ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

舛添都知事が海外に1000億円を投資って?その他、昨日の西田昌司先生のお話の一部

2015年05月17日 | 政治

都、外資系機関で公金運用 東京での事業拡大後押し
2015/5/15 13:10日本経済新聞 電子版


 東京都は公金の運用先に外資系金融機関を加える。金銭信託を通じて資金を貸し出すほか、預金先に追加する。地方自治体が外資系を活用した本格的な資金運用に乗り出すのは初めて。都は東京を世界的な金融拠点にする「国際金融センター構想」を掲げている。海外金融機関の資金調達を手助けして、東京での事業拡大を後押しする。

 これまで都の預金先は国内の銀行などに限っていた。今後は経営の健全な外国銀行も預金先を決める入札…


★ 有料記事なのでここまでしか読めないのですが、昨夜、西田昌司議員の講演のあと、質疑応答で参加者がこのような質問をしていました。
「1000億円、どこの国の投資なんでしょうか、まさか・・・」
西田議員は「知らなかった、東京に一極集中している現状、このお金は本来は地方が得るものであったかもしれない。
企業が東京に集中し、地方に人が集まらず経済も枯渇する現状を考えなければならない」と答えられた。

「まさか、舛添都知事の中韓朝貢では?」と重ねてその方は心配されていたが、今日、この記事を検索したがこれしかない。
別のソースを探さないと・・・。

一方、オリンピックでも日韓なんてことになっては必ず失敗する。

上にも書いたが、昨夜京都に行き西田昌司先生のお話を伺った。
ご年配の識者、Kさまと始まる前にお話をしていた。

「青山繁晴さんは都構想に賛成(これは直接、青山さんの講演会で話された)、自民党の菅幹事長のお話と大阪自民党のお話は違うようです」と言うと、Kさんも「複雑ですね、安倍さんの立場が憲法改正で不利になったりするかもしれない」
「そうですね、維新では橋下氏が辞めると江田氏が維新を乗っ取り、民主党といっしょになる可能性もあるし」

しかし、西田先生のお話は、勢いがあってかつての民主党に対して鋭い質疑をされたころのようだった。
話は東京裁判のところまで戻り、日本が戦勝国に一方的に押し付けられたことを再考しなければならない、というところまできた。

帰宅が遅くなり、昨夜夜中になってチャンネル桜の「討論」(沖縄)をUPした。
都構想では青山さんのお話、そしていつも届く藤井教授のメールマガジンを読んでいたが・・・。

今日、住民投票である。
先日、「憲法タウンミーティング」で大阪に行った時も、投票を呼び掛ける車が何度も通った。

今夜、遅く結果発表がある。
西田議員は「多分、大阪都構想はできないだろう」と仰っていたが、そのころは西田先生、東北行の列車の中でニュースを聴くことになるということだった。

それにしても久しぶりに鋭い西田先生の激烈なるお言葉、
Kさんは自民党内部のことを心配されていた。

舛添東京都知事のリコールも難しくなってきている。

今、舛添都知事の動向がなかなか報道されない。

「保守分裂」だったらまだしも利権がらみの「保守」ビジネスは恐ろしい。
寄附ビジネス、パチンコ企業や公明党も絡んでいるのでは。
ブログもそれを書いていると恫喝されそう。




コメント (9)   この記事についてブログを書く
« 【討論!】沖縄、今ある危機[... | トップ | 韓国ネット新聞で暴言「佳子... »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
尖閣購入資金17億どうなった? (katachi)
2015-05-17 12:36:48
税金以外の公募金が17億だったように思うが。
まったく眠ったままで都から何の説明もない。
添が、黙って流用しないよな!
あの金は、全国からの金だから。
今後どうするのか当時の石原元都知事も提案してください。
いつの間にか尻切れトンボで訳が分からなくなるのは防がねばなりません。
今の添は、扱えない金です。
猪瀬さんだったら石原さんの後継だったから使い道があったように思う。
目を光らせましょう。
投票の行方 (rimrom789)
2015-05-17 13:18:35
ベッラ様
大阪都抗争、コケるんですか?
青山さんのヴォイス聞きました。
賛成してたとは意外でした。

