ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

非常時が突きつける グローバリズムの陥穽 / 文化からの陳情その他

2020年03月26日 | 政治

【Front Japan 桜】非常時が突きつける グローバリズムの陥穽 / 文化からの陳情[桜R2/3/25]



上島さん、トツトツとした発言だけど、その内容は納得します。
前半は米中どっちもどっちではなく、問題はチャイナだというところ、やはりWHOの動きが鈍かったのもテドロスなどの疑念はチャイナを忖度していることにある、ということ、チャイナという国がもともと抱えている「体質」をよく見ること、と話す。SARSの影響と比べて格段に今のウイルスの問題が大きい。WHOはコビット19という名称を付けたが、これはチャイナという名称を外して語ることなど、問題がある。発生源となった国がどういう初期の対応をしたかということ、など。
教科書に「従軍慰安婦」という言葉が復活した、といこと。
あれほど正確な教科書の記述を要求してきた日本なのに、どういうことか。戦後レジームからの脱却などこうして通じなくなっていく悲劇。大学入試の問題も「アジア太平洋戦争」となっている。これは「造語」である。日本の侵略を強調したことになる。

何か、力が抜ける・・・この話は走り書きはここまでにします。

次は「後半」の文化からの陳情、
芸人が「当然」と労働者のように主張することは反対ではない。
それを先頭に立って主張できるのは弱い他の芸人たちをかばうだけの力があり、しかも大衆に愛されている「西田敏行」氏のような大御所が言えることだ。(困っているのは他にも大勢いるだけに難しい・・・芸人は一番先に切り捨てられてきた歴史がある)


この女性キャスター、前の「女性討論」では今の自分たちの境遇を「士農工商エタヒニン以下」と何度もおもしろおかしく言っていた。今、自分の稼ぎがコロナでどれだけ落ち込んでいるかを言うのに、こんな例えをだして理解を求めるのか、それとも「自嘲」に過去の身分制度を利用しなければ話ができないのか、繰り返し笑いをとろうとしている態度から他でもこんなバカなことを言っているのだろう。誰も注意してくれないのか・・・だから繰り返す。
笑いながらいう傲慢と教養のなさ、なぜこういうことを何度も言う必要があるのだろうか。
(時々ネトウヨはこんなことを書きこんだりしているが)

自分の主張をこうした非常識な言葉で笑い?を得ようとする鈍感さ、音楽をする人の感性ではない。

これに対して上島氏は「今は平時ではない」と説得力がある。非常時だから「国民がよし頑張ろう」と思えば取り戻せる。
戦争のようにモノを破壊するのではないのだから。政治で最もよくないのは「何も決断しないこと」、「ウイルスはなくなったが国民は何も食べられなくなっていた、でも困る。応分の負担はある」と・・・国民が回復すればまた働いて返していく・・・試されているのは政治だけではなく市井に生きる私たちも同じで、総ての人を満足させうものはないだろう、その折り合いをどうするか?
詳しくはもとのyoutubeでお聴きください。


多くの人々に生きる勇気を与える芸術家はどのように感動的な演奏をし、あるいは作品を創造し、その時代の人々を感動させ、今もなお伝えられているか。
また舞台の裏方たちのご苦労は他の職種の方々と同じ面があり家族を養うにも大変と思う。
今、日本国民はじっと我慢をしており、政治は是非それを考えてほしい。

K-1についても「補償があればこういうことはしなかった」のようなことはよく考えてからいうべきだ。
もともと「補償」は国民の税金である。特に今回のK-1の件は許しがたい。「ではイベントをします」といえば補償金が入ってくることに悪用されてしまう懸念もある。限られた財源なのできちっとしてほしい。


「国難に私たちも協力する」という意識を持つ多くの国民が、可哀そうなほど正直に真面目に暮らしている。
毎日必死に働いているが、明日の仕入れも困る真面目な業者が大勢いる。
政治はこのような「真の弱者」を助ける必要がある。
この人たちは声を挙げないが、見るに見かねて水島氏は自分のことより多くの人の生活を案じて訴えている。
寒空に長時間、何度「デモ・演説」を繰り返してきたか・・・。(個人的な意見)



 25日は東京都知事の会見で、今まで国民の理解と協力に「持ちこたえていた」ウイルス感染が、ついに「感染爆発=オーバーシュート」の恐れがあることを説いていた。

これは小池知事を支持するしないの問題ではなく、私たちを護るために心して一致協力しなければならない。
アメリカの大都市などスーパーに品物がない、という。欧州でもそうだ。
必要以外のものを買い込みたい気もわかるが、本当に必要な他の方々のことも考えることが大切。

これについて常識を持って対応すべきと思う。



 この動画を再々掲しておきます。(これでご覧になるとCMが入らないので)
【討論】観光立国という亡国[桜R2/3/21]

