ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

宮崎正弘氏「習近平の国賓来日を歓迎しない雰囲気」、【討論】反日の現在2019 、渡邊哲也氏「ソフトバンクの未来予想」

2019年11月16日 | 政治

香港の現状を宮崎正弘氏がメールマガジンに書かれています。これは香港だけのことではないと思います。

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 令和元年(2019)11月16日(土曜日)通巻第6277号 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 習近平の国賓来日を歓迎しない雰囲気がでてきた

  中国、先手を打って北大教授を「解放」。人質カードだったことが分かる

****************************************

 ゲーム感覚で言うと、劣勢になると規則違反をやる。

 使い果たしたカードを補うには、新カードを突如駆使する。
それが日本人教授を理由もなく拘束し、人質カードとする遣り方だ。

 突然、とてつもないイチャモンをつけて劣勢を恢復する。この遣り方は山賊、匪賊特有のルール違反。

 なにしろ法治のない国のトップが香港政庁に対して「法治」を守るために抗議活動を規制せよと「法治」遵守をいうのだから、あべこべである。

 事実上の人質だった北大教授を「解放」して、恩を売るカードを切った。
相手からそれなりの見返りか譲歩を引き出したに違いない。

 永田町でも、ようやく中国批判が表面化した。

中国共産党の国民監視、インターネットやツィッターの操作などによって、ウィグル民族の弾圧、チベット問題、そして台湾への軍事的威嚇から、香港への規制強化命令等々。
こんな国のトップを日本は「国賓」として招待しようとしているのだから、政財界ならびに外務省において、退潮気味だった「親中派」の見えないパワーが、日本の指導層に依然として浸透している事態の深刻さを示す。

もし習近平の国賓来日が実現すれば、つぎに中国が当然のように要求するのは天皇訪中である。法治を踏みにじる国に、天皇訪中はあってはならないことだろう。

  □△○み△□△○や△△○ざ◎△□○き□△□    



 本日は「討論」です。


【討論】反日の現在2019 Part2[桜R1/11/16]



パネリスト:  
小野寺まさる(チャンネル桜北海道キャスター・元北海道議会議員)  
掛谷英紀(筑波大学システム情報系准教授)  
我那覇真子(琉球新報・沖縄タイムスを正す県民、国民の会代表運営委員・日本文化チャンネル桜沖縄支局キャスター)  
篠原常一郎(ジャーナリスト・元日本共産党国会議員秘書)  
三浦小太郎(評論家)  
宮脇睦(ITジャーナリスト)  
村田春樹(自治基本条例に反対する市民の会会長
司会:水島総

36分から特に必聴です。小野寺氏は帯広に膨大な建物を建てて、中韓人を呼ぶと言っている人がいて「朝鮮総連」の人物、横浜の人物らが跋扈。  
「アイヌ沢」というのを勝手に作っていて
北海道の水や作物を全部中国に運ぶという話、日本人よりも中国・朝鮮人のほうが優れている、という人が中心になっている。
こういうことが着々と行われているので「楽観視」など到底できない実態。
(詳しく語られていますのでご覧ください)

篠原氏は「琉球独立を言っている人物はチュチェ思想の考えの持ち主」、沖縄にはもう自由にモノが言えなくなっている。いつのまにか「偽りの歴史」が出来上がっている。
関係なく暮らしていれば気が付かないのだけれど、政治を考えるとこうなる。

「日本を3つに分けたらちょうどいいんだ」という学者もけっこういる。


下記は番組の最初の一言です。(全部書けませんがどうぞ動画をご覧になってください)


村田氏は北朝鮮に行ったことがあるが、チュチェ思想に献金した人の名前がズラッと・・・その中にかなり日本人がいる。・・・というショッキングなことも話されている。

反日左派が悪いのはわかっているが「保守の堕落」が大きな問題だ。
しかし川崎のヘイトスピーチ問題も自民党が来ない。

2時間40分ごろ「驚愕」しました。(これはビックリしました)