予算カットするなら公務員給与カットが簡単でしょう。
市会議員数減らしたり出来るはず。

誰かのコメントに府立と市の図書館のうちどちらかが消えたら不便だと。
文化方面からカットする予感大です。

舛添リコール、いつの間にか消滅?
都民はよく黙ってるとしか。
都民の90%が韓国好きと公言、それは自分の事じゃないか。

お暇な時にでも どうぞ。
日韓の弁当議論
http://www.otonarisoku.com/archives/44048006.html

日本代表のこんなコメントに異議あり
http://wonderlaboratory.com/ariana-miyamoto-japanese/

ネパール被災者の為に役立った学校
http://mainichi.jp/select/news/20150508k0000e030184000c.html

同じ統治した国でも台湾人は(感謝)
https://www.youtube.com/watch?v=r0evzbw4hcA
無礼にも程があるだろう! (rimrom789)
2015-05-17 19:51:35
ベッラ様
一読して怒り心頭。

佳子様を慰安婦に。韓国誌がついに禁断の一言。
http://samurai20.jp/2015/05/kolie-2/

小坪氏ブログ記事です。
韓国ネチズンの無責任なコメントじゃなく、ジャーナリストと称する大人の書いたものと聞いて絶句。

この記事、皇室関係者の方や政府側にも読んでほしい(特に二階!額賀!野中!!!)
危険を感じています。 (Katachiさまへ)
2015-05-17 21:22:37
マスゾエのしていることを報道もされていない、
日経新聞が有料で出しただけです。
西田さんも「調べてみます」って驚いていらっしゃいました。こうして公明とつながりの深いマスゾエを糾すことを
チャンネル桜はしません。○島さんは田母神バッシングを
20回近い動画で実施していますが、マスゾエのことは
ひとつも動画はありません。
東京都議会はこれに対して声をあげなければなりません。特アにお金を投資などとんでもありません。
今まで日本の銀行で対応していたことをなぜこのようなことをするのか、マスゾエの頭の中は日本のことはカケラもないと思います。
もうすぐ投票結果がわかりますが。 (rimrom789さまへ)
2015-05-17 21:58:13
昨日も夜中に帰宅し、昨日聴いた話をここにそのまま書けなくて悩みます。
西田先生は「あのような人物は政治家をしてはいけない」とお怒りでしたが、もっとその怒りは深いところにあるのでしょう。また青山さんは憲法改正を考えた時、安倍さんがやりにくいのではというお話、これも書けないのです。
書けば西田先生や青山氏が誤解される恐れがあります。
私のような不勉強な者がたやすく書くことは危険です。

公務員については昔の郵便局の窓口対応を思い出します。10分前に来たということで窓口の女性にえらそうに叱られたことがあります。
業務はまだ10分あるのに。でも若かった私はただオロオロするだけでした。
バブルの時は大きな店の店員もえらそうにしていました。はじめて腕時計を買ったとき、はずれやすいので
ナントカしてほしいと言うと、「じゃあ全部ボンドでつけますか」って怖い顔で言う、これは忘れられません。
でも気の弱い私はそのまま帰り、今もその時計は真新しいまま、ブレスレットのところが3つぐらいにばらけたままです。

公務員も賃金を下げるといいかげんな人間が来ます。
また力もないのに不相応な高給にすると、勘違いして
居直ります。

人間とはなんと扱いにくいことでしょう。

リンクの記事をありがとうございました。
ネパールのこと、これからも大変と思いますが日本が建てた学校が無事だったというのはうれしいことです。
西村幸佑氏も怒りのツイート (rimrom789さまへ)
2015-05-17 22:23:36
西村幸佑氏がここまでお書きになるのは相当です。
>ただの皇室侮辱発言では済まない問題です。直ちに日本大使を召還するべき。安倍首相の米議会演説から韓国中が発狂したと考えるのが妥当です。日本国内で安倍首相の演説以来、興奮したり罵詈雑言を浴びせる人はどんな職種でも韓国と同類と判断できます。

小坪議員ですが、これほどブログを毎日書くというのが私にはよく理解できません。
良いことをお書きですが、政治活動の時間はどうなのか心配になります。
また、4月にナガオ氏が「次世代の党を支持する人から大量の嫌がらせメールをもらった」ということ書いていますが、「次世代の党」支持者が支持する党を名乗って嫌がらせメールをするでしょうか。
なりすましで「次世代の党」を名乗っているということにきがつかない、あるいは利用したとしか思えない、
そこに小坪氏が同調、だから小坪氏には「次世代の党」支持者がどうして自分の支持する党を名乗って
嫌がらせをするでしょうか」って書いておきました。

小坪氏は荒らしにもあっていて大変と思いますが、
ブロガーとしてお過ごしになってはどうかとも思います。厳しいことを書きましたが、勝手なことを書きました。どうぞお許しくださいね。
都構想、少しだけ「賛成」が勝っているようです。
橋下氏の首が (rimrom789)
2015-05-17 22:47:30
ベッラ様
大阪は難を免れたようです。

