ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

【佐藤健志】おはよう寺ちゃん 活動中 2015年2月24日回

2015年02月24日 | 政治

【佐藤健志】おはよう寺ちゃん 活動中 2015年2月24日回



テーマ一覧
03:38 西川農水大臣が辞任・・・「そのふりをする」というのが大笑い。佐藤先生、面白い。

08:12 後藤さん拘束はイスラム国 政府1ヶ月前には確認・・・鋭い指摘!!

12:06 対露独立戦争始まり以前なお複雑な心情も・・・ウクライナ情勢、いよいよ国際情勢はきれいごとではすまされない、今なお「武力」が解決するという現実。これを覚悟でないと日本の発展もない。

15:25 前後70年談話について・・・「安倍談話」の有識者グループを組織。歴史認識をどう表現するか? ベストと言う言葉をどう解釈するか?2つある。さすが佐藤先生!!
あいまいな態度は許されない。「かつて悪かったけれど今はよくなりました」と言う態度では通用しない。筋の通った対応をするのがよい。

  「戦後レジーム」・・・もともとの「戦後レジーム」は連合国が仕組んだこと、冷戦のおかげで日本はアメリカに組することで経済発展ができた、というねじれたパラドックスがある。
下手に脱却すると「繁栄」も脱却したりして・・・そこでどうやって「中庸」とするか?と安倍総理は考えたのか。

25:04 曽野綾子氏のコラム抗議の声 日本の移民政策はどうなる?・・・作家の曾野綾子さんが
「住み分け」について書いて抗議がかなりあったこと、曽野さんは「差別」でなく「区別」と言う。労働力・移民に関するものではないと思う。あくまで「自発的なもの」と書いている。
その時に日本政府はどうするのか? 介護の容認で、ものごとはすべて日本人の要望通りには
いかないと思う。これは「論」よりも「願望」であり、人種隔離政策を容認するものではない。

ドイツでは移民排斥運動をしている・・・モノではない、人間を受け入れるということは、簡単に決めるべきではない。社会を不安定にさせる政策は慎重にしなければならない。

短期的な利害対立と長期的な利害対立があるが、角がたたないようにしたつもりが、あとでよけいに大変なことになることが歴史では十分にある。


『愛国のパラドックス』~「保守派は本当に保守派か?」など佐藤先生の本は面白かった。



コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« クライン孝子氏【言いたい放... | トップ | フランコ・コレッリの歌う「... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無関係、ゴメンなさい。 (seesaa1824)
2015-02-24 18:34:00
ベッラさん、

時間があり、YouTubeのお気に入りの整理をしてます。

6/25/2014 に、PUBLISHEDの青山さんの水曜アンカーの熱い解説が目に止まり(”再度注意深く”)聞きました。

ベッラさんも当時お聞きになったことでしょうが、再度、お聞き下さい。集中してお聞きください。(命令調で失礼、でも、他のことをやりながらでは、青山さんの大事なポイントを聞き逃す恐れあり)

河野談話は見直すことなく、この河野談話を出すに至った、「経緯を発表する」ことが青山さんの言う通り狙いであれば、韓国政府側、韓国国民大混乱するのではないでしょうか?

是非、青山さんの、言う通りであって欲しいですね?

https://www.youtube.com/watch?v=8_9pIpjgrng&list=FLpqai0n3tlW66Rz7o6XJBxA&index=1

その方法が私はよく理解できないのですが (seesaa1824さまへ)
2015-02-24 20:20:47
青山さんは時として、わからないこともあり、この時は
「独立記念館」に対する怒りはわかるのですが、河野談話撤廃に東京まで参加していた私には、賛成しかねないことでしたが、韓国ははたしてどうだったでしょうか。
韓国の人たちは、捏造を信じ込み、また日本が支払った
巨額のお金のことも、知らないようですが、慰安婦像を
アメリカのあちこちに建て、またソウルの日本大使館前に
まで建てた、このことは本当にひどいと思います。

アメリカは東京裁判史観でものごとを考えますので、
誰が大統領になろうと、それをくつがえすことはない、
原爆二度の投下や東京大空襲をはじめ、各地での空襲、さらにドレスデン大空襲、これはヨーロッパでも
非難されるようになりました。

日本は敗戦国、しかしよくここまで復興できたものです。これは奇跡的な復興でしょう。
しかし、別に失うものもありましたが・・・。

韓国は今日のニュースでも、強制連行で日本企業に
無理やりに働かされたとひとり1000万以上のお金を
要求しています。
こうなると、この国とは関わりたくないという気持ちが強くなります。

なのに二階議員をはじめ、舛添都知事など、とんでもないですね。日本の悲劇は国内がこのような状態であることです。
このごろ、情けなくなる私です。
いちいち納得。 (桜咲く)
2015-02-25 19:17:08
移民に対する見解など、私がyohkanさんちに書き込んだのと殆ど同じで嬉しくなりました(^O^)/

安倍談話についてですが、青山さんでしたっけ?
「生温い談話出すぐらいなら出さなくていいのでは?」
に、賛成なんです。
まだまだお花畑が多い中、マスゴミは捏造し放題、左翼の主張ばかり報道するし、ビシッとした談話を出したにしろ今の民度じゃ政権運営に影響しかねません。
と言って村山談話を踏襲するような談話では無意味どころか後退です。
だったら止めとけば?と。

あと談話に関して佐藤氏が、「このように解釈してくれるといいな。」と期待して曖昧に表現するのは避けるべき。
と言われていましたが、これは私自身が反省させられました。
相手は自分の言いたいことをわかってくれる筈だと思い込んで書き込みしてないか?
そうだとすればそんな自分を律したいと思います。
楽しく説明が聴けます。 (桜咲くさまへ)
2015-02-25 21:44:26
このごろ、左派が(本物の左派ではない、「反日」勢力というのが正しいでしょうね)もうデタラメを押し通そうとして、
あちこちで大変です。
まともな話ができなくなっていることを危惧しております。
佐藤さんは、そんな「反日」勢力のデタラメをキッパリと
断ち切るような鋭さと聴き手には楽しい雰囲気で余裕を感じます。実は私、佐藤さんとトラブルがあって、あとで大変仲良しになってしまったのです。
http://kenjisato1966.com/%e3%83%99%e3%83%83%e3%83%a9%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88/
私はあの時、佐藤さんが水島さんを「残念司会」と批判したので、その時は水島さんをかばっていたのです。
でも佐藤さんの仰ることが正しいと思ってきて謝罪したのですが。今はあれから水島さんの正体がよくわかって、水島さんの異常なほどの田母神叩きにも辟易しています。これは私個人の意見なので、気分を害しないでくださいね。いろいろあったことをお話したまでです。

「移民」「婚外子」などなど、Yohkanさんとは考えが違って、あの時はコメントが多くなりましたね。
桜咲くさまを知ったのもそのころでした。
それから私のブログにも来てくださって、よくお考えを述べて下さり、勉強になっています。
なんだか感謝の気持ちを伝える言葉がうまくでなくて、いつも申し訳ありません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事