ベリーズ生活探検 Days in Belize

中米ベリーズで2012年10月~2016年10月暮らした。ベリーズは、自然が豊かでおもしろく、ちょっと不気味な国でした。

ラマナイ遺跡 Lamanai Archaeological Site

2014-05-25 | Lamanai ラマナイ遺跡

客二人と夫と私の4人でラマナイ遺跡に行った。

夫は、私がいない間に、ほかの人達と行ったので、2回目。

今回は、クルックド ツリー ロッジで、教えてもらったLamanai Eco Tours のツアーに参加する。以前Trip Advisorを見たら評判がよかった。

数週間前に一度電話で確かめてあった。

Mr Errol Cadle ;エロール キャデル の携帯 610 1753

この人は、評判の良いガイドさんで、この人が今は、ファミリーでツアーをやったいるらしい。

前日に、予約の電話を入れればいいという話だった。

値段は、グループに入れてもらう場合、ベリーズの居住者は、BZ$80、 海外からの観光客は、BZ$100(US$50) 

クルッククドツリー・ロッジで教えてもらった時は、グループに入る時は、(regularと読んでいたように思う。)US$60、自分たちだけで、ツアーを組んでもらったら、US$100(値段は全部一人)という話だった。やはり、ホテルとかで頼むと、値段を上乗せしているんだね。

 

「4人だったら、BZ$400出せば、自分たちのツアーにできるよ。」って言われた。夫は、グループの中で良いというので、グループに入ることにした。そうなると、明日は、9時に集合しないといけないらしい。

「集合場所は、ノーザンハイウエイをオレンジウォークに向かい、橋の手前の道路左側にEco tourの看板を入ったところ。」と教えられた。

私は、船着場みたいなところを想像したら、ちゃんとした事務所があった。現金を持っていったが、カードでも払えた。

夫が、前に行った時は、この会社ではなく、橋を過ぎてすぐの右側にある会社で 一人BS$75だったそうだ。

船は、幌の付いた10人~20人乗れる船で、ガイド兼操縦者と 若い助手がいた。

この写真は、遺跡に着いたところ

座席は、こんな感じ。

 

前のほうは、幌の外になる。夫が前に行った別のツアーは、座席が、並んでいて客が、みんな前を向いて座るのだそうで、写真を撮ったりするには、そのほうが都合が良い。

 

私は、暑苦しいジャングルの中を行く結構大変なツアーを想像していたが、そうではなかった。アメリカからの観光客が、身軽で参加できるようなツアーだった。

船は、高速で軽快に進む。遺跡は、ちょっと暑苦しいし、遺跡は、高くて急なので膝や腰にトラブルのある人は、登れないかもしれない。登らない人も結構いた。遺跡を見終わったら、ちゃんと飲み物と昼食が準備されている。

日差しがきつくて暑いこと、虫はいることを除けば、気楽に参加できるツアーです。ガイドさんもそこそこちゃんと説明してくれるし・・・料理もまあまあおいしかった。

遺跡の入場料も含まれていた。(夫が前回参加したツアーは、遺跡の入場料は、自分たちで払う。)

私たち以外の人たちは、サンペドロのホテルのツアー客らしく、一台のバンで来ていた。飛行機の時間があるとかで、昼食を食べたら、割とてきぱき、帰ることになった。私たちには、都合が良かった。

 

 

 

向かって左側のレリーフ。本物の外に複製をかぶせて保護したあるとかで、ここを上った子供たちは、注意されていた。

向かって右のレリーフ

頂上からは、樹海が望める。登る甲斐はあるよ。

 

 

 

 

ここで、お昼を食べる。

 

これと、小さなペットボトルに入ったジュースか水をもらう。

 

 

 

 

 

Comment