ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

杉田水脈議員に対する糾弾集会、そして言語同断のおぞましい絵、これは問題ではないのか?

2018年07月30日 | 政治

下記のようなものが出回っている恐ろしさ!!

 

 LGBT:「杉田議員辞職を」自民党本部前で5000人抗議 (主催者発表)

 

 

また、大阪で、杉田議員に緊急抗議集会(といっても数人だけど)立憲の尾辻議員が「同性パートナー法をつくりましょう」街頭演説

https://www.youtube.com/watch?v=hITVit7rjcA

 
この状態はいったい何? 
では他のyoutubeもご紹介します。

【有本香・竹田恒泰vs玉川徹・高木美保】杉田水脈氏の「LGBTは生産性がないのです」発言への対比

杉田議員への「糾弾」は反日左派が騒ぎ、火だるま状態。マスコミもこれに加勢。
 
「殺害予告」に対して強い態度を執らないと、杉田議員だけの問題ではない。まるで『文化大革命」だ。
 
玉川氏は「国家の為に貢献」しないという条件付きで人権を考えている、などと誤った解釈をしている。
 
建前と本音は左右双方にあり!!・・・自民党の政策を勉強していないなどと有本氏は言うがこれでは今までと同じく「ヒラメ議員」大量生産である。
私個人の考えだが、ツイッターで「負かした」とのやりとりは不毛であり、憎悪を増すだけである。
これは私は杉田議員に直接申し上げたことがある。
 
しかし人間なんて完璧ではない。杉田議員を護るなら時にはそっとアドヴァイスも必要だった。それは誰にも言えることだ。
ここで問題なのは「殺害予告」を軽く扱っていること。上にある怖ろしい絵を見ても「狂気の沙汰」としか思えない。大勢でやっていれば『普通の感覚』になる。反日左派が賢ければこういうことはさせないはず。
 
この状態を嘆いて下記のようなツイートもありました。

★ まともなツイートが増えてきています。

全ての朝日新聞記者様へ
杉田水脈氏への抗議活動で掲げられたプラカード(中日新聞写真)。
1人の人間を「社会の敵」とし「殺害、処刑、リンチ」が扇動されました。
杉田氏を批判するにせよ、...
赤報隊でテロの悲しみを知っている朝日新聞にこそ、声をあげて欲しい。

この国の「リベラル」を信じたい。(書かれている内容です)

 

★ 一色正春氏からも・・・さすが一色さん、尖閣の勇者だ。

 

「一人敵地に突入し集中砲火を浴びている戦友を助けなくてどうする」

 

 
ブログのティールーム
 
若き日のフランコ・コレッリが歌うプッチーニ「トスカ」~妙なる調和
 Recondita Armonia - Franco Corelli (Very Young) ・・・35歳のコレッリ、古い映像です。
 
 

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 小川榮太郎氏、ひどい誹謗中... | トップ | 習近平への批判が党内外で表... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
激しい憤りを感じます (ユ-ナ)
2018-07-31 07:19:28
杉田水脈さんに対する様々な誹謗中傷行為には、激しい怒りを感じます。
もはや、ひとりの人に対する集団イジメというしかありません。
私は、自民党本部を包囲して、糾弾集会をやってる人たちの醜悪で暴力的な態度におぞましさを感じました。
あの集団の中に「本当のLGBT」の人たちが、どれほどいるのでしょうか?
私は、何故自民党の政治家の人たちが杉田水脈さんを積極的に護ってあげないのか不思議でなりません。
たぶん、(杉田さんへの)批判者に言いたいことを言わせて「ガス抜き」を計り事態が沈静化するのを待っているのでしょう。、、、しかし、それでは、杉田水脈さんの立場はどうなるのでしょうか。
 「人権」を叫ぶ人たちが最も人権を侵害している不条理さを如実に感じました。

