ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

安倍政権は国を壊す方向ばかり、歯止めが利かない状態。「ギャンブル依存症治療に公的医療保険対象」、米「尖閣を米軍基地に」

2020年02月08日 | 政治

最初に水島氏のお話をお聴きください。走り書きを書きたいのですが今回はどうぞ直接お聴きください。有本さんのお母様が亡くなられた。言葉にならない無念さを思います。何度もお会いした事がありますが、丁寧で優しい方でした。そして70代の水島氏が寒い日も雨天の時も街頭演説やデモを頑張っておられます。私も関西で参加しようと思います。

【直言極言】拉致と新型肺炎、国民を守れぬ安倍政権こそ戦後レジームの象徴~有本嘉代子さんの訃報に接して~  [桜R2/2/7]

 河添さんのお話は必聴です・・・野戦病院のようになっている現実
天然のウイルスではない、変異しながら強くなっている、習近平は「来るのも地獄、来ないのも地獄」

【河添恵子】最新ニュース速報   2020年2月7日

「ギャンブル」の画像検索結果

ギャンブル依存症治療に保険適用へ…集団治療プログラムなど対象

<time datetime="2019-12-11T21:25">2019/12/11 21:25</time>
 
 厚生労働省は11日、カジノや競馬、パチンコといったギャンブルの依存症治療について、来年度から公的医療保険の対象とする方針を固めた。同日開かれた中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)での議論を受け、同省は、依存症患者に対する適切な医療体制の整備が急務と判断した。国内ではカジノを含む統合型リゾート(IR)の開業を可能とするIR実施法が昨年7月に成立し、依存症対策が課題となっている。

 ギャンブル依存症は精神疾患の一つ。世界保健機関(WHO)は、ギャンブルを頻繁に繰り返し、自分の社会・職業・家族的価値を損なうほど生活を支配する障害と定義している。

 厚労省の調査によると、ギャンブル依存症の治療を受けた患者は年々増えており、2017年度の外来患者数は3499人。ただ、治療を受けていない潜在的な患者も多くいるとみられ、17年に国立病院機構久里浜医療センター(神奈川)の研究班が行った調査では、依存症が疑われる成人は全国で約320万人に上るという推計も出ている。

 昨年7月にはギャンブル依存症対策基本法が成立したが、現状では、ギャンブル依存に特化した治療に公的保険は適用されていない。厚労省は、患者が数人から10人程度のグループで意見交換を行い、ギャンブルにのめり込んだきっかけや対処法などについて考える「集団治療プログラム」を保険の適用対象として想定している。こうしたプログラムを巡っては、日本医療研究開発機構(AMED)の研究班が全国35の医療機関で患者187人に対して実施したところ、プログラムを受けた人の方がギャンブルをやめた割合が高かったという。

 ただ、ギャンブル依存症の治療への公的保険の適用には反発も予想される。11日の同協議会の会議では、保険適用に多くの委員が賛同する一方で、「ギャンブル依存症は自分の努力で回復すべきもの。安易に保険適用することで、(依存症患者が増えるなど)逆の方向に向かうかもしれない」などと、慎重な検討を求める声も上がった。https://www.yomiuri.co.jp/national/20191211-OYT1T50352/

 もはや歯止めがきかない。日本が滅ぶ法案ばかりだ。最近、菅官房長官がスイートルームのホテルを増やす、などと言って国民に首を傾げられていたばかり。これがその目的か?

ここまで日本人をバカにする政権はない。これでも安倍政権を擁護する人たちは一定数いる。
危険な食料も、水源の保持も、国家分断の「アイヌ新法」「移民法」も。それでも理解を示し、国家がどうなろうとも「安倍さま大事」というカン違いが存在するのだから・・・。

政治家の劣化・・・その「政治家」に事実上無批判で頼る「妄信」の人たち、ためいきばかりだ。

「これを我慢しないともっとひどくなるよ」って説得?する、一番楽なようで実は隷属大好き人間。

国民のことなどとっくに『ナメテいる』、国民に礼儀・敬意・畏れなど何もない。
批判をすればすぐにキレる。何ということだろう。頭がおかしいとしか思えない。情けない!!

 
 

尖閣諸島に米軍基地設置 早ければ2021年にも 山崎文明

「2021年に新たな基地を尖閣に作ることを検討している」――米陸軍長官による驚きの発言!次世代の戦い「マルチドメイン作戦」とは何か。戦略重要拠点としての尖閣、米陸軍長官発言の真意と意味を緊急分析。今、日米同盟は試されている!! https://hanada-plus.jp/articles/283

 これについては、日本の領土でありながら、米中が事実上、自国の者として扱おうとしている。竹島・北方領土ももはや日本の力が及ばない。

「尖閣」だけはそうではなかった。日本の漁師は尖閣近辺で漁をしていたのだが・・・チャイナと何の約束があったのか知らないが「合意」がいつのまにかできてしまった。今回の「習近平国賓招致」も「新型肺炎」の出遅れも、国民を挙げて中国を救う、と言った二階氏も、現政府が招致したからである。「日中はすっかり平和に」と言った安倍さん、しかし毎日のように「尖閣」近くに当然のように来る中国船、こうした「実績」を日本政府は許し、何もしない。韓国については照射問題で強く言ったが、中国に対しては何も言えず、言わず・・・この状態を世界は見ている。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 【DHC】2020/2/6(木) 【虎ノ... | トップ | 「新型肺炎を警告した中国の... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (櫻井結奈(さくらい・ユ-ナ))
2020-02-08 08:52:32
カジノなんて、一体、誰がいいだしたんでしょうね。

私は大反対です。!!!!
カジノなど、メリットよりもデメリットのほうが多いに決まっています。
無駄な、カジノ建設計画をしておきながら、ギャンブル依存症対策に大金をつぎこむなんて
おかしいです。

だいたい、自民党支持者でさえも、大半はカジノには反対しているのです。
それでも、政府が、カジノ建設をするというなら、その理由をおっしゃっていただきたいですね。
正当な理由なんて無いでしょう。
たぶん、特定の受益者の要請によるものでしょう。

●前ブログで、ミクロネシア連邦が、日本人の入国を規制しはじめた事を
拝見しました。

、、、、もう、日本も新型肺炎の、「立派な汚染国」になつたんですね。
むろん、大部分は、例のクルーズ船の乗船者ですが、、、、、

しかし、全くやりきれません。
外国人観光客も、日本行きには、だんだん敬遠するようになるでしょう。

◎でも、私は観光業のありかたは、根本的に改める必要があると思います。
チャイナ人などの、観光客を大量に受け入れて、喜んでいる場合じゃないでしょう。
むろん、観光の意義を否定するつもりは、、ありません。
だけど、あまり品性の無い外国人観光客に、御愛想笑いをしながら揉み手をするような態度は、
凛とした日本国民としての品格が欠けていると思います。
安倍・菅・二階 (櫻井結菜さまへ)
2020-02-08 17:13:59
仰る通りですね。本当に国の為に考えているとは思えない、おかしいことばかりです。
秋元議員一人だけが取りざたされているようですが、
何となくおかしい、と思います。
また「二階」というのは、何度も非難されていますが、それだけではない、菅・安倍もいっしょでしょう。

観光立国は民主党の政権の時から言っていますが、
中韓、特にチャイナの観光客だのみになっており、
デパート・電車など、中国語で溢れ出したのは、安倍政権に鳴ってから増えました。

『お愛想笑いをしながらも見て」というのは情けないですね。今回のことで中国から引き揚げてくる企業が増えてくるでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事