フワリーマンの暇つ節 !

2015.1.14~ 
4年目突入っ!ウォーキング・ランニングにハマって、、、ストレス発散も。。。とにかく楽しく!

出雲の鷹 : 南条範夫 著

2018年08月17日 06時19分49秒 | 本・読み物
昨日は、グループメンバーで出勤していたのは私と後輩の二人だけだったのである。
寂しく食事だなぁ~という予想に反して、戦国時代の話題で盛り上がったのである。


鳥取出身の彼、山陰では尼子氏勢力の人気があって、彼も山中鹿之助が好きらしいのである。
で、彼のオススメの本が『出雲の鷹』だったのである。


地元住民への篤い気遣いが尼子氏の根強い人気らしいのである。
毛利元就、小早川隆影、吉川広家、安国寺恵瓊など、中国地方の戦国武将の本を読んだことがあったのだが、正直、尼子氏についてはほとんど知らないのである。


「十勇士と言ったら尼子なんですよ!真田十勇士はパクりみたいなモンですよ。。。」というのが彼の主張、、、山陰ではヨク言われる?らしいのである。
面白そうなので、1度読んでみようと思っているのである。。。
コメント