ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

左派を凌駕?自民党の狂乱。~胆力なき安倍ルーピー。再び佐藤健志氏の文を転載しました。

2016年03月06日 | 政治

★ とうとうここまでするのか・・・。

『自民党が移民に関する議論開始、3月中旬に特命委=木村参院議員

http://jp.reuters.com/article/ldp-kimura-idJPKCN0W50BK
 自民党は、3月中旬に「労働力の確保に関する特命委員会」を立ち上げ、移民を含めた労働力としての外国人の受け入れに関する議論を開始する。特命委の委員長となる木村義雄参院議員が3日、ロイターに明らかにした。
 同委では4月中に提言をまとめ、政府に提出する。木村氏が委員長を務め、顧問に野田毅氏、村上誠一郎氏、逢沢一郎氏などを迎える。

 特命委の目的について、木村氏は「50年来のタブーを破って、外国人の労働力としての受け入れに関する議論に踏み込む」と述べた。

 人口減少に伴う労働力人口の減少が予想され、「成長を確保するには、(外国人労働者を受け入れ)労働力を増やしていく以外に方法はない」とし、このタイミングでの特命委発足について「背に腹は代えられない」状況にあるからだと述べた。
 ただ、党内では外国人労働力の受け入れに反対する声も根強くもあるため、その是非を含めて議論する。

 また、提言をまとめるのは7月に予想される参院選挙前となるため、「移民」という言葉を盛り込むことは難しい、と木村氏は述べた。(後略)』

 ね? 
「成長を確保するには、(外国人労働者を受け入れ)労働力を増やしていく以外に方法はない」
 木村議員は資本主義の基本すら知らず、産業革命前の「頭」なのです。このレベルなのですよ。

 しかも、根本から間違った政策を、
「50年来のタブーを破って、外国人の労働力としての受け入れに関する議論に踏み込む」
 などと、やたら勇ましく、格好つけた宣言と共に推し進める。繰り返しますが、我が国の政治家は「このレベル」なのです。
 経済成長率を抑制し、国民の実質賃金を引き下げ、貧困化へと導く路線を、根本から間違ったレトリックに基づき突き進む。国家とは、このように亡国に至るのです。
 労働力の確保に関する特命委員会は、「亡国の特命委員会」なのです。(以上、三橋貴明氏のメールマガジンより)

★ 大半のおバカ野党、そしてその売国政策をすすめることで与党自民党は党内で「日韓合意」「世界遺産」「安倍談話」でも自由な議論が許されていたか?
会談の一歩一歩というよりも数段とびで売国への道を強引に進む。
ビットコインというのも「世界通貨」でしょう。
安倍に白紙委任は国民の誰もしていない。
もともと「日本を取り戻す」という詐欺にひっかかったのでしょう。左派より怖い実態、これで日本はどうなるか。
言語に絶する・・・。



★ 佐藤健志氏のエントリから転載させて頂きます。

昨日の記事

「安倍総理の悔やみごと、または現実が見えない保守」では

総理が今になって

「消費税を8%に引き上げたら景気が冷え込んだ。

上げなければ、税収は今頃もっと増えていただろう」と、

半ば悔やむように語っているという話を取り上げました。



・・・なんか、今の今まで

誰もそのことについて進言してくれなかったかのごとくですね。



ただし、仮にそうだったとしても、

政治は結果がすべて(©安倍総理)である以上、

政府のトップとしての責任はまぬかれません。



総理自身、昨年の米議会演説「希望の同盟へ」ではこう語りましたからね。

History is harsh. What is done can not be undone.

(歴史は厳しい。起きてしまったことは取り消せない)



さよう、

(税率を)上げなければとおっしゃいますが

国の舵取りにタラレバはないのです。


が、それは脇に置きましょう。



ならば、これから総理は何をすべきか?



昨日の記事では

まずは消費税を5%に戻す

(税率を上げたせいで税収が落ちた以上、8%据え置きは不可!)

ことを提案したわけですが、

おなじみ平松禎史さんは、

ご自身のブログ「Tempo rubato」で

財政出動による緊縮路線解消を提案しつつ

こう述べています。



しかし…

・・・考えてみましょう。

安倍政権の全体の政策や憲法観など

(要するに国家観のなさ)を見るにつけ、

小手先の修正なんかしないで

このままグダグダになって選挙で負けて、

ネジレて、決められない政治になったほうが、

今の日本にとってはなんぼか良い状況だと言えませんか?



現状維持を望んでるのではありません。

いま以上に悪くなるのを阻止するのです。


原文をご覧になりたい方はこちら。
http://ameblo.jp/tadashi-hiramatz/entry-12133555918.html


ここで思い出されるのが

「2001年宇宙の旅」などで知られる巨匠

スタンリー・キューブリック監督について

作家・脚本家のフレデリック・ラファエルが語ったコメント。



キューブリック監督と言えば

映画を1本つくるのに恐ろしく時間をかけた人。

つまりは決定を下すのも遅かったのですが

遺作となった「アイズ・ワイド・シャット」のシナリオを担当したラファエルは

打ち合わせの席における監督の態度についてこう述べました。



キューブリックは優柔不断に振る舞っていたわけではない。

「今は決定を下すべき時ではない」と判断していたのだ。

この二つはまったく違うことだ。



いわゆる「決められない政治」についても

同じことが言えないでしょうか?



