ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

韓国がエスカレート、驚くほどの捏造反論に日本は…

2019年01月07日 | 政治

韓国がどんどんエスカレートしていき、ついに日本に…宮崎正弘氏

 私のブログにコメントを寄せてくださったさらりんさまの文をご許可を得てここに転載します。大変重要なことが書かれています。

今回の全く整合性の取れない反論、
稚拙な動画の公開を見るにつけ、
軍と政権が統率が取れていないことが見えます。
『自称』慰安婦、徴用工と言い、
日本への謝罪や賠償金という問題に
すり替えていますが、
根本を辿れば
韓国内で解決するべき問題であったのです。

韓国の歴史というのは内乱や混乱を繰り返し、
その事象に日本も例外ではなく、
周辺国を混乱や戦争に巻き込んできました。
朝鮮半島は緩衝地帯ではなく、
混乱をもたらす地域であることが明白です。

当時の韓国の国家予算を遙かに超える
日本の資金提供によってもたらされた
戦後の韓国の経済発展の基礎と
なったことを認めず、
自分たちが優秀な民族だからと
すり替える論調を見るにつけ、
ポピュリズムに頼る如何に不安定な国であるか・・・
まさに砂上の楼閣だと思います。

このたびのレーダー照射問題は、
昨年の11月以降に北朝鮮の瀬取りの監視に
オーストラリアも警戒活動に加わり
強化しているという発表がありましたが、
瀬取りで繋がる韓国と北朝鮮なのか、
もっと隠したい何かがあるのか・・・
理由はなんであったにしろ、
今までのように落としどころを探るような、
安易な解決をしてはならないのです。
今までの二国間の関係を見ても、
どの問題も根本的に解決されずに
妙な韓国の成功体験のような、
歪な国家像を作ることに
日本も図らずも協力してきたことを
肝に命じなければなりませんね。(以上)

ところで、先日のチャンネル桜「キャスター討論」https://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/420a44369998f2d90e91f380d4c85f16でみんなに疑問視された三輪・富岡両コンビ、まさかこれって「漫才」ではないでしょうね。 

 下記が三輪・富岡氏のご出演の動画です(笑)

 【頑固亭異聞】日本の分岐点・平成31年[桜H31/1/7]

 

 ・・・怒る気もしなくなるほど能天気で楽しく「憲法改正」を絞り出すような声(もともと三輪氏は絞り出すような声ですが)そして富岡氏が楽しく同調し、佐波さんはほとんど何も言わない。佐波さんも先日のキャスター討論では、葛城さんに「憲法改正と言ってもその中身が大切なのよ」と言われていましたが。三輪・富岡の両氏、まあ好き勝手一生懸命話していて、怒るよりも笑ってしまいました。

「キャスター討論」に出演の評論家、佐藤健志氏もご自身のサイトで討論の感想を次のように述べられています。

 きっと憲法改正(の夢想)のためなら移民も消費税10%も受け入れるんだろうなあ

三輪・富岡氏の対談動画にこんなコメントがありました・・・そもそも移民じゃないとかうそぶいて国民を騙し移民法を通してしまうような愛国心のかけらもないエセ保守政治家の安倍総理に憲法なんて変にいじって欲しくありません。もしいい方向に憲法改正ができたとしても、その頃には日本は外国人だらけになっているんじゃないんですか?それじゃ意味ないですよね。憲法改正ができないことと入管法改正で外国人が大量に入り込んでくるのとどちらが致命的かと言ったら外国人が大量に入り込んでくる方がはるかに深刻な事態だと思うんです。外国人に国を明け渡したら、憲法改正しようが、水陸機動団創設しようが、空母造ろうが、差し引きマイナスだと思います。だって日本人の国がなくなるんですよ。(抜粋)

 石井望長崎純心大学准教授 1月22日 東京にて講演のお知らせ。https://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/db706adf816dde7b2184c2cf19d280ad

 

ブログのティールーム

本日はヴェルディ「リゴレット」から~復讐だ!!