青山さんは安倍総理、自民の為に維新と歩調を合わせろと言いたいのでしょうか。

選挙で憲法改正を問うんでしょう?
ならば維新の考えより国民に対して改正の大事さをアピールして国民から同意を得る方が大事でしょう。

その他の点で歩調を合わせるべき懸案はその都度根回しをすれば良いことと思います。

皮一枚で市長が運命を左右された、選挙を軽く考えた人間への報復です。

自分は選挙民じゃないけどこの結果に満足しています。


小坪氏は選挙運動の一環でブログをやってるんだと思います。
今日の記事でコメントは祭り状態。
他ブログでもエントリーされ拡散中です。
日本のマスコミは当然無視ですが
こんな酷い記事をたとえ一地方紙の事と知らんふりするのは情けない。

リコメはゆっくりでいいです(スルーでもOKなので)
日本は厳しく抗議すべき (rinrom789さまへ追加)
2015-05-18 06:12:59
佳子内親王殿下への侮辱、これは皇室を侮辱するだけでなく、女性を侮辱、まさに「ヘイトスピーチ中のヘイトスピーチ」です。シバキ隊や福島、辻元、田嶋の各女史、
何か言わないといけないのでは?

警備をしっかりして、これに面白犯や変態が出てこないように警備強化、そして日本は韓国に強く非難すべきと
思います。冗談じゃないですよ。
それにこのたまらない下品さ、これを韓国が謝罪できず、またこの人物に制裁を加えることができなかったら、あの産経の記者はどうなるのでしょう。
驚くべき変態と低レヴェル、このことに対して
毅然と抗議し、日本は天皇陛下土下座と言った李ミョンパクのことも忘れていません。

このような下品極まりない無礼千万な犯人、それを
助けた関係者などすべて韓国は調べ上げそれなりの
厳罰をしない限り、犯行声明テロとする。
このような国とは普通の外交はできない。
これに対して断固たる措置をとるべきと思います。


それから別のことですが、敗北した橋下さん、
清々しい会見でした。
私も吹っ切れました。
橋下さん清々しかった (rimrom789さまへ追加)
2015-05-18 06:27:14
私は大阪市存続でよかったと思います。
ただよくわからないのです。
知識不足もあります。
というのは私は最初から橋下氏に反感を持ち、
人を人とも思わない発言には嫌悪感を持ちました。
このころは政治初心者でしたが、そう感じていました。

青山さんは「都構想」賛成、と言いましたが同時に
橋下さんが職員に嫌われていること、
最初のうちはそれでも仕方ないが、職員を説得できない、それではリーダーとして「都構想」をしても
うまく行かないと。

「憲法改正」は確かに国民にその正しさを訴えていけばいいのですが、西田昌司氏の話ではそれが
できていない、また今、この状態で決めると今より
ひどい内容になる恐れがあるということです。
この会は私は2年目になりますが、みんなよく知った
メンバー50名くらいが集まります。
ブログに書きたいけれど西田先生の過激な発言も
私のまずい書き方で誤解されては申し訳ないと
、そして青山氏の講演会は厳しく取り締まられて
メールで申し込んだらその写しまで持参、
内内の雰囲気なのです。
だから青山氏がマスコミでは言わないこともたくさんあります。

rimrom789さまの仰るように「国民に説明し問う」
今の段階ではこれができていない、
だから安倍さんは独自の外交で外から作っていく、
内部は本当に厳しいのです。

西田先生など無理に強行すると今よりもひどくなると
仰るし、また「維新」は議論せず独裁者をつくっていると激しい調子で仰います。
私がブログを書きはじめたころ、橋下氏を批判すると
口汚い荒らしがたくさんきました。
あまりなので削除しました。
また「どうして橋下さんを嫌い?」と保守の方々にも
批判を受けました。
あのころに比べるとかなり変わりました。

盛者必衰、これから「維新」は急激に力を失うでしょう。
でも最近私が不安に思うのは、事大主義の嫌な国会議員、どこでもコロコロ都合のよい動きをする卑怯者、それらが今回は間違いなく強い方についている。
(小坪さんはその人のいうことを鵜呑みにした)

よく動く政治家は早朝から夜まで自らをかえりみない、
サイトもあまり書けない、損得を超えて日本の為に
頑張る、そのような政治家が埋もれてしまいます。

小坪氏は私は前に述べたことでガックリ、でも反論を
貼り付けたのでそれでいいのです。
あのような発信力のある方は、よく見極めて書いてほしいけれど伝わったかどうか・・・。
しかしあれだけの量を書いて政治活動ははたしてどうかは、別問題です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事