ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

「三国演義」とカップッチッリ、そして石丸さんの思い出

2009年06月22日 | 芸術
私にとって大切な「三国演義」と「カップッチッリ」の動画をみつけ、ブログに貼り付けることも初めて覚えました。
「三国演義」はこの他にも関羽の<英雄、千里を行く><麦城、関羽の最期)も名場面がありますが、関羽の最期など悲しくて・・・雪景色の中、関羽主従の悲劇、など号泣もので、めったに見ません。

諸葛亮の活躍は数多くあります。でも孔明ひとりが、ということではなくて、関羽や張飛のしょうもないやっかみの妨害もあり(笑ってしまいますが)それもまもなく絶大な信頼関係になりますが。趙雲の活躍もおおいに助け、チームワークの良さが互いを高め合っています。

「三国演義」のビデオは家宝でもあります。
日本ではじめて中国歴史ドラマの輸入と和訳字幕にこだわった「株式会社三国志」
(後にシネマ・ルネサンスと社名を変更)の社長の石丸さんと、よく電話で話しました。

石丸さんは、唐国強さんを日本に迎え、講演を依頼、そのあと唐国強さんはファンにサラサラと毛筆でサイン、孔明の衣装で、ですよ。
次の日は長野に行き、唐国強さんはハードスケジュールなのに、宿舎にてファンを相手に深夜まで話し続けられたそうです。

唐国強さんは書の名人で、日本での書のコンクール2席だったそうで「出師の表」も直筆でサラサラ、全文暗記なさっていたそうです。

かつて石丸さんは、陳舜臣さん、司馬遼太郎さん、などを招いて講演会を実施、毎年三国志の遺跡を訪ねて、普通のツアーでは行けないところを、三国志ファンを募って出掛けられていました。

昨年頂いた年賀状に、中国へのおもいを断ち切るような、迷いのあるような文が書かれていました。
私は胸騒ぎがして、あとになってご自宅に電話すると、娘さんが「この2月に入浴中、脳梗塞で亡くなりました」と・・・大変ショックでした。
石丸さんにはもっとお話を伺いたかったのに。

阪神大震災の直後、受け取った貴重な「三国演義」全40巻のビデオは、和訳に石丸さんのこだわりがあり、他の会社とは全く違った雰囲気を感じます。

そして「三国演義」と「カップッチッリ」は、たくさん思い出があり、また自分を鼓舞するためにも、効果があるような気がします。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 『三国演義』 オープニング... | トップ | 未発表だった唐国強の孔明集 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
貴重なお話をありがとう (ぷれ)
2009-06-23 17:26:14
唐様が来日した時の記事を、数か月前に読むことができました。
NHKBSで見たときに、大変魅力ある俳優さんだと興味をもったものの、調べることもなくそのままにしてしまって・・・。
来日したのも、全く知らなかったので、インタビュー記事を読んで、かなり悔しい思いをしました。(知っていたら行きたかった)

>書のコンクール2席

恥ずかしながら、これってどうなの??って、よくわからない私です。
唐様がお書きになった「出師の表」の画像をどこかで見ました。でも、あまりに小さい画像だったので、何とかして字が見たいと拡大したらモザイク状態になってしまって・・・(爆)

それにしても、ベッラ・カンタービレ様の言葉はいつも深いです。重いです。いつも、心にずっしりきます。(お父様の話も含めて)
孔明や唐様のファンだなんて、軽く言えないなあと思うのです。(と、言いながら抜け抜け書いてしまうのですが)

ベッラ様自身、凄い方なのでしょうけれど、お知り合いもまた、凄い人なのですね。
小出しでも結構ですので(笑)、唐様に関することが聞けたら嬉しいです。
唐国強と石丸さん (ベッラ・カンタービレ)
2009-06-23 21:04:49
唐国強さんが来日したのは阪神大震災の前年だったように思えます。その後、ビデオを申し込んだので講演会のことをきいたのは秋でした。
唐国強は8月の孔明の命日に来ました。
用意した孔明の衣装に身を包み、羽扇を手にファンと記念撮影、そして毛筆でサイン、次の日長野でのファンミーティング、すぐ帰国、とにかく多忙。私も行きたかった・・・東京・長野どちらも!! ドラマの出師の表は隷書での自筆、何度も練習して覚えてしまった、って。
石丸さんは彼の北京でのオフィスを教えて下さいましたが、中国全土を奔走する役者。オフィスにはほとんど戻る暇がなく、石丸さんはそのあと、北京飯店で会い、唐夫妻に御馳走になってしまった・・・古い友人を大切にする人と感激なさっていました。他の役者のこともきいています。また書きましょう。
ぶれさま、いつもありがとうございます。

芸術」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事