わが国では普通、

これは「優柔不断な政治」という意味で

否定的に用いられます。



しかしですな、

何でもかんでも、とにかくさっさと決めればいい

というのは本当か。



ろくでもない決断をどんどん下す政治よりは

「今は決定を下すべき時ではない」と見極めて

慎重に振る舞う政治
のほうが、ずっと賢明でしょう。



というか、それこそが保守主義の本質。

エドマンド・バークが「新訳 フランス革命の省察」で喝破したとおり、

重大な決断を迫られたときほど、

臆病なぐらい慎重であるほうが良いのです。


それどころか、

たんに優柔不断なせいで決断が下せない政治すら

ろくでもない決断をどんどん下す政治よりはマシでしょう。



現在の政治が

ろくでもない決断をどんどん下す状態に陥っているとすれば、

ひとまず必要なのは

賢明さゆえか、優柔不断さゆえかはともかく

決断を容易に下さない(ないし下せない)状態にすること。

これは間違いなくステップアップなのです!



安倍総理の名言ではありませんが

History is harsh. What is done can not be undone なんですからね。



ちなみに「希望の同盟へ」演説については、

戦後脱却で、日本は「右傾化」して属国化する
で詳しく論じました。


あの演説

いわゆる保守派の間では概して好評でしたが

じつはかなりとんでもない内容なのですよ。



ではでは♬(^_^)♬

http://kenjisato1966.com/%e6%b1%ba%e3%82%81%e3%82%89%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e6%94%bf%e6%b2%bb%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88/#comment-3620
・・・佐藤先生のサイト


★ 佐藤氏の「右傾化」して属国化する、の「右傾化」にカッコをしている意味、わかります。
また平松氏の痛快なコメントも・・・


おそらく自民党は自信を失っていて、安倍首相だから高支持率が維持できてると考えているんでしょう。
「安倍の他に誰がいる?病」ですね。
志のある議員はいるんでしょう。
興味が無いのでよく知りませんが党内力学も影響しているんでしょうね。
組織としておかしくなっているのに自信のなさが蔓延していて出てこれない。
民主党も似たようなものですが。


もう安倍政権のメッキは剥がれているので国民が思い切って引っぺがす時ですね。それに応えられる政治家がいるかどうかです。


★ それに応えられる政治家はいます。ただ組織がない、崩壊させられた・・・、しかし支持するのみです。次回は「三宅博」~天衣無縫シリーズ~の予定です。


ブログのティールーム




シューベルトの歌曲、「糸を紡ぐグレートヒェン」
クリスタ・ルートヴィヒの歌唱
Christa Ludwig; "Gretchen am Spinnrade"; F. Schubert


ピアノのくるくる回る音型は「糸車の音」と「迷う心」、
そして乙女グレートヒェンは、ファウストの真の姿を見破ることができず苦しむ。

グレートヒェンは安倍を盲信する人たち、ピアノの音型は迷う日本の安倍ルーピー支持者だけでなく支持してきた国民。

ゲーテの「ファウスト」を読んで、シューベルトはイッキにこの曲を書き上げたのです。
善意だが無知のグレートヒェン、翻弄するファウスト、(ファウストを操る悪魔のメフィストフェーレ・・・)

シューベルトは天才ですね。ゲーテは偉大です。




コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 佐藤健志氏のエントリから~... | トップ | 三宅無双~シリーズ 天衣無... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (rimrom789)
2016-03-07 00:55:31
ベッラ様
安倍内閣発足当時は順調だった経済政策。
失策のターニングポイントは正しく消費税アップでした。

浜田・黒田・安倍トリオが足並みを揃えていたら今の計算ミスは無かった。

改めて浜田氏に教えを乞い、素直に従うのがベストかも。
それこそ官僚を蹴散らすくらいの勢いで。

浜田氏は真っ正直で英明な人物。
「紫BBA」に向かって「貴女の様な教授に習う学生は本当に気の毒だ」と切り捨てた。
「プライムニュース」で見たけれどMCの反町氏は目が点状態に。

ところで目にするのも不快な記事がネットを縦走してるのですが、ご存じでしょうか。

韓国人写真家(モデル)作成のコラです。
ベッラさんは正視は無理かな・・・。
「保守速報」の記事ですが。
Unknown (翡翠)
2016-03-07 21:32:30
確かに経済が持ち直すか・・・
に見えた矢先の消費税増税、
あれがまたまた日本の首を絞めました。「日本の心」の和田議員が
5%に戻すべきと言ってるようですが
全面的に賛成です。
消費税そのものを廃止してもいいくらいです。これができてからどんどん
悪くなってる気がします。
昔、物品税というのがあったから
あれを復活させればいいと思います。
安倍さんの代わりはいくらでもいます。「ねじれ」たほうがいいです。
悪政をどんどん進められたら
困ります。
移民の話もやっぱり出てきましたからね。これが民主党だったらもっと
保守は警戒し、大騒ぎして怒ったはずですからね。
安倍さんだから却って恐ろしいことに
なってます。
さすがは経済にお詳しいフィガロさま (rimrom789さまへ)
2016-03-09 07:42:43
オペラでもフィガロは経済感覚が鋭く、大活躍するのですが、rimrom789さまはさすが・・・私は経済ダメなのです。
浜田さんって・・・そうだったのですか。

消費増税はするというし、外国に大金はばら撒くし、
日本どうなるのかしら・・・。
外国人労働者はチャイナが大半 (翡翠さまへ)
2016-03-09 07:52:38
青山さんがそう言っていたし、学者の方も「安倍とチャイナで水面下の取引」と言っています。
今まで安倍は日本人に良い政策をしたでしょうか。
戦争で侵略するより、他民族でじわじわと・・・。
それに移民対策の体制もすでにあるようです。
チャイナと水面下、というえばあの「緑化」に100億円も
突然チャイナに「差し上げた」のやチャイナの望むスワップなど・・・いろいろききます。
安倍にはなぜか甘い人が多い、百田さんの「カエルの楽園」読んで悲しい爆笑をしました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事