話が進むにつれ、「そうだ!!」って同調してしまいます。
(特に小野寺まさる氏や篠原氏はハッキリ仰います)

篠原氏の2分59分30秒からのお話はぜひお聴きください。文大統領に反対したリーダーが国家反逆罪で訴えられている、彼らもまた文大統領を国家反逆罪で訴えている。香港なども全部背後に共産主義がいる。
日本のマスコミは全くこのことを報道していない。




人気の渡邊哲也氏の 【教えて!ワタナベさん】破綻はある?「孫正義流」ソフトバンクの未来予想![桜R1/11/16]



 多分、すぐに消されると思いますが・・・関西だけの放映「正義のミカタ」最新版です。
教えて!ニュースライブ 正義のミカタ 2019年11月16日

 

 

ブログのティールーム


本日は往年の名ピアニスト、リパッティが弾くシューマン「ピアノ協奏曲」第1楽章です。指揮はカラヤン、1948年録音

Schumann - Piano Concerto - Lipatti, Karajan (1948) mvt. I

 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 香港はもう戦場状態、大学に... | トップ | 台湾海峡に中国初の国産空母... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
香港選挙間近 (rimrom789)
2019-11-17 22:34:30
ベッラ様
24日香港の選挙、無事終了できるのか注目。
香港トップは辞任したいのに習が辞めさせないと。
人民解放軍投入の予感。
国連や世界が何を言っても無駄に終わりそうで。

一帯一路、パナマやキューバ・ジャマイカも参加
アメリカは一歩遅れました。

ブータンは未加入国。
日本が積極的に支えるべきでしょう。
皇室とブータン王室が友好関係を築くのも意味がある事ですね。

支那は古来より日本の想像を超える怖い国。
則天武后「骨まで酔わせておやり」にヒェ~~~
流石三大悪女w
それでも80歳超える長寿にびっくり。
我儘の方が長生きになるのかな。

ツゥーランドットとかぐや姫、似てませんか?
かぐや姫もおそらくネタ元は支那かと。
綺麗で無茶を言うところがまんまじゃないかと。

ソフトバンク、独禁法に抵触するんじゃないかと
渡辺さんの予想通りなら借金で潰れるーのか?
あのクソ不愉快なCMを一刻も早く消去したい。

正義のミカタ、面白いですね。
ほんこん氏の真っ直ぐな発言が魅力です。

今年はインフルエンザ流行が早まるとニュースで
寝るときもマスク常用が効果的かと。620
こんなニュースが!! (rimrom789さまへ)
2019-11-17 23:24:53
これをご覧ください。
チャイナのやりたい放題の速度を増しています・・・
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6342747

まだ若き「玄宗」という英明なる皇帝が決起して
その一味を滅ぼし、則天武后の「武」家は一切側室にも取り入れないという徹底ぶりでしたが、玄宗は武の系統である美しい「武恵妃」に夢中になり、(皇后にできなかったが)
武恵妃が亡くなると、よく似た面影の「楊貴妃」に夢中になり、若き傾城傾国の美女「楊貴妃」を年甲斐もなく熱愛、英明だった玄宗はどうしたことか「楊貴妃」の楊家関係者を重要な身分に上げて、ボケて?しまったのか
評判下げました。

男の人ってバカですねえ・・・だってあんなに
大変だった「則天武后」一味を滅ぼしながら
「美女」で道を誤るのですから。

rimrom789さまは大丈夫と思いますが、
念の為に書きました(爆笑)

