ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

内閣官房参与を辞退の藤井聡教授の無念、韓国への対応の疑問、ロシア外相の日本への圧力

2019年01月14日 | 政治

藤井先生の怒り激しく、政府批判をハッキリ発言されている。特に後半は当然だがものすごい!!・・・藤井先生の無念とお怒りがよくわかります。

【藤井聡】内閣官房参与辞職!怒りの心境を暴露。「全て真逆に加速している‼」安倍政権の功罪 2018年12月31日 最新ニュース【JPN保守チャンネル】

 

プーチンに「日本は主権があるのかわからない」まで言われて何も反応しない日本政府、日韓合意の10億円も、世界では韓国への賠償金と見られている。

安倍政権ですすめた移民法、公文書偽造、その他、藤井教授の舌鋒鋭く、ますます強く激しく批判されています。是非お聴きください。

 

ここから私の意見ですが・・・政府の韓国への対応について。いつもの安易な対応では日本の名誉が護られず、これから自衛隊の安全もますます危機にさらされます。自民党議員は政府にあの「移民法」で大服従。国民を護るよりも自分の次の公認を優先した、私はこうした政治家は政治には向いていない、無理と思います。それに日本国民の言論の自由を奪う法案が続々、韓国への生ぬるい対応をロシアも見ていて「ビザなしで」などとロシア外相は圧力をかけてきているのです。国の内外共に息苦しい日本の立場。

何が日露交渉か?だから自分の名を挙げようだなんてやっていたらとんでもないことになるのです。ロシアは「北方領土のロシア主権を認めよ」と言っています。http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e3%83%ad%e3%82%b7%e3%82%a2%e5%a4%96%e5%8b%99%e7%9c%81%e3%81%8c%e5%a3%b0%e6%98%8e%e3%80%8c%e5%8c%97%e6%96%b9%e9%a0%98%e5%9c%9f%e3%81%ae%e9%9c%b2%e4%b8%bb%e6%a8%a9%e8%aa%8d%e3%82%81%e3%82%88%e3%80%8d/ar-BBS8Kf2?ocid=st

 

安倍信者が批判を封じ、御用評論家も「安倍しかいない」と詐欺同然のことを言い続けた。もうどうにもならなくなって、小池都知事を批判をはるかに超えてバッシングし「文庫本も出ました」と宣伝して自民党に忠誠を尽くしたはずの女性評論家は方向を変えたのか、自民党議員たちは「移民法」「ヘイトスピーチ法」「種子法廃止」「水道法民営化」など、書ききれないほどの悪法をすすめるのに、一つも抵抗する勇気もなかった。それでは無法にも殺人予告をされた挙句、糾弾デモで袋叩きにされた杉田水脈議員をけなしこそすれ、護る事などできないであろう、もうマトモナ議員らではない。魔女裁判のように一方的につるし上げる左派やマスコミも狂気のようで、怖ろしい国になった。既にモノが言えなくなったように感じる。保守の仮面を被って保守に「なりすまし」ているのが最も手に負えない。

藤井聡内閣官房参与のお怒り、よくわかる。これでも言い足りないほどでしょう。国土強靭化を国に推進してきた藤井先生は、「もはやこれまで」と、参与をお辞めになる。そして京都大学大学院教授に専念と文筆活動、このような専門家に三下り半を突き付けられるみっともない政権、自浄作用もないのか…有能な政治家を落選させ「安倍しかいない」とお経の如く言い続けた人たちは責任を取らない。ダンマリの保身をひたすら続ける。

韓国への対応のことは別に書くつもりです。

2019年1月22日、石井望長崎純心大学准教授の講演会〔東京〕の最新のお知らせです。リンクをクリックでご覧ください。https://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/19019fd4185213e940d38ce01db91ee2

石井望長崎純心大学准教授のサイトご案内http://senkaku.blog.jp/2018122878583375.html?fbclid=IwAR04grhJNPRIFvchs-ET1zWrBIj0OO7I7E6tt5LI3Ik9g8XfEZfw3g6Qptk

 

ブログのティールーム

 本日は久しぶりにヘンデル作曲「スキピオマーチ」です。

March from Scipione - George Friederich Häendel

 スキピオはあのカルタゴのハンニバルを破りローマを護ったのですが、何と元老院や政敵に追いやられます。私はこのスキピオに三宅博先生を思い浮かべていました。この曲は明るくて元気が出るのです。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 【女性討論・特別編】日本人... | トップ |  西村幸祐氏~韓国レーダー照... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事