ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

Katachiさまのコメントは日本の姿をそのままに・・・

2015年08月10日 | 政治

★ 「討論」の西部先生の発言を書きとりたいと思いながら、この暑さにすっかり元気がなく出来ていない。メモでもとりたいと思っている。昨夜は私のブログにコメントを寄せてくださっているKatachiさまの文を転載します。読んでいてだんだん感激してきたのです。

真実が解るほどに怠りなく。
(katachi)2015-08-09

ルーズベルトに日米両国民が、騙された訳で、日本の場合は騙すより強引に引きずり込んだ形になりました。

アメリカが、戦争をする時必ず自国の犠牲者を作りそれをネタにリメンバーをくっ付けて戦争を煽る常套手段にでます。

最初のリメンバーたしか映画にもなったジョン・ウエイン主演のアラモの砦でした。

メキシコからテキサスを略奪する手段としてアラモを全滅させてアメリカ国民に煽りを入れた訳です。

とにかく戦争に駆り出すたびに度にリメンバーです。

アメリカ人は、それだけ単純なんですね。

この様な世界の考えとりわけ白人の思考から類推すると、常に裏切りを念頭に克正論を把持して事に当たる事を心がけるのが今後の日本人である。

日本人として正邪を見極めて大和魂を貫く民族で有りたい。

そうでなければ、日本人としての価値が失われる。

頭でっかちだけの日本人は、世界からも気味悪がられるだけである。

何を考えているか解らん民族ほど不安を掻き立てる。そうは、有りたくないものである。

(以上、Katachiさまのコメントより)


★ このごろやる気がないのも猛暑のせい、と自分では言い訳しているが根気がないのである。
自分のことは自分でわかっている。

しかし、多くの政治家の政治姿勢にこのごろ気になることがある。
自分のしていることの状況説明はわかるが「自分の宣伝」が多い。そしてあれをしたこれをしたと列挙する中で、それを読んでいて「この人は深い」と思わせるところなど感じない。
またそうしたことに興味のない、それより国民に心を寄せる政治家ほど自分を宣伝しないのでかすみがちになる。

そういう骨のある政治家ほど、自分はこれからあれをします、これをします、ということは言わない。
それより他者を心配し、国民を思い、自分がどんな状況であれ、恵まれた宣伝のある環境でなくても地道に活動する。

かつて日本人はこうした人たちを見抜く目があった。

残念なことに、多くの政治家は(私が応援している党であろうとなかろうと)かなりけたたましく感じるし嫌な気持ちになることがある。
私は少しずつそうしたのから身を引いていった。目立つことや自己アピールがツイッターやその他の報告に「これでもか」と満載であり、それが見えすぎる。音楽に例えると「フォルテッシモ(最強音)の装飾音」ばかりなのである。
ネオンとサイレンと言ってもいい。上滑りであり言いたいことは「自分が自分が」である。
そうなるともはや政治でなく「ショー」である。私は「ショー」に付き合う気はない。
そのけたたましいやりかたに共感することはあまり多くないし、冷めて見てしまう。


今日はこの音楽を・・・

リッカルド・ムーティ指揮によるマスカー二作曲のオペラ『カヴァレリア・ルスティカーナ』間奏曲
Il Maestro Riccardo Muti dirige l'Intermezzo della Cavalleria Rusticana

・・・百田尚樹氏が「永遠のゼロ」のフィナーレを書くときにこの曲を聴き、涙でいっぱいになったという・・・



コメント