かぐや姫って「宇宙人」とか言う説を楽しんでいたり「美女」って本当に用心すべきですね。
それも「絶世の美女」に限ります。
そこらへんのエリカさまレヴェルでは無理。

かぐや姫って育ててくれたおじいさんやおばあさんのこと、「月」に帰るとなったらパッと神聖がかって忘れる・・・これはヴァーグナーの
「神々のたそがれ」のフィーナーレのブリュンヒルデに思いました。(また話がとんでいる私ですが)世界中にこのような「人間離れ」した伝説がありますが、武恵妃や楊貴妃など
何も頭の良い女性ではなく、美しいというのが罪?でしたが、その点「則天武后」は
怖いですよね・・・でも則天武后の時代は平民は争いに巻き込まれずに平穏に暮らしていたといいます。

面白いですね・・・そういえば「安倍昭恵」さんって安倍さんにとっては「楊貴妃」なのかなあ・・・まあ人それぞれなので(爆笑)

チャイナはひどいですね、まだ帰国できていない方々のことが気になります。
習近平もいつどうなるかわからないことでしょう。欧米ではチャイナのしてきたことが批判されています。
そんな中で日本はどうなるのかとても心配をしています。

そろそろインフルエンザの予防接種に行きます。
日本のマスコミは無関心を (rimrom789)
2019-11-18 23:08:11
ベッラ様
香港事情、プライムニュースでやってましたが
あの大嫌いな(特に声)朱ケンエイだったので少しだけ見ましたが、結論は出なかったような。
何しろ事態が流動的だから。
香港市民は学生運動に賛同してひそかに援助も。

中国の横暴さに関してこんなニュースが。
中国、スウェーデンへ報復警告
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191116-00000023-jij-cn

中国軍艦の台湾海峡横行に対抗する動き。
米イージス巡洋艦が台湾海峡通過
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191113/k10012175701000.html

日本が同道不可なのは憲法のせいです。

心を癒す記事など。
ねずさんの独り言(ベルギーとの友好な関係)
http://nezu3344.com/blog-entry-4321.html

ベルギーチョコを購入する気持ちになりました。

ナニワの激おこおばちゃん
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-789.html

内容が『反日種族主義 日韓危機の根源』【日本語版】李栄薫(イ・ヨンフン)よりもっと
正確な記述らしいです。

櫻井さんもイ・ヨンフン氏の書き方のすべてが
親日的で正確ではない。
日帝統治時代と言う等不正確な個所散見と。


則天武后の統治が優れていた説に対し、考えられるのは科挙の積極的な導入・登用でしょう。
身分を超えて優秀な人物を引き立てて意見を聞き
優秀な官吏の政策を展開させたからだと思います
武后一人ではいくら頭脳明晰でも一国を統べるには力量不足だったのでは?

預言者の言葉事実になったのは不思議だった。
武后はそのせいで勉強に打ち込めたんだし。

んん~とですね・・・
美女で道を誤らないメンズの方が少ないのでw
RIM助は決して大丈夫じゃありません(大方の男子の不治の病の重症部分に豪速球をぶち投げたらあきまへん)
殿様も総理も王様もみ~んな患う病なんでして。


リンクのブログ拝読しました。 (rimrom789さまへ)
2019-11-19 00:42:37
有名ブログなので、以前も少し読んではいたのですがそれからかなり月日がたってしまいました。
ねずさんは動画もあり、よく見ていました。
上から2つ目のリンクは私がブログに書いています。「なにわの激おこおばちゃん」はあのパーマネントの大阪のおばちゃんの絵を見て、
少し恐れおののいていました。

大阪弁を読むとまるでしゃべっているよに
感じるのです。私は大阪住人ではないのですが大阪のおばちゃんはちょっと引きます。
それにあのパンチパーマ、怖いですよ。

ところで以前にrimromさまのブログに美人映画女優の動画をコメント欄に並べたことを思い出します。

やはり絶世の美女には弱いようで。
ただし安倍さんは別。

rimrom789さまも「絶世の美女」の影響を受けるのですね(爆笑)
もうなんとも・・・どうぞお気を付けて、無事を祈ります(大爆笑)

https://www.youtube.com/watch?v=CEEma3X8odk

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事