バリトンのザンカナーロ、ソプラノのデッシ、指揮はリッカルド・ムーティ。ひとり娘ジルダが誘拐され、リゴレットが道化師として仕えるマントヴァ公爵の館で見つかったが、リゴレットはマントヴァ公爵に対し復讐を誓う、それを止めようとして哀願するジルダ、見事な二重唱です。

"Si, vendetta!" ("Rigoletto") - Giorgio Zancanaro, Daniela Dessi

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 石井望長崎純心大学准教授講... | トップ | チャンネル桜の水島氏、驚愕... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
有り難うございます。 (さらりん)
2019-01-09 13:52:40
べッラさま こんにちは。

拙文を使って頂きまして恐れ入ります。
また訂正をしてくださり有り難うございます。

高英起氏のコラムに
朴政権で起きた国軍機務司令部の防諜の拡大解釈による
民間人への不正な査察が起きたことなどを受けて、
文政権下で国軍機務司令部の解体に踏み切り、
新しい部署を作ったものの機能しきれておらず、
現場からの任意の報告に頼ることとなり
客観的な報告ではなく言い訳や保身が入り込む余地ができている。
というものがありました。

そういう素地があったのかと思いつつ、
こんな稚拙な動画や言い訳で通用すると思い込ませたのは、
他ならぬの日本であることを肝に命じなければなりませんよね。

旭日旗の問題もそうです。
2011年のアジア大会に於ける日本人への侮蔑行為を、
韓国の選手が旭日旗のせいだと問題をすり替え、
それからそれは日本を困らせることに『使える』と【学習】したのです。

冷静に対応などという物分かりの良さそうな意見もありますが、
それがこういう事態を招いているのです。
今後日本へは一切通用しないことを見せなければなりません。さ
Unknown (翡翠)
2019-01-09 20:46:14
ベッラ様

今年もよろしくお願い申し上げます。

コメント欄の意見、本当に身に沁みます。
全くその通り。
致命的なのは移民を入れること。
憲法は今まで何とか騙し騙し
やってきました。

私は拉致事件も憲法変えなくても
何らかの方法は取れるんじゃないかと
思っています。
「超法規的措置」という奥の手が。
それをトップが決断できるかどうか、覚悟の問題だと思うのです。

仮に憲法違反だとしても、
自国民を取り戻すために動くなら、
日本国民の大半は、批判しないと思います。


憲法改正の為に国を売る、って
もう発狂してるとしか・・・。
転載をさせていただきありがとうございます。 (さらりんさまへ)
2019-01-10 06:11:58
さらりんさまのコメントは鋭くポイントをついておられ、
今までもすぐに転載をさせていただき、感謝しております。
ところで金正恩氏は習近平氏に対米について話をしたと
推測されるとニュースで見ました。
それしかないと思います。韓国は話もできない状況であり
今までのような曖昧なことは許されないと思います。

また水島さんの新しい動画で、後半に田母神氏のことを言っていました。
確かに水島氏は田母神氏をしつこいほど動画で追及して、またかとも思いましたが、
年末からの田母神氏のツイートを見て驚いたのです。

水島氏は選挙違反だけであそこまで警察に長期間
留め置かれることはない、他の理由があるとほのめかしていましたが、あのツイートを見て私もそんな気がします。

田母神氏はホシュ陣営にも今も強い関係があり、
そしてあのN氏がフェイスブックでY組を擁護している記事を見て、憶測したりしてしまいます。

憶測の段階なのでまだ何も言えませんが、保守とされる陣営もどうもおかしい動きがあるように思っていました。

日本人へのヘイトスピーチもかなりあって、ヘイト法もやはり移民の準備段階として決められたのでしょうか。
もう日本的判断や思考が通じなくなる恐ろしさを感じます。それと食料品のことも心配です。
心配ばかりの日々です。
外国からの移民を決めて「憲法改正」って何を考えているのかわからないのです。 (翡翠さまへ)
2019-01-10 06:28:16
移民を大量に入れ、しかもヨーロッパでも困っているのに、もう治安もどうしょうもなく悪化し、緩い規制しかない中で、憲法改正したとしても、お飾りにしかすぎません。
しかも内容もよけいに悪くなる、また憲法改正が日本の為に良い内容であるとは言えない中で決めるのは反対です。自衛隊は先兵として、危険地域に行くことになるなんて、あの南スーダンも行かなければならないところでは
ないはずでした。それにあの時の稲田防衛大臣の力量がないのに、彼女を抜擢したという不信感、
今回もそうです。

ドンブリ勘定でやっているとしか思えない。
「憲法改正」という魔法の言葉で、ごまかせません。
こんなひどいやり方に、その反省もせずに、おかしな
自信・増長だけで、また自民党議員も、移民法に対し、
身体をはってとめることはしませんでした。

次世代の党を潰したように、右の党は潰されます。
今は左右共に日本の防衛を考えなければならないと
思います。
自民党支持者や自民党議員も左派よりもっと左がいます。そしてなれ合い、企業との利権、もう二度と「保守」とはいう名と私も叫びたい。山本太郎氏は支持しませんが、言葉は正しい。

移民法、食料の安全、その他、国民が知らない中でコッソリ決められてきた、問いただしたい思いです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事