。



ほくとさんは、ご夫婦で月二回。
朝一番は、なかなか売れないけど、昼近くになると売れ出します。
コロッケ、イカフライ、白身魚のフライなど。
私も毎回試食を戴きます。
サンキューベリーマッチ。

サーブ西川工房さんは、今日は種まきです。
明日があるさ。
頑張りましょう。

私は、午前中は駐車場の整理に追われました。
年配の方やご婦人方は、どうしてもバックが苦手みたい。
少し時間が掛かるのを、周囲の車も理解してほしいね。

皆さんイライラしないでネ。

今日も頑張っていきましょう。

朝採り市場


コメント