ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

「共産党 降りろ」を叫ぶ湖北省応城市市民 武漢蜂起か。新型コロナウイルスは天然の中国包囲網〜揺らぐ習近平政権、【討論】日米中の新しい世界戦略

2020年03月14日 | 政治

「共産党 降りろ」を叫ぶ湖北省応城市市民



 習近平武漢入り、と言いますが虚しい「舞台裏」、もう一般民衆は軽蔑を込めて大きな声で非難の声を挙げています。
これも「命がけ」です。石平氏は「習近平は本当に武漢に行ったのか」という疑問まで書いています。
どれも「さもありなん」という内容ですが、一応、市民はスマホで動画を作成し、拡散しています。
もうこうなれば、余程のことがない限り流れを止めることはできないでしょう。

「香港」での出来事もそれを事実だと認める声がチャイナの中で増えてきています。
チャイナの歴史では民衆の一斉蜂起が「政権が滅ぶ時」に必ず存在します。


新型コロナ(武漢コロナ)も以前のSARSの変異であり、意図して作られた「生物化学兵器」であったとすればバノン氏の言うようにチャイナは必ず滅びます。内から滅ぶのです。

その時に日本政府が「親中」であれば世界の非難を浴びます。現在コロナで苦しんでいる国々は「一帯一路」の通り道であり、チャイナのおカネを期待して「副作用」のようにこうなってしまったと言う声がかなりありますし、明らかになることでしょう。

・下記の写真は京劇「覇王別姫」~虞美人の剣舞





このyoutube,注目を浴びています。 
そして感動します・・・

新型コロナウイルスは天然の中国包囲網〜揺らぐ習近平政権〜【未来編集】



これは中国の「真の姿」です。是非ご覧ください。
実態を発信することは命がけであることを承知のうえで多くの人がSNSで拡散を続けています。
コメントに「命をかけて報道してくれてる若者達生きていて下さい」と書かれている。





今回はあまりパッとしなかった・・・

【討論】日米中の新しい世界戦略[R2/3/14]

パネリスト:  
潮匡人(評論家)  
佐々木類(産経新聞論説副委員長)  
田村秀男(産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員)
林千勝(戦史研究家)
宮崎正弘(作家・評論家)  
用田和仁(元陸上自衛隊西部方面総監 陸将)  
山岡鉄秀(情報戦略アナリスト)

司会:水島総

 これは興味ある内容ですね、
残念なのは林千勝氏、安倍擁護を大声でして、その後一方的に国民に責任ありと絨毯攻撃。カッコイイねえ(爆笑)

コメント欄に林千勝氏への批判(私も見苦しいと思った)
「安倍や自民を擁護する奴に多いのが安倍の他に誰がやれば?自民の他にどの政党なら良いのか言うてみろ?ってのが多いけど、ダメなもんはダメなんだよ!ダメなもんにはNOを突きつけるしかないだろ?」

国民にも責任がある論は本当に不思議です エキスパートが責任を持つのは当たり前ですよね 医療関係者に医療ミスがあれば裁判です 決断は患者もするがエキスパートに責任があります 車に欠陥があればリコールです 購入の決断は顧客です 飲食店で食中毒があれば店舗の責任です なぜ政治だけ国民が悪いのですか? エキスパートたる政治家が罰せられるべきで私にはとても責任逃れのための言い訳としか思えない 主権が国民でも政治家には責任をもって国家運営をしてもらいたい。

林千勝氏、支離滅裂とはいわないが、何かがずれている

みなさま、お疲れのないようにお過ごしくださいませ。





砂漠の中に3000年前から清水がわき続けている「月牙泉」・・・写真で見てずっとあこがれていた。
「西遊記」の一行もここを通ったのでしょう。「火焔山」も実在していたし、北京で京劇の「覇王別姫」「西遊記」を鑑賞した見事な舞台を思い出します。項羽と虞美人の別れは特に素晴らしかった。虞美人の剣舞はいつまでも忘れられない。

ソース画像を表示

昨日393位(gooブログ全ジャンルで)

2724PV |1050UU |2916882ブログ中




コメント   この記事についてブログを書く
« 「日本の未来を考える勉強会... | トップ | 世界の感染拡大「これでいい... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事