それにしても、自民党の反主流派の石破とかいう人は、卑怯ひきょうな人ですね。
ひとりの女性(杉田水脈さん)が、大勢の者からイジメを受けているのを見て、あとからイジメのグループに加わっているんですから、、、、最低の人というしかありません。
 私は、石破は、絶対に自民党総裁(内閣総理大臣)にしてはならないと確信しました。!
昔は、一定数LGBTは、居た。 (katachi)
2018-07-31 14:20:26
殊更に持ち上げる問題でもなく人権団体は、何でもいいからちょっとした事実を差別用語と無理やり押し付ける。
一般人からすれば、当たり前の事を言っただけだろうと思ってしまう。
だからと言ってその個人を差別は、しない。
匙加減を間違えて生まれたんだなと思ってしまう。
中には、男女の両方の気持ちが、解ってしまうと言う人も居る。
LGBTの人は、明確でない自分にいら立つこともあるだろう。若い時程、悩んだに違いない。
他人と違う事に気付いた時は、一般人には、解りずらい。
性別の違いが、悪気も無く当たり前と思っているから少数者に気を使わない事も有る。
でも同じ人間として差別は、無いですよ。
左翼共産主義者は、全ては日本破壊が、目的であるから、理由は何だっていいのである。
山尾しおりも自分の家族を破壊せず浮気相手の政策秘書の家族を破壊した。
共産主義者は、身勝手で自分さえ良ければ良いと言う考えの持ち主が、多い。
そんな人間が、日本の議員の多数を占める。
今の日本は、唯物に狂った人間と保守の伝統文化を守ろうとする人間の戦いだろう。
世界的にも似非ユダヤ共産主義者とナショナリストの戦いだろう。
40~50年前に言われた事だが、日本人は、赤化するが、日本は、赤化しないと言う事が、今現れ始めたことになる。
ネットが、無ければもっと時間を要したかもしれない。
日本は、自立した国家になるしかないのである。やはり中心は、天皇になる。
これは、人類の理想の姿ではなかろうか。
私心の無い権威者が居てその下に為政者が居る。
日本は、昔からそうしてきた。
封建時代は、天皇を無視する時代も有ったが、征夷大将軍には、やはり国主たる天皇のお墨付きが必要であった。
似非ユダヤ共産主義者は、世界の天皇にならんとする唯物論的搾取の頭になる事が、主目的で有る。
日本の天皇とは、雲泥の差を持っている。
今では、皇室にまで魔の手が忍び込んでいる様に思います。


はたして杉田議員対左派でしょうか (ユーナさまへ)
2018-07-31 23:20:38
私は稲田元防衛大臣の「自民党の考えとは違う」といった発言が気になります。
自民党はLGBTで一定の取り組みをしてきたそうです。
有本香氏の話では「杉田議員も自民党のことを勉強しておくべき、自民党が取り組んできたことがこれで水泡となった」と上から目線で強い調子で言っています。
党の方針として話し合いはされたのでしょうか。

その時に「反論」は自由だったのでしょうか。
また稲田元防衛大臣のやはり上から目線のものの言い方に無理を感じました。

稲田議員もさんざん叩かれた人、しかし杉田議員の
誕生日には写真で見たのですが、評論家の
櫻井よしこさんのもとで集まった杉田議員に大きな
バースデーケーキを差し入れています。

そんなことよりも何かいいアドヴァイスをなさったほうがよかったのでは?その方が感謝されるし、この件は
もっと時間がかかるし、非難するときは性急に責め、
政治家の世界の薄汚さも感じます。

ましてや国会前で主催者発表5000人が糾弾して
いるのです。

私はこの前に「殺害予告」をどのようにとらえ、
政府としてもこれを断固許さない、という姿勢を
示さないことは絶対に理解できないのです。

よく左派が「言葉の暴力」とか言いますが、これは
左派は自分たちが行っていることはどう思うのか、
ますますものがいいにくい、そして政府はそれに
引いている、媚びている、・・・納得できません。

貴重なコメントをありがとうございます。
困ったことです。 (katachiさまへ)
2018-07-31 23:33:23
杉田議員は確かに「生産力」という言葉は標的にされやすいので、別の言葉に言いかえた方がよかったとは
思います。

しかし私が思うには「いつかこういう日が来る」ということです。反日左派は本当にそういった方々のことを思って
いるのか、もしそうなら国会前のあの騒ぎは何?って
思うのです。

「正義」と思い込んであのような糾弾集会を持った人も
います。フランス革命の人民裁判、中国共産党による
文化大革命など、集団の暴力です。

そして同時に「正義の名の下で」欺瞞や同調圧力が
大きな力で動き、自由にものが言えなくなります。

 katachiさまがコメントされた中で「
今の日本は、唯物に狂った人間と保守の伝統文化を守ろうとする人間の戦いだろう。」という言葉は重いですね・・・特に「差別」を旗印にすれば、怖いものなしになります。

日本人はそういうのに特に弱い。
ドイツも移民難民を受け入れなくては「ナチス」の
ことがあり、複雑だったと察しています。

しかし過ぎるといつか、その圧力に対して反対の力が出てきます。

私は議論が自民党内でもなかなか自由に言えない雰囲気があるのでは?と思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事