ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

【女性討論・特別編】日本人とLGBT・・・モヤモヤ感が残る後味だった

2019年01月14日 | 政治

【女性討論・特別編】日本人とLGBT[桜H31/1/12]

パネリスト:
 浅野久美(キャスター)
 川口マーン惠美(作家)※スカイプ出演
 佐波優子(ジャーナリスト)
 saya(シンガー)
 繁内幸治(一般社団法人LGBT理解増進会 代表理事)
 松浦大悟(元参議院議員)
 山崎灯理(自営業)
 山本優美子(なでしこアクション代表)・・・勇気ある発言でした。
司会:水島総

 一応、全部見ましたが、疲れました。

「正義はこうなんだ!!」…いいえ、うっかり書けません。しかし、これが政治課題でしょうか?「自民党案」も「野党案」も私は賛成しません。

自民党の稲田議員がオーストラリアで、この討論に出ている人と二人『表彰』されたということもテロップで見ました。

「なぜ外国から?」と割り切れぬ思いです。杉田水脈議員を非難の真っただ中に置いていて、「杉田さん、議論を」と言った稲田議員のこと、防衛大臣のころの態度その他、最前線の自衛隊の方々の命をこのようにしか思えないのか、またそれをかばう安倍首相も、です。私はあの時「砲弾の飛びかう中にいる自衛隊の方々」のことを思うと・・・なぜ日本に争いの関係ない南スーダンに行かせるのか、今も怒りでいっぱいです。元防衛大臣としてダメだったから次はLGBTで外国から表彰?そして杉田議員にどの口で文句言うか!!ちょっと本題からはずれてしまいました。

この動画である参加者(複数)が言っていることは、ソフトでやんわりですが、自民党が出す「LGBT」の理解を進める法案がよくて、野党の法案は内容からして「国家が上から下へと」言う法案だ、と関係者は言いますが、私はどちらも危険だと思うのです。「ヘイトスピーチ法案」を思うのです。

山本優美子さん、勇気を出してかなりしっかり発言されていて、さすがだと思いました。討論後も「モヤモヤした感じ」と話していらっしゃいましたが、私もそうです。「杉田水脈氏が書いたことはおかしいとは思わない。政治家はもうこうしたところに出演して自由に意見を述べられないだろう」と山本さんが言う通りだと思います。

LGBTは「左派の問題ではない、左右の問題ではない、人権の問題」というのでしょうか。純粋な人権問題だ、というのであれば、それなりの言葉を選ぶベキでしょう。「差別と感じる人がいるのだから」という人が討論の中にいましたが危険です。世の中に多くの差別がありすべてを法で?しかも人によって違うのもあり、法によってそれを全部解決できるわけではないと思います。最後まで聴いていたら自民党の法案を通したいように聴こえます。勿論私は野党の法案も認めたくありませんが。・・・この感想を書くにあたって勇気が必要でした。私は「ヘイトスピーチ法案」も何のためであったのか、そしてこれからの「LGBT」の法案も果たしてどうなのか、不安になります。水島氏はその点、よく方向性を見極めてまとめていらしたと思います。

川口マーン氏のスカイプを通してのご意見はある程度ドイツの歴史を知っておかないと察することが出来ないと思います。日本とは事情が違うのです。

 2019年1月22日、石井望長崎純心大学准教授の講演会〔東京〕の最新のお知らせです。リンクをクリックでご覧ください。https://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/19019fd4185213e940d38ce01db91ee2

石井望長崎純心大学准教授のサイトご案内http://senkaku.blog.jp/2018122878583375.html?fbclid=IwAR04grhJNPRIFvchs-ET1zWrBIj0OO7I7E6tt5LI3Ik9g8XfEZfw3g6Qptk

ブログのティールーム

本日はロシアのバリトン歌手、ホロストフスキーが歌う歌曲「鶴」をお聴きください。戦死した兵士たちは鶴となって私達に語る。

"Kurjet" - Zhuravli - Dmitri Hvorostovsky - Журавли (Cranes)

 

 歌詞 

時折、私は思うのだ、戦いの広野から帰らなかった兵士たちは 大地に斃れたのではなく、白い鶴に姿を変えたのだと。

彼らは今に至るまで ずっと飛び続け、私達に話しかけている。
だから、私達は よく悲しげに空を見つめては黙り込むのだ。

飛んでゆく 疲れた鶴がくさび形にならび、夕暮れの霧の中を飛んでゆく。
その群れの中にわずかな隙間がある。そこに多分、私は入っていくのだ。

ある日 私も鶴の群れと共にあの青白い霧の中に飛びはじめる。
大地に残した君達みんなに空から鳥の言葉で 呼びかけながら。

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 石井望長崎純心大学准教授講... | トップ | 内閣官房参与を辞退の藤井聡... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
人権問題の不条理さ (櫻井結奈(さくらい・ユ-ナ))
2019-01-14 08:06:44
☆『人権』がたいせつなことは言うまでも有りません。☆
しかし、この問題については『異論』を許さないという、おかしな雰囲気があります。
つまり、誰かが『そういう事は‘’人権侵害‘’になるぞ』といったら、他の人は、誰もそれに真っ向から反論しないという傾向がありますね。みんな、自分が『差別者』であると見なされる事を恐れているからです。
 、、、、はっきり言って、おかしいです。

★『差別された者の痛みは、差別された者でしかわからない』という言い方をする人もいますが、いかにももっともらしく思いますが、‘’論理的・理性的な主張‘’ではないでしょう。完全に、‘’客観的な議論や検証を停止させる‘’言い方です。
しかも、そういう『非理性的な人権絶対主義』が氾濫しています。(非常に危険です!)
 杉田水脈先生は、そういう風潮の犠牲になられたのでしょう。やりきれません。

なお、『ヘイトスピ-チ規制法』も、おかしいです。
【あの、法律が出来た時、すでに『安倍首相』に疑念を感じはじめた】というかたも、おられました。
仰る通りです。 (櫻井結奈さまへ)
2019-01-14 12:18:26
政治がどんどんおかしい方向にいきそうです。
最初から「こちらは安心して聴けるお話です」という雰囲気を作っていて、だんだんと自民党法案をすすめていく、
野党法案が如何に強制的か、などというのですが、
騙されてはならない、どちらも不要だ、と思います。

人権問題にしてそれを政治的法案にしていく流れなんだなあと感じました。

最初からそうした意図をだんだん感じさせていき、
油断ならないと思いました。

関係者の方々はふんわりやんわりですが、佐波さん、不快な強制的な発言をされます。

こうした感想すら書きにくい、そしてわけのわからない
稲田元防衛大臣の動き、これは安倍さんの意図通りなのでしょう。防衛大臣として無能、杉田議員に上から目線,外国からのLGBT取り組みの表彰、など嫌悪を
感じました。

貴コメントに勇気付けられました。ありがとうございます。三宅博先生が「小を生かして大を殺してはならない」と仰っていましたが、さすがたった一人で朝鮮総連や解同に対し、キッパリとした態度をとられた勇気ある稀な政治家でした。それは全く純粋な立場でいらっしゃった、だから私も全力で支持したものです。
「全身是胆」の政治家でした。杉田氏も尊敬されている方です。
LGBTに関して (匿名の手紙)
2019-01-14 20:14:01
子供の頃「おかま」とか聞くと、「何故こんな気持ち悪い連中がどのような
理由で生まれたのだろう。彼らは自分を恥ずかしいと思う気は無いのだろうか」
と「おかま=変態」として子供心に単純にずっと思っていました。

しかし、近年「性同一性障害」という言葉の深い意味を知ってから、
有名な成句「例外のない規則はない(There is no rule without an exception.)」
を思い出してから、考えが少し変わりました。

生物(人間)の世界でもこの法則は生きているのだと気付いたら、
「おかま」その者自身には何も罪もない、変態でもない事だと再認識しました。
(ただ、動画を観るとそう簡単な考え方でも無いようですね)

だが問題は、皆が分かった上でこのような問題で揉めないような格好で
対応をして来たのが、我が国を含め過去の世界中の歴史だったと自分的には
思っています。

しかし、60年代アメリカで起きた新左翼運動「ポリティカル・コレクトネス」の考えに
伴って、余りに「アファーマティブ・アクション」が強く成り過ぎた結果、
TVでも「おかま」等が如何にも自分は弱者だと言わんばかりの振る舞いを

やっていますし、リベラル左翼やコミュ(フェミ)ニスト達は「LGBT」と言う言葉まで
創って権利を主張し、政治問題化させています。このことに大きな怒りを感じます。

それと、チャンネル桜は今の時期に「LGBT」よりももっと問題な「移民法」等の
討論をやって欲しいと思います。
これだから、西尾幹二氏の言われる「自民党の右に立つ党が出て来ない」を
考えると、その新党を創る水島氏には一抹の不安を覚えるのです。

ベッラさんには、チャンネル桜の実態の一面が分かる動画を挙げて頂き
参考に成りました事を感謝します。

だが、こう書くといつもの「お前はブー垂れているだけで、今何もしてないじゃないか!」
のお叱りが飛んで来そうですが、「民主政権時代はもっとやったよ。今でも影響力は
ほんの微々たるものとは言え、反安倍、反自民を主張しているよ」と言い返したい。

しかし、山本優美子さんは、流石にまともな方ですね。
3時間半完賞(観賞)するのは、時間の問題等から無理で1時間目で止めました。









よく頑張っていらっしゃることはわかります。 (匿名の手紙さまへ)
2019-01-15 05:28:02
嫌なテーマ、この討論、政治問題にヤハリなっているように感じました。
途中で関係者らが「自民党の法案」がよくて「野党の法案」が怖ろしい、等と言いだしてからです。

私自身はどちらも不要、同じところに行きつくだろう、
そしてオーストラリアに表彰されてガンバル元防衛大臣らのいかがわしさ。とても受け入れることができません。
この動画でかなり、この考えはすすんでいるなあと
思いました。山本優美子さんの悪口が、それを推進する派の人が悪く書いていたのを見て、やはり・・・と
思いました。もうすっかり二者択一の世界です。
もうこの討論、見ると凄く疲れてしまいます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事