ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

KK、弁護士資格試験落第を奥野弁護士に謝罪、これもおおいに疑問/政府が小室圭をサポート?ドイツ国営放送の報道/「雲泥の差」結婚会見で話す内容と品格の差

2021年10月31日 | 政治

小室圭氏、奥野弁護士に謝罪・・・これ疑問だらけ・・・
 小室さんに合否通知があったのは28日。それから2日経って、ようやく〝恩人〟に報告したことからもショックの大きさがうかがえる。  すぐに奥野氏に謝罪を切り出したのは、同氏が米留学中の小室さんを金銭的にサポートしていたからだ。 「奥野さんは小室さんの真摯な姿に好感を持ち、物価の高いニューヨークで生活に困らないよう支援していました。ネット上では母・佳代さんの借金問題とシンクロさせて『また金を借りている』といった声も寄せられましたが、奥野さんは返済期限は設けず、資金援助していました。小室さんが謝罪したのは恩人の期待に応えられなかったからです」(皇室ライター)  関係者によると、奥野さんは今後もバックアップを続けるという。
全文は 「申し訳ありません」不合格の小室圭さんが開口一番謝ったワケ(東スポWeb) - Yahoo!ニュース

この動画に寄せられたコメントから
 バックアップは結構だが、貸付金なのか贈与なのか、国税庁はしっかり調べて欲しい。
貸付けなら相応の利息がないと贈与とみなされます。贈与なら贈与税の納付をお願いします。


 新しい勤務先が決まっているのに、辞めた事務所と頻繁に連絡を取るってどういう事なんだろうか?
この先、事務所と無関係な人に援助するのも不思議ですね。
所長個人のお金なら、誰に援助しようが勝手だと思いますが、事務所のお金なら問題ありですよね。
利息もない上に、返済期限もないんですから。
やっぱり噂通りの関係で援助しているんですかね。
なら迂回援助って奴ですか? これまた大問題ですね。

 K氏の就職先事務所、奥さんの就職予定先、それぞれに日本政府から依頼や寄付があったとの書き込みがありました(ドイツの新聞がネタ元と書いてありました)
本当なら国民を欺くような行為としか言いようがありません、
税金を注ぎ込んで彼らの便宜を図っているとしか取れません、
ガセネタである事を願っています



 驚愕ニュース!政府が小室圭をサポート?ドイツ国営放送の報道を解説します。




下記のリンクの解説をしています。
Japan: Princess Mako marries commoner amid controversy | Asia | An in-depth look at news from across the continent | DW | 26.10.2021

この記事がウエブサイトに載ってしまったこと、日本政府はKKの務めている事務所に大量発注している、という。
これについては島田洋一氏が問い合わせをしたようだが、「事実」としてこういう報道があったことをお知らせします。
ただし間違った報道については国民が被害を被ることがある。
「ふたりが幸せだったらいいのじゃない?」ということでなく、背景に何があるかを知る必要がある。
日本政府は絶対に「そんなことはありません」というだろうが、これからのこともあり、知っておく必要がある、ということです。

主要なところの和訳

「ニューヨークでの国際弁護士の生活は非常に困難で競争が激しいことは誰もが知っているので、東京が小室氏の法律事務所を利用することを日本政府の連絡先から聞いたが、彼がその任務を果たせないのではないかと心配している。
彼が成功し、生計を立てることができることを保証する法律事務所」と語った。

「しかし、それは日本の納税者によって支払われる特別な扱いであり、それは良いこととは見なされません。」

 島田洋一氏が問い合わせをされているので、その経過を待ちましょう。
島田 洋一(しまだ よういち、1957年10月23日 - )は、日本の国際政治学者。福井県立大学学術教養センター教授、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会副会長、国家基本問題研究所評議員兼企画委員 。(WIKIより)


★★ この問題、結婚して一件落着とは言えない何かが背後にあるようですね。
ところで、私の尊敬しているさらりんさまから次のようなメッセージを頂いています。
私もこの文を読み、そして絢子さまのご結婚の会見を再び拝見しました。感無量です・・・

「雲泥の差」

文書だけ見ましたが
読みながら刃を突きつけられているようで、
字面を追うのが辛くなりました。

誹謗中傷という言葉で国民に対して
何故これほどの敵意を剥き出しにするのか、
その姿は若さということを差し引いても、
余りにも稚拙で私が見てきた内親王は、
仮初めの姿であったのだと感じました。

