さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

Covidワクチンは、行動や脳の活動を遠隔操作できる遺伝子組み換えタンパク質「マグニート」を含んでいるのか? Ethan Huff

2021-05-27 12:00:00 | 毒ワクチン
Do covid vaccines contain GMO “Magneto” protein capable of remotely controlling behavior, brain activity?
Covidワクチンは、行動や脳の活動を遠隔操作できる遺伝子組み換えタンパク質「マグニート」を含んでいるのか? Tuesday, May 25, 2021 by: Ethan Huff
https://www.naturalnews.com/2021-05-25-covid-vaccines-gmo-magneto-protein-behavior-brain.html



ナチュラルニュース)米国の研究者が、武漢コロナウイルス(SARS-Cov2、症状Covid-19)の「ワクチン」に含まれていると疑われているものと奇妙に類似した、新しいマインドコントロールの方法を開発してきました

「フランケンシュタイン」科学者たちは、遺伝子工学を用いて、行動や脳の機能を外部から遠隔操作できる「マグニート[Magneto]」と呼ばれる遺伝子組み換えタンパク質を開発してきたと報告されています。

マグニートは、体内の特定の神経細胞群を活性化するように設計されており、この活性化は離れた場所からでも可能です。おそらく5Gタワーからでも可能なのではないでしょうか?

表面的な主張は、脳が行動に与える影響を研究するために必要な技術だというものです。しかし、ウサギの穴理論では、この技術によって大量のマインドコントロールが可能になるとされています。

発表された研究によると、マグニートはウイルス注射によって体内に送り込まれることがわかっています。お馴染みでしょうか?

この技術は、2016年にシャーロッツビルにあるバージニア大学の研究者が開発したもので、テスト用の哺乳類の脳にウイルスを挿入して実験しました。

その後、これらの脳を解剖して分析したところ、脳が緑色の蛍光を発していることが判明しました。

この「光る」技術は、億万長者の優生思想家ビル・ゲイツが特許を取得した「ルシフェラーゼ」という酵素と奇妙に似ています。

別の実験では、研究者は「自由行動」のマウスの線条体にマグニートを挿入しました。線条体には、報酬や意欲に関係するドーパミン生成ニューロンが存在しています。

投与された動物は、磁化された区域と磁化されていない区域に分かれた装置に入れられました。マグニートを発現したマウスは、磁化されたエリアにいる時間が、磁化されていないエリアにいる時間よりもはるかに長くなりました。


ワクチン接種を受けた人の腕に磁石がくっついているのは、マグニートを注入されたからか?

磁石のついたマウスが磁石のある場所にいることを楽しんでいたのは、ウイルス注射によってドーパミンが出るように脳が遺伝子操作されていたからです。つまり、磁石のそばにいることで、マウスは「幸せ」や「報酬」を感じていたのです。

最近、ワクチンを接種した人の注射部位に磁石がくっつくというニュースが報じられていることを考えると、武漢コロナウイルス(SARS-Cov2、症状Covid-19)の注射には、同じような機能を持つマグニートまたはその派生物が含まれているのではないかと疑問に思います。

もしそうだとすると、ワクチンを接種した人は、5Gの放射線塔などのコントロールポイントのような刺激があると、「幸せ」や「報酬」を感じることになるでしょう。大量注射キャンペーンの背後にいる人たちは、理論的には、命令に応じてドーパミンを放出するように脳を騙すことで、ワクチン接種者を一方的に誘導する力と能力を持っていることになります。

ワクチンを受けていない人は自分の自由意志を行使し続けますが、ワクチンを受けた人は、グローバリストの手先(駒)となり、彼らの邪悪な目的のために外部からコントロールされる可能性があります。

そのため、多くの人が中国ウイルスの注射は絶対に避けるべきだと警告しています。その中国ウイルス注射が人間のDNAを永久に書き換え、注射された人を人間ではないキメラのような醜い存在に変えてしまうことは言うまでもありません。

また、この注射が聖書にある獣の印の下地作り、あるいはその具現化である可能性も十分にあります。まだ義務化はされていませんが、学校や職場、食料品店などで「ノージョブ・ノーサービス」への下地が作られているのがわかります。

ピエール・ギルバート博士[Dr. Pierre Gilbert]は、1995年の講演で、「液晶を使ったワクチンが法律で義務化され」、その液晶が磁力線にさらされると、接種者が 「ゾンビ」になることを予言しました。

「そしてこれらのワクチンは人々をコントロールすることを可能にする」と。

中国ウイルス注射に関するその他の関連ニュースは、ChemicalViolence.comでご覧いただけます。

Sources for this article include:

TheGuardian.com

NaturalNews.com

Infowars.com

NaturalNews.com

NaturalNews.com


関連

Covid 19 ワクチンはマインドコントロールのためのもの Jamie White (磁気タンパク問題)
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/c57ba74523db43aced36983e43317fd5

ワクチンで届ける超常磁性ナノ粒子; ワープスピード作戦は民主党員への罠、アメリカの策略的崩壊は加速する Mike Adams
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/4312ec82e0321b88210ee1f0a22617fd

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« ワクチンで届ける超常磁性ナ... | トップ | Covidワクチンを接種した人は... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひーさん。)
2021-05-27 18:40:12
ゾンビパンデミック。
もうすぐだ。

コメントを投稿

毒ワクチン」カテゴリの最新記事