ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

昨日、「国会」見ました。・・・今、一番大切なことは誰も言わない。与野党ともグルか?

2020年02月18日 | 政治

昨日の国会・・・一番大事な討議は与野党ともうまくスルーしています。
今、一番大切なことは「中国からの旅行者その他シャットアウト」ではないでしょうか。
それと「習近平国賓招致」中止です。
与野党とも、今までもそうですが、「今、一番大切なこと」をスルーしてきました。
モリカケ・桜を見る会、これはハッキリさせるべきですが、今はもっと重大で緊急なことがあります。与野党とも「モリカケ・桜」で時間を潰し、日本国民の命を護ることは「言わないようにしている」のでしょう。
そしてそれでとんでもない「悪法」をコッソリ通過してきたこと、これは悪質です。

 

吉村大阪府知事のところのツイッター見ていたらこんなツイートを発見、

吉村大阪知事のツイートから・・・「→国難の時にこの有り様。国会は国権の最高機関であり国の唯一の立法機関(憲法41)。感染症対策、入国規制やクルーズ船検疫で法の不備は明らかなのに「やじ」が焦点。脱力感しかない。」

昨日の一般の方々の書きこみです!!

 ピースボートが大阪湾に入り神戸入港目前12月末とはいえ中国にも寄港しているのに何故どこも報道しない !!検疫の結果等も政府発表もマスコミもどこも言わない 。何なんだこの左翼への忖度は悪魔の左翼思想船にならないか

知事さん、ピースボートが明日大阪に、入港しますよ。 中国を経由してるそうです。 国会のことを、心配してる場合では無いです。

弩アホ、政権与党 通勤、通学、日々の買い物、とかく平日に不要不急の外出なんてものは存在しない。 殆どの国民が自分が感染しない自己防衛の行動をしている。 なぜ、中国からの人を入国禁止にしないのだ。

 

新型肺炎「受診の目安」発表・・・感染先の国の入国をシャットアウトできていなくて、これって何?順番すら「国民はバカだからごまかせる」と思っていたら大きな間違いです。悲しいことに国民は今、これを参考にして「自己責任」で防御するしかありません。

 

 ニューズウイーク日本版・・・日本では報道すらタブー?

米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難 新型肺炎の感染拡大が続く中、共和党上院議員がテレビのニュース番組で中国は嘘つきと非難。ウイルスの起源は本当はどこなのか、説いただすべきだと主張した

 

クルーズ船で厚労省職員感染確認

<section class="content--detail-main">

厚生労働省によりますと新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船、「ダイヤモンド・プリンセス」で厚生労働省の職員1人の感染が新たに確認されました。
職員は50代の男性で検疫に関連して、今月11日から船内で情報を収集し、厚生労働省に連絡する業務などを行っていたということです。
また11日には、患者を船から下ろす際の交通整理にあたっていて、この時、患者とは2メートル以上離れ接触もしていないということです。
職員は船内でも乗客や乗員と接触していないということです。
職員は14日に発熱の症状が出て、16日感染が確認されました。
17日未明に医療機関に搬送されて入院し、治療を受けているということです。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20200217/1050009086.html

</section>

 

中国、全人代延期へ 新型肺炎で異例措置―習氏に打撃2020年02月17日17時07分
【北京時事】中国全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会委員長会議が17日、北京で開かれ、3月5日に開幕予定の第13期全人代第3回会議の延期が提案された。憲法で「国家の最高権力機関」とされる全人代の延期は極めて異例。習近平国家主席は、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が広がる中、全国から多数の高官らが北京に集まる全人代の開催を強行すれば、さらに感染が拡大する恐れがあると判断した。
 国営新華社通信が伝えた。新型肺炎は収拾のめどが立っておらず、党・政府各機関が対応に忙殺される中、延期は不可避とみられてきた。習氏は、初動の遅れを批判されており、全人代の延期は大きな打撃となることが避けられそうにない。4月上旬で調整中の習氏の国賓としての日本訪問の日程も変更を余儀なくされることになりそうだ。 https://www.jiji.com/jc/articlek=2020021700771&g=int

 自己防衛ってもちろん必要ですよ、でもその前に政府はすべきことをする必要があります。このままでは「人殺し」ですよ!!