眞子さんの言動を見て
守谷絢子さんがご結婚のときに述べられた
『皇族の一員に生まれるということは、
天皇皇后陛下をお支えするということと
教わりながら育ちました。
今日をもって私は皇族を離れますが
元皇族として天皇皇后陛下をお支えしていく
ということに変わりはございません。
これからも高円宮家をよろしくお願いいたします。』
そのお言葉が思い出されました。

守谷さんの亡きお母様からのカンボジアシルクで、
作られた美しく愛らしいドレス。
守谷さんの手には亡き高円宮様の愛用されていたシルクハット・・・

皇族にあるお立場で一民間人に介入し、
それを正当化し堂々と述べる内親王とは、
雲泥の差でした。

【全編】守谷絢子さん(高円宮家三女・絢子さま)・守谷慧さん 婚約内定会見



 今から投票に行ってきます。人気ブログ「愛国画報」のyohkan画伯がリアルな絵「ハロウインの総選挙」を作成されていますので、用心しながら投票します。



ギャー、こわいです・・・


ブログのティールーム


嫌なことがあったらオペレッタにはまります。
ヨハン・シュトラウス作曲「こうもり」~チャールダーシュ
1970年代前後、ドイツオペラでルチア・ポップと並んで最高のソプラノとされたグンドウラ・ヤノヴィッツが歌います。完璧な発声、イタリアのレナータ・スコットのパーフェクトな歌唱とも勝るとも劣らない実力ですね。

Gundula Janowitz - Strauss - Die Fledermaus



19世紀はハプスブルグの凋落、しかし貴族はもはや国を建て直す気概がなくなってしまった・・・
この時に喜歌劇を書いた作曲家ヨハン・シュトラウスはそのような「その日暮らし」の貴族の日々では自分の作曲料を払ってもらえないかもしれない、と大金持ちのロシア貴族に近付くのです。これは作曲者のそんな思いも描かれています。

このオペレッタにはおカネが有り余って日々退屈しているロシア貴族オルロフスキー公を楽しませるためのパーティーが開かれています。

そこへアイゼンシュタインが明日、刑務所に放り込まれるというのに、そっと偽名でパーティーに参加。
何も知らないで、「ハンガリーから来た」という謎の美女に夢中になるのですが・・・その美女はなんと、アイゼンシュタインの妻なのです。最初から最後まで大爆笑。

歌詞はドイツ語、字幕は英語ですが、この音楽、とても素敵でまるでそのパーティーに入り込んだような楽しさが味わえるオペレッタです。

See the source image


コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 小室圭・眞子氏「結婚記者会... | トップ | 【篠原常一郎氏】総選挙、KK... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
有り難うごさいます。 (さらりん)
2021-10-31 20:52:49
べッラさま こんばんは。

拙ブログを取り上げてくださり、
また誤字を修正して頂きまして有り難うございました。

ご婚約内定の動画を拝見しながら、
私もお二人のお仕合わせのお裾分けに
預かっているような気持ちになりました。
宮様とのご縁を恐れ多いことと仰りながらも、
大きく包み込んでくださるような守谷さんのお姿に
心が温かくなりました。

お二人にとってそれぞれの大きな悲しみであった
若くして大切な御家族を亡くしたことを、
お二人で包み合うように語られるお姿には、
何度見ても胸を打たれます。

素敵な動画を有り難うございました。
これが皇族なのだと今更ながら思いました。 (ベッラ)
2021-10-31 23:16:09
さらりんさま、
おかげさまで大変美しい結婚会見を思い出しました。
あの頃は素敵なお話とは思っていたのですが、
先日のあまりにも酷い眞子氏(もう一般人ですが)
の言葉にあっけにとられ、その被害者意識の強さに
驚いてしまいました。
自分を応援し理解してくれた人だけに「感謝」し、
また意にそわない意見や忠告は「誹謗中傷」と
斬って捨てる・・・まともではありません。
また妹の佳子内親王も同じであの抱擁は「別れの辛さ」ではなく「勝利」の抱擁であり、何と狭い了見かと。
こういうお方には宮内庁もなすすべがなかったのではないか、と思いました。
それでも宮内庁は頑張る必要があったのですが、
あれを10分間見ただけでぞっとするのですから日々接していた宮内庁の方々が匙を投げるのも
わかるような気がします。気がおかしくなる、そして悠仁親王もストレスがたまるのではないか、
反社とつながりのある人を結婚相手に選び、
心配する人たちを「誹謗中傷」ではやりきれません。
不幸は重なるものかどうか・・・今回の弁護士試験落第も次回は勉強する時間すら満足に取れないし、
結婚したのですから働かねばなりません。
そして某事務所が金銭的援助をしても、それも無期限?おカネはかわりに受験してくれません。
なぜ合格を待たずに結婚したのか、そして米国で
援助する日系人団体はどんな団体なのか、
ドイツの報道にあるように日本政府はつながっているのか、某事務所と秋篠宮殿下の長年のつながりもあり、思い切って遅いですが厳しく接する必要を感じます。これでは子供も持てません。
紀子妃殿下が子育ても周囲の職員の手助けもあったことしかおわかりにならないでしょう。
あと、佳子内親王の態度やそれをそそのかす無責任な人たち、いろいろ考えると一般家庭どころの
騒ぎでないような心配があります。
渡米はやめたほうがよいと思います。
なぜ日本で弁護士を目指さなかったのか、なぜ外国で?そこにはイイカッコする見栄があるように思います。母親の責任もありますが、もう大人なのですから自分のことはしっかり責任を持たねばならない、日本にはいろんな事情をかかえながらも頑張っている若い方々が多くいます。

あのおふたりには厳しいですが、国民が心配して本心をいうと「誹謗中傷」となるのでしょうか。
二人だけの問題ではなく、日本の安全保障の問題や国連のいろんな日本文化否定の動きも気になるのです。ジェンダーも皇族が言うべきことではなく、それは男系を内部から崩壊させることになるのを佳子内親王はわからないようです。
変なダンスの写真にもあきれています。
小沢 落選^^ (rimrom789)
2021-10-31 23:19:18
ベッラ様
小沢一郎、落っこちました(笑)
岩手県民もやっと覚醒されたみたいで。

フジでは橋下がペラペラと喋ってるんですが
「斜に構えて」を「ななめに構えて」と
発言、ハッキリ聞こえましたから。
弁護士でも間違うんですね。

今回はかなり高齢候補は苦戦、共闘の立件が票を
伸ばしてる。
甘利さんも気になります。折角TPPまとめたのに。

真子さんが宮内庁職員を買い物に使ってると記事が
出てましたが、真子さんがトートバッグ持って
スーパーには行けないでしょう。
暫くは仕方がないと思いますが。
これから真子さんは日に日に痩せて行くんじゃないかな。先が見通せないし、予定が狂ってどうしたら
良いか悩みは尽きないと思う。
たとえ持参金1億あっても収入が無ければ
お金は飛んで行きますから。
FMにでも相談して資産運用でもすれば・・・。

では お休みなさい。
選挙の結果テレビで見ていました。 (ベッラ)
2021-11-01 02:15:25
rimrom789さま、
大阪本当に自民全滅ですね。
大阪の自民はあまり評判よくなかったものね。
比例でだれが復活するのか、あまり落選が多いので難しいかも?
小沢氏の支持者は高齢化が進み、選挙運動もままならなかったとか。
では二階さんは若い人を取り入れたのだろうか?
しようもないことを思います。
私は「永遠の次世代の党支持者」ですので、今はどこにも属していませんが、自民党は思ったよりも着実に(大阪以外)票をのばしているようですね。
平沼先生の息子さんが当選、この方はどんなお人柄なのかお会いしたことがないのでわかりません。
杉田氏も比例候補として当選、
やはり「あの法律事務所」問題ありですね。
これが明らかになると大変な騒ぎになります。
うすうす感付いてはいますが。
ドイツのマスコミに「日本政府が・・・」と書かれていますが、どうもそんな気がします。

どうも「けじめ」がないようです。
いいかげんに「祝福します」と言えば丸く収まるのですが、私はどうも物事がハッキリしないと、税金が動いたのですから、こんな不公平で国民をないがしろにしているなら絶対に引きません。
「皇室カルト」には曖昧にされたくありません。
最近はここに来ていませんが。
眞子氏は二カ月前からダイエットをしていると読みましたよ。料理もカロリーを考えてほしいと厳しく言いつけていたそうです。
以前「安価に出来る料理」の本を二人で見ていたとか・・・料理は大丈夫か?洗濯は?マンションを出る時の大掃除はひとりでしなければなりませんが、
恥ずかしくないだけの掃除ができるのか?
何だか心配になります。仕事も毎日ではなかったので、本当に仕事のしんどさはわかるのか?

しかし試験に落ちて渡米して生活は成り立つのか?
支援してくれるという日系団体ははたしてどんな思想をもっているのか?

まあ、民間人だから関係ない、と言いたいのですが、どうも他国が関連しているようにきいているので、・・・あ、小沢氏は比例で当確になりましたよ。この人がいると親分風を吹かせるので困りますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事