パネリスト:
 安藤裕(衆議院議員)
 河添恵子(ノンフィクション作家)
 坂東忠信(元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪防犯講師)
 藤井聡(京都大学大学院教授)
 本間奈々(元愛知県春日井市副市長・元自治大学校研究部長兼教授)
 三橋貴明(経世論研究所所長)
 室伏謙一(室伏政策研究室代表・政策コンサルタント)
司会:水島総

ここでお詫び・・・せっかく「走り書き」を書いていたのに消えてしまいました。「字数」がオーバーしたのでしょうか。gooブログの書き方が変わってから苦労しています。また「討論」については重要なことを箇条書きにしてもと思います。

それにしても「東京都知事」のお話、重かった・・・





お花見行けないのでせめて「なだ万」のお花見弁当の写真だけでも。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 武漢肺炎騒動から見える日本... | トップ | 東京都医師会長からお願い/... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (櫻井結奈(さくらい・ユ-ナ))
2020-03-26 16:59:45
武漢ウイルスの命名につきましては、yohkanさまのブログでテ-マにして
いらっしゃいますよ。

yohkan画伯様は、面白い名前をつけておられますが(笑)
私は、武漢肺炎のウイルスと呼んでおります。

武漢肺炎またはチャイナ肺炎という名称は事実にもとづくものです。
その根本的原因はともかく、チャイナの武漢で発生したことは疑うすべもありません。

★★それから、文部科学省の教科書検定のありかたが、最近、ものすごく
おかしくなってきたらしいですね。
 教科書検定官は、いったい、どんな人が任用されているのでしょうか?
安倍総理大臣は、いったい、どういう指導をなさってるんでしょうか?

聞くところによりますと、いにしえの1960年代のころの、文部省歴史教科書検定官には
『村尾次郎』先生という立派な歴史学者が担当しておられたそうです。
もう、昔日の思いと思われるかたもいらっしゃいましょう。
確かに文部科学省それ自体が、著しく劣化しています。

第二次世界大戦の東アジア方面の戦争は、当時の日本では
【大東亜戦争】と呼ばれていました。
戦後は、アメリカ軍側の名称の【太平洋戦争】という言い方が普及しました。
私は、大東亜戦争という言い方をするときもあれば、太平洋戦争という時もあります。
もちろん、便宜的にです。

  しかしながら、【アジア太平洋戦争】という言い方はいたしません。
 たぶん、おっしゃいますように、左翼的歴史家の造語だと思います。
 歴史的に長い間使われていた用語を無視して、新奇な造語に言い換えることは
 感心できない事です。、

☆お花見のお弁当!
 とっても綺麗!!!、、、、、、、、、、しかも、美味しそうですね!
見ていましたよ。 (櫻井結奈さまへ)
2020-03-28 06:20:33
もちろん見ていました。
愉快ですね。いつも絵を拝借させていただいているのですが、コメントを書く時間がないのです。自分のブログを書くのがやっとなのです。
また結菜さまのコメントも毎回見て知っていますよ。みなさん喜んでいらっしゃいます。

文科省、大問題ですよ。先日も私のブログで石井望先生のエッセイを載せたのですが、悪いのは外務省でなく文科省と書かれていました。三宅博先生は必死で文科省の教科書問題の癒着もかなり抗議されていました。
自民党議員は見ているだけではダメです。
おかしいことは本気でおかしいといわないと、
もう足元をみられているのでしょう。

地図で北海道が日本の領土でないなんて
ありましたね。その時にバッチリ言わなきゃいけなかったのです。
熱心な自民党支持者さえ知らなかったので
教えてさしあげたらビックリしていました。

いつも「国民が」叩けという声がありますが、
私たちは何年も前から叩いてきました。
三宅先生など告訴もされましたが、最後までできなかった・・・命尽きたのです。

それからますますひどくなってきています。
自民党に投票された方はもっと知ってほしい、しかし仕事がある国民はいつもそういうことはできません。

だから自民党をかばったりするあまり甘やかせてはならないのです。
私は複雑な気持ちです。自民党のどこが保守なのか、批判したら叩きに来る、
これではいけないと思います。

私は少し自民党にずっと意見を言って動いてきましたが「党内」からはガス抜き程度です。
そして安倍昭恵さんは「レストランで?お花見」これでは国民をバカにしているし、もっと嫌なのは安倍さんの居直りです。

あまり書くと「感情的」という人がいますのでこのへんにしておきます。大変残念で道理が通らないことにガックリです。

私は近所の学校の桜を二本見ました。
とても美しかった、またお花見弁当もなだ万のを買って食べました。

自民党は岸田さんを見ても冷たい表情で庶民の気持ちが通じないようです。
河野さんはハッキリしているので自民党では今のところ一番信用しています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事