それから「5000円」の寄付云々、と言うニュースはネットで「勇気ある事」のように伝えられていますが。北海道では中国に大量の防御服をプレゼントするようですよ。

マスクもまだありません。「自己防衛」って何???

 

<section class="content--detail-main">

</section>

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 【国賓来日】真の目的は…! ... | トップ | オーシャンドリーム号(ピー... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (JT)
2020-02-19 00:00:05
ベッラさん
大変な中記事を上げてくださって、ありがとうございます。
>一番大切なことは「中国からの旅行者その他シャットアウト」
感染数が増えるのを防ぎ、マスクの買い占めなども防げますよね。
香港も含めて止めなければ、と私も思います。
岡田晴恵氏は、しかし、もう日本人の間に蔓延しているので意味がないと言っています。
なぜなんでしょう?

しかし、このウィルスはあまりの感染力のため、どうにもならないように思います。
自衛しようにも、人間の日常生活の中で、やすやすと体内に入り込んで来そうです。
1-2か月後には日本は武漢、湖北になるという人もいますね。非常に心配です、

あべ政権は長い統治で、政治をとことん壊し、イエスマンの腐った無能な人物ばかり登用してきたので、これほどの危機を(もっと楽なものでさえ)乗り越える力などありません。
いえ逆に悪手ばかり打ちます。これは失敗なのか、故意なのか?
武漢を見て、想像できないということが、あるのか疑問です。
媚中の連中から偽情報が来ていて騙されたとか?
ともかく当事者能力、危機管理能力の欠落に怒ります。
国会はこの肺炎対策の議論をどの位したのでしょう?
専門者会議の人選は大丈夫でしょうか?不安です。
WHOの言うことに従うしか能がないのでは?

それと、目が感染防止の盲点になりがちなそうです。
花粉の季節が来ていますのでなおさらです。
お気を付けください。
目からの感染は心配です。 (JTさまへ)
2020-02-19 01:20:17
ご丁寧なコメントをありがとうございます。
テレビでは岡田晴恵さんが最も良く出演されていますね。もう一人の木村もとよ女史はハッキリ発言され、今は中国からの入国を止める必要ありと言われています。しかしこのおふたりも
なかなか慎重に仰っていて、何となく胸中をお察ししたくなります。岡田さんは「細菌学者であり政治はわからない」と言葉を濁していらしたとネットで読みましたが。

政治家が今も想像もつかない程レヴェルが低いので、…それと安倍さんが今まで「抜擢」してきた大臣たちが、イナダをはじめ、信じられない傲慢さと無知、それでも安倍さんを擁護されている方々の神経がわかりません。

菅官房長官よりずっと策略が上手いのは安倍さんらしいときいています。
菅さんと安倍さんの溝はもはやどうにもならない、保守と称する「支持者」は菅さんだけを責めていますが、正直言って「可哀想」と同情されて安倍さんの本当の姿をしっかり見ていないのでは?例えば安倍さん批判をするとかなり「上から目線で何もわかろうとしない頑固な」人たちが説教してくるんですよ。

かつての小笠原の海にチャイナ船が大量に長期間来た時も安倍さんは何事もないかのようでした。そのほか「野党がいつものようにくだらないことを」と言いますが、ご自身は真っ白ではないのに、と疑問がわきます。

また「安倍さんの思い通りにならない、菅さんが~」など、安倍さんの政治家としての無能をかばう人が多いのです。

安倍さんはこのような背後の「応援」をよいことに、昭恵夫人にも甘やかすことはあってもコントロールできない、それでも「文句を言うのは何事か」と国会で態度が大きい、「側近」は何も言わない。・・・この常識で考えられない日々が長期間の安倍政権です。

野党と与党はグル、というのは「ここぞ」とばかり「悪法」がその隙間を伺いながらこっそりと法案が通過し、国民には知らされていないこと等です。自分でこんなことを書くのも情けないおもいです。

目の感染を防ぐにはゴーグルはちょっと勇気がない、せめてサングラスでも買おうかな?と思